South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

世界中のセレブリティも訪れる ライオンパーク

ヨハネスブルグ近郊のランセリアにあるライオンパークは人気の観光スポット。特長はなんといってもライオンに必ず会えること。そのほかにもキリンの餌付けや仔ライオンとのふれあいなど、見逃せない体験がいっぱいです。

ヨハネスブルグの歴史のひとつと言っても過言ではないほど、長年にわたって親しまれてきたライオンパークは、1966年チッパーフィールド・サーカスによってオープンしました。その名の通り当時はライオンだけが見どころだったこの場所も、年月を重ねてバラエティーに富んだ楽しみを提供する観光スポットになりました。

ライオンは非常に縄張り意識の高い動物のため、群れ同士が離れて暮らしています。彼らの黄褐色の誇らしげな目を見ると、百獣の王と呼ばれるその所以を感じずにはいられません。そんな迫力と威厳をもつライオン以外にも、ハイエナやその他の肉食動物、様々な種類のアンテロープとの出会いが楽しめるほか、キリンへの餌付けやチーターとの散歩体験などが可能。ちなみに、これらの動物たちのいるエリアはライオンたちの暮らすエリアと分けられているのでご安心を。このように、ライオンパークは動物園と野生動物が自由に暮らす動物保護区をかけ合わせた位置づけになっているのです。

ライオンパークで忘れてはならないもうひとつの魅力は、なんと言ってもチーターやハイエナ、カラカルにヒョウ、またライオンの子供(運が良ければホワイトライオンの子供がいることも!)とのふれあい。きっと忘れられない体験になることでしょう。

パーク内は自分で車を運転することもできますが、オプションのゲームドライブに参加すれば、同行するガイドが動物に関する様々な知識を教えてくれます。その他に用意されているオプションにはナイトドライブや焚き火を囲んでのボマディナーなどがあり、キリンの餌やりでは彼らのその長い舌にきっと驚くことでしょう。

この人気観光地には、これまでにブラジルの伝説的サッカープレイヤーのカカをはじめ、ハリウッドスターのナタリー・ポートマンや歌手のシャキーラ、ジョン・レジェンドなど世界中のセレブリティが訪れています。

ご存知でしたか?

ライオンは24時間ある1日のうち、20時間を眠ったりリラックスして過ごします。

南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・南アフリカを象徴するランドマーク テーブルマウンテン ・躍動するケープタウンのロングストリート ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・海面へ恐ろしい顔を現わす!ホホジロザメの「エア・ジョーズ」
ヨハネスブルグ
・エンターテイメント&レジャーの宝庫 『ヨハネスブルグ』 ・プレトリアで楽しむグルメ体験 ・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう! ・南アフリカ最大のクラフトビール祭り『SA on Tap』
クルーガー 国立公園
・ウォーキングサファリで豊かな自然と戯れる ・サビサンド私営動物保護区 ・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ ・喧騒から遥か離れた自然を堪能 クルーガー国立公園のブッシュヴェルド・キャンプ
ムプラマンガ
・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓) ・ブライデ・リバー・キャニオン周辺のアドベンチャー体験を指南してくれるブライデ・キャニオン・アドベンチャー・センター
ダーバン
・南アフリカ最大級のコンテナ貨物港 ダーバン港へ行ってみよう ・地球上で最も壮大な海中スペクタクル!
イワシの大群「サーディンラン」
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ
南アフリカの WOW(ワォ!)
・ソウェトが放つ躍動的なタウンシップの魅力に迫る ・南アフリカの文化・遺産
“人類発祥の地”から“世界に影響をおよぼした英雄の物語”まで
・辺り一面をピンクに染める フラミンゴの大群 in キンバリー ・クワズールー・ナタール州の真珠 オイスターボックスホテル ・マルーラの木が生み出す魔法の産物 アマルーラ・クリーム