South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

南アフリカの色彩豊かな文化を体験 レセディ・アフリカン・ロッジ&カルチュラル・ビレッジ

レセディ・アフリカン・ロッジ&カルチュラル・ビレッジでは、多民族国家南アフリカの5つの部族の文化を体験できます。アフリカ料理の試食、思わず体が動き出してしまう音楽やダンス、それぞれの部族の伝統的な住まいをテーマにした贅沢な施設での宿泊などを通じて、南アフリカの暮らしを体験できる貴重な機会を提供しています。

ユネスコ世界遺産に登録されている人類のゆりかごのエリア内に位置しているレセディ・アフリカン・ロッジ&カルチュラル・ビレッジは、ヨハネスブルグとプレトリアからそれぞれ車で45分ほどのところにあります。ズールー族、コサ族、ペディ族、バソト族、そしてンデベレ族の暮らす5つの伝統的な家屋から成るレセディ。ここで暮らすそれぞれの部族は、歴史ある象徴的な文化や伝統的な暮らしを守りながら、彼らの魅力的な文化を訪れる人々に生き生きと伝えています。ンデベレ村と美しい壁画が目をひくクラフトマーケットの訪問や南アフリカの部族の起源と歴史に迫るマルチビジュアルなプレゼンテーション、各部族の家屋訪問ガイドツアー、伝統的な歌やダンス、インパラやオーストリッチ、クロコダイルなどの肉を用いたアフリカ各地のごちそうを楽しみながら、南アフリカの人々との温かくエキサイティングな交流を通じて、真の南アフリカ文化を満喫できます。

レセディのもう一つの魅力は、伝統的な装飾と近代的な設備の両方を合わせ持った38のラグジュアリーな宿泊施設で贅沢なひとときを過ごせること。またバラエティーに富んだ食事体験も楽しみのひとつ。ニヤマ・チョマ・レストランの伝統的なアフリカ料理のブッフェ、屋外の白砂の上で焚き火を囲んでいただく食事、またブラーイと呼ばれる南アフリカのバーベキューや、周囲の人とのおしゃべりもはずむ南アフリカの居酒屋シェベーンもおすすめです。

ちなみにレセディはユニークなチーム・ビルディング・アクティビティなど企業イベントを実施する理想的な会場でもあります。充実した会議施設を完備しており、様々なアクティビティで構成されるプログラムを希望に応じて柔軟に組み立てることも可能。南アフリカの文化やライフスタイル、あたたかなホスピタリティを提供するこの場所で、仲間同士でウブントゥ/Ubuntu(「絆」に近い意味をもつ)の精神を共有することができます。

ご存知でしたか?

レセディとその文化体験はナショナルジオグラフィックの冒険家として知られているキングスレイ・ホルゲートによって共同で設立されたものです。

南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・南アフリカを象徴するランドマーク テーブルマウンテン ・躍動するケープタウンのロングストリート ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・海面へ恐ろしい顔を現わす!ホホジロザメの「エア・ジョーズ」
ヨハネスブルグ
・プレトリアで楽しむグルメ体験 ・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう! ・南アフリカ最大のクラフトビール祭り『SA on Tap』 ・ヨハネスブルグで大人気! カントリー・ショッピングが満喫できるオーガニック・マーケット
クルーガー 国立公園
・サビサンド私営動物保護区 ・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ ・喧騒から遥か離れた自然を堪能 クルーガー国立公園のブッシュヴェルド・キャンプ ・ブッシュスパ
ムプラマンガ
・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓) ・ブライデ・リバー・キャニオン周辺のアドベンチャー体験を指南してくれるブライデ・キャニオン・アドベンチャー・センター
ダーバン
・地球上で最も壮大な海中スペクタクル!
イワシの大群「サーディンラン」
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ ・ラグビーと南アフリカ
南アフリカの WOW(ワォ!)
・南アフリカの文化・遺産
“人類発祥の地”から“世界に影響をおよぼした英雄の物語”まで
・辺り一面をピンクに染める フラミンゴの大群 in キンバリー ・クワズールー・ナタール州の真珠 オイスターボックスホテル ・マルーラの木が生み出す魔法の産物 アマルーラ・クリーム ・マンデラ生誕100周年!ルート67でポートエリザベスの豊かな歴史に触れる