South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

ゾウも大好き!? 南アフリカの人気土産 アマルーラ・クリーム

1989年にクリーム・リキュールとして南アフリカで発売されて以来、アマルーラ・クリームはその美味しさから広く流通されるようになり、現在は100ヵ国以上もの国々で広く親しまれるアルコール飲料になりました。氷を入れてロックで楽しむのはもちろん、カクテルにしても、アイスクリームにかけても、また料理の隠し味としても使えるアマルーラ・クリームは、日本からの観光客にもお土産として高い人気を誇っています。

甘くクリーミーな口あたり、キャラメルのようでありながらかすかにスパイシーで、フルーティーな柑橘系のほのかな香りをも感じさせる魅惑的な味わい。アマルーラ・クリームの材料となるアマルーラ・リキュールは、サハラ砂漠以南のアフリカ地域で自生するマルーラの木の果実からつくられます。

マルーラは雌雄異株の植物で、雌木のみ果実を実らせます。南アフリカの夏にあたる2月頃、マルーラの実は熟して薄黄色に色づきます。多くの野生動物、なかでもゾウたちは、実が自然に落ちていなければ木に体当たりをしてまで食べようとするほど、このジューシーでビタミンCを非常に多く含んでいる栄養価の高いマルーラの実に目がないことで知られています。

1本のマルーラの木には500キログラムから2トンもの実がなると言われていますが、特にリンポポ州のファラボルワという町やその周辺は毎年1月から3月の収穫期になると、マルーラの実の収穫で生計を立てている地元の人々や、その濃厚な果実の香りに誘われてやってくるゾウ、カバ、サイなどの野生動物たちでにぎわいを見せます。

南アフリカは素晴らしいワインの生産地としても良く知られていますが、マルーラもワインの原料となる葡萄と同様に丁寧に手摘みで収穫されます。アマルーラ・クリームをつくる工程は、ワインを作る際にブドウを圧搾して発酵させるのと同様に、果皮を取り除いたマルーラの実の果肉をつぶして発酵させます。そうしてできたマルーラの果実酒は2回の蒸留工程を経て、オーク樽で2年ほど熟成させ、最後に新鮮で上質な生クリームとブレンドすることで出来上がります。

そうやって作られたアマルーラ・クリームの魅力はその味わいだけではありません。自然発酵するというマルーラの実を食べたゾウが、ふらふらに酔っぱらってしまうというなんとも信じがたい逸話も、アマルーラの魅力に彩りを添える語り草になっています。また地元の人々は、アマルーラの樹皮が、これから生まれてくる子供の性別を決める手助けをしてくれるとも信じられているそうです。

ちなみに、このリキュールを使用したアマルーラ・チョコレートもおいしいと評判。ケープタウンのウォーターフロントにあるスーパーマーケットの一角には、日本の旅行者向けにアマルーラ・チョコレートの特設コーナーが設けられるほど人気があるんですよ!

ご存知でしたか?

非営利法人アマルーラ・トラストは、アマルーラ・クリームのアイコンでもあるゾウの保護などを目的としたアマルーラ・エレファント・リサーチ・プロジェクトをサポートしています。

南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・躍動するケープタウンのロングストリート ・海面へ恐ろしい顔を現わす!ホホジロザメの「エア・ジョーズ」 ・日本からのツアー催行! ケープタウンサイクルツアー2017
ヨハネスブルグ
・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう! ・南アフリカ最大のクラフトビール祭り『SA on Tap』 ・ヨハネスブルグで大人気! カントリー・ショッピングが満喫できるオーガニック・マーケット ・四輪駆動車をレンタルして冒険旅行を楽しもう!
クルーガー 国立公園
・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ ・喧騒から遥か離れた自然を堪能 クルーガー国立公園のブッシュヴェルド・キャンプ ・ブッシュスパ ・双眼鏡なしで楽しめる リトルファイブ・サファリ
ムプラマンガ
・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓) ・ブライデ・リバー・キャニオン周辺のアドベンチャー体験を指南してくれるブライデ・キャニオン・アドベンチャー・センター
ダーバン
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ ・ラグビーと南アフリカ ・出発進行!南アフリカで体験できる蒸気機関車の旅
南アフリカの WOW(ワォ!)
・世界最高峰のサーフィンスポット ジェフリーズベイ ・息をのむ絶景・デイシーの花畑が圧巻「ナマクワ国立公園」 ・二つの国にまたがる唯一の砂漠のサファリ『ハラハーディ・トランスフロンティア・パーク』 ・古代史の中をハイキング、マハリスバーグ山脈 ・百聞は一見にしかずパノラマルート