South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

春先、オレンジ色に染まるナマクワ国立公園

北ケープ州に位置するナマクワ国立公園は、南半球の春の到来とともにデイジーのオレンジ色に染まり、一斉に咲き誇る色彩豊かな春の花々で辺り一面の景色を一変させます。

春のナマクワ国立公園への訪問では、まるで夢の中の世界へと足を踏み入れたような錯覚に陥るに違いありません。

風に揺られるオレンジ色のデイジーで埋め尽くされるスキルパッド・ワイルドフラワー保護区では、遥か向こうの地平線までを覆い尽くすお花畑の景色が楽しめます。

ここで耳に入ってくるのは人々の笑い声と花粉を運ぶ虫がブンブンと鳴らす羽根の音色。そしてカルー地方固有の多肉植物が春に魅せる珍しい花々の表情は、世界でここしか観察することができません。

貴重な植物の姿を写真に収める人、日陰に座ってじっと凝視し続ける人、そして中には花の妖精になったかのように、デイジーのお花畑に大の字に寝そべる人の姿などを目にします。

“サキュレント・カルー”(カルーの多肉植物)とも称されるナマクワランドは、雨量の少ない半砂漠地帯。春の訪れとともに辺り一面を覆い尽くす花々は、咲くタイミングや面積が多少異なりますが、毎年8月から10月初旬までのほんの数週間にだけ美しい表情を魅せてくれるのです。

写真家のフリーマン・パターソン氏は、“文句なしに完成された色彩”を放つナマクワランドのお花畑について「大地が気ままに表現した華麗な営みは人々の心に喜びを与えてくれる」と語っています。

ナマクワランドには花だけでなく多様な球植物相が生息。約3.500種のうちの1,000 以上が、世界でここにしか生息していない固有種とされています。

“サキュレント・カルー”=ナマクワランドを満喫したいなら、180km以上にわたって延びるカラカル4x4エコルートを利用して、公園の奥にある新たな敷地のほうまで足を伸ばしてみてください。

この道の終点はグローエン川とスポエグ川の間にある秘密の洞窟。海岸の入江には多くの野鳥が生息しており、春には貴重なコシャチイルカの姿を見ることもできます。

世界各国で一生に一度は行きたい旅先に挙げられるナマクワランド。南半球の春、冒険旅行を体験してみませんか?

ご存知でしたか?

陸に生息する世界最小のガメは、ナマクワランドで発見されています。

南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・南アフリカを象徴するランドマーク テーブルマウンテン ・躍動するケープタウンのロングストリート ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・海面へ恐ろしい顔を現わす!ホホジロザメの「エア・ジョーズ」
ヨハネスブルグ
・エンターテイメント&レジャーの宝庫 『ヨハネスブルグ』 ・プレトリアで楽しむグルメ体験 ・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう! ・南アフリカ最大のクラフトビール祭り『SA on Tap』
クルーガー 国立公園
・ウォーキングサファリで豊かな自然と戯れる ・サビサンド私営動物保護区 ・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ ・喧騒から遥か離れた自然を堪能 クルーガー国立公園のブッシュヴェルド・キャンプ
ムプラマンガ
・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓) ・ブライデ・リバー・キャニオン周辺のアドベンチャー体験を指南してくれるブライデ・キャニオン・アドベンチャー・センター
ダーバン
・南アフリカ最大級のコンテナ貨物港 ダーバン港へ行ってみよう ・地球上で最も壮大な海中スペクタクル!
イワシの大群「サーディンラン」
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ
南アフリカの WOW(ワォ!)
・ソウェトが放つ躍動的なタウンシップの魅力に迫る ・南アフリカの文化・遺産
“人類発祥の地”から“世界に影響をおよぼした英雄の物語”まで
・辺り一面をピンクに染める フラミンゴの大群 in キンバリー ・クワズールー・ナタール州の真珠 オイスターボックスホテル ・マルーラの木が生み出す魔法の産物 アマルーラ・クリーム