South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

自由のために戦った指導者たちのアジト リリーズリーフ・ファーム

一見するとただの農場にしか見えないヨハネスブルグ郊外リボニアにあるリリーズリーフ・ファーム。この農場が注目されることになった理由、それは反アパルトヘイト(人種隔離政策)を掲げる中心的組織だったアフリカ民族会議(ANC)の指導者や南アフリカ共産党員らが、秘密裏に政府転覆を計画していた場所だったからです。今では博物館が建てられ、南アフリカの歴史において正義が行われていた場所としてネルソン・マンデラ元大統領ゆかりの地のひとつとなっています。

1961年8月アパルトヘイト反対運動の本部をおくために南アフリカ共産党が購入したリリーズリーフ・ファームは、その後ANCの指導者や南アフリカ共産党員の秘密の会合場所となりました。表向きにはGoldreichファミリーという白人の家族が経営する農場に見せかけており、ネルソン・マンデラ元大統領自身もDavid Motsamayiという偽名を使い、作業着を来て料理人兼庭師という労働者を装っていたと言われています。

それまでは非暴力による運動を行ってきたANCも徐々に武力闘争の必要性を感じるようになり、次第にこの農場がANCの武装グループ「Umkhonto we Sizwe (MK)」が組織された場所として広く知られるようになると、ついに1963年7月11日警察による家宅捜索が入りました。結果として、ネルソン・マンデラはいわゆるリボニア裁判にかけられ国家反逆罪に問われたほか、ゴヴァン・ムベキ、アーメッド・カトラダ、レイモンド・ムフラバそしてウォルター・シスルといった多くのANC指導者が投獄されることになりました。

南アフリカの歴史を左右したといっても過言ではないこの農場の歴史と伝説を保存することを目的に、リリーズリーフ・ファーム博物館は2008年に公開されました。ブティックホテルや会議施設、研修センターも建設されるこの博物館では、現在数多くの教育プロジェクトも進行しています。

ご存知でしたか?

リリーズリーフ・ファームが警察による家宅捜索を受けた時、ネルソン・マンデラはすでに投獄されていました。

南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・南アフリカを象徴するランドマーク テーブルマウンテン ・躍動するケープタウンのロングストリート ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・海面へ恐ろしい顔を現わす!ホホジロザメの「エア・ジョーズ」
ヨハネスブルグ
・エンターテイメント&レジャーの宝庫 『ヨハネスブルグ』 ・プレトリアで楽しむグルメ体験 ・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう! ・南アフリカ最大のクラフトビール祭り『SA on Tap』
クルーガー 国立公園
・ウォーキングサファリで豊かな自然と戯れる ・サビサンド私営動物保護区 ・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ ・喧騒から遥か離れた自然を堪能 クルーガー国立公園のブッシュヴェルド・キャンプ
ムプラマンガ
・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓) ・ブライデ・リバー・キャニオン周辺のアドベンチャー体験を指南してくれるブライデ・キャニオン・アドベンチャー・センター
ダーバン
・南アフリカ最大級のコンテナ貨物港 ダーバン港へ行ってみよう ・地球上で最も壮大な海中スペクタクル!
イワシの大群「サーディンラン」
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ
南アフリカの WOW(ワォ!)
・クワズールー・ナタール州 ネルソン・マンデラ・キャプチャーサイト ・南アフリカ風インド料理 ・ネルソン・マンデラ生誕100周年
7月18日はネルソン・マンデラ国際デー
・南アフリカを代表する温泉リゾート リンポポ州のベラベラ ・ソウェトが放つ躍動的なタウンシップの魅力に迫る