South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

躍動感溢れる ヨハネスブルグのナイトライフ

ヨハネスブルグはアフリカ大陸の玄関口。南アフリカの経済の中心地としての役割を担う大都会であると同時に、様々な民族が暮らすこの地は、文化、歴史、音楽など、この国ならではのエネルギッシュで多様性豊かな雰囲気を実感できる都市でもあります。

そんなヨハネスブルグは、南アフリカのエンターテイメントやレジャー、ショッピングを楽しむには絶好の場所。ナイトライフの楽しみにも事欠きません。
旧黒人居住区であったソウェトには、地元の人々でにぎわう居酒屋のようなシェベーンがあります。フレンドリーな彼らと一緒に地ビールを飲めば、自分もまるで常連の一人かのような居心地の良さを感じることでしょう。流行に敏感な人が集まるニュータウンやマボネン地区では、おしゃれなバーやカフェで過ごすのもおすすめ。この付近のエリアでよく見かけるアート・エキシビションや劇場で南アフリカのクリエイティブな感性に触れ、クラブやライブハウスでジャズやクウェイト、ロックやポップのビートに身を任せれば、時が経つのも忘れてしまうことでしょう。

その他にも、ヨハネスブルグ近郊には地元の人のみならず旅行者にも人気のスポットが数多く存在します。サントンにあるネルソン・マンデラ元大統領の巨大な銅像が印象的なネルソン・マンデラ・スクエアは、レストランやカフェも充実した人気のショッピングエリア。俳優やモデルなどヨハネスブルグのセレブリティもよく遊びにくることで知られているメルローズアーチは、石畳の通り沿いに高級ホテルやオープンテラスのカフェ、クラブなど話題のスポットが並ぶ注目のスポットです。

多様性に富んだこの街で、愛嬌いっぱいに「一緒に楽しもう!」と地元の人が笑いかけてくれるその雰囲気は、まさにヨハネスブルグの魅力。気負わずみんなの輪に加わって楽しめば、南アフリカに友達ができてしまうかもしれませんね。

ご存知でしたか?

ヨハネスブルグは、人々から「ジョーバーグ(Joburg)」という愛称で呼ばれています。

南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・南アフリカを象徴するランドマーク テーブルマウンテン ・躍動するケープタウンのロングストリート ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・海面へ恐ろしい顔を現わす!ホホジロザメの「エア・ジョーズ」
ヨハネスブルグ
・エンターテイメント&レジャーの宝庫 『ヨハネスブルグ』 ・プレトリアで楽しむグルメ体験 ・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう! ・南アフリカ最大のクラフトビール祭り『SA on Tap』
クルーガー 国立公園
・ウォーキングサファリで豊かな自然と戯れる ・サビサンド私営動物保護区 ・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ ・喧騒から遥か離れた自然を堪能 クルーガー国立公園のブッシュヴェルド・キャンプ
ムプラマンガ
・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓) ・ブライデ・リバー・キャニオン周辺のアドベンチャー体験を指南してくれるブライデ・キャニオン・アドベンチャー・センター
ダーバン
・南アフリカ最大級のコンテナ貨物港 ダーバン港へ行ってみよう ・地球上で最も壮大な海中スペクタクル!
イワシの大群「サーディンラン」
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ
南アフリカの WOW(ワォ!)
・クワズールー・ナタール州 ネルソン・マンデラ・キャプチャーサイト ・南アフリカ風インド料理 ・ネルソン・マンデラ生誕100周年
7月18日はネルソン・マンデラ国際デー
・南アフリカを代表する温泉リゾート リンポポ州のベラベラ ・ソウェトが放つ躍動的なタウンシップの魅力に迫る