South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

ジャカランダが美しい南アフリカの首都 行政と歴史の街プレトリア

ヨハネスブルグから北へ50キロメートルほどのところにある、マハリスバーグ山脈の丘陵地帯に囲まれたプレトリアは、南アフリカの首都であり、政府機関や官庁、各国の大使館が集まる行政の中心地です。

プレトリアには、コロニアル様式にわずかにアール・デコや南アフリカのスタイルが感じられる歴史的建造物が数多く存在します。
街のランドマークである、ユニオン・ビルディングスは南アフリカの政府の中枢機関が集まる重要な建築物。12年もの歳月をかけて1913年に完成したこのビルの名前は、当時の国名が南アフリカ連邦(Union of South Africa)だったことが由来しています。またフォールトレッカー・モニュメントは、独立国を作るためケープ地方からこの地に辿り着いたボーア人開拓者の歴史を讃える記念堂。「我は南アフリカのためにあり」とアフリカーンス語で書かれた碑があり、ズールー族との戦いに勝利した日の毎年12月16日正午、天井から差し込む日光が文字を照らす設計になっています。その他にも、南アフリカ大統領の住居(Mahlamba Ndlopfu)や、南アフリカ準備銀行、ロフタス・ヴァースフェルド・スポーツスタジアム、国立劇場なども訪れる価値のある見どころとなっています。

歴史に興味のある人はぜひ、フリーダムパークにも足を運んでみて下さい。「自由への道のり」をテーマとした南アフリカの歴史を概観する壮大な公園には、南アフリカ共和国元大統領ポール・クルーガーの歴史的な住居も残されています。

プレトリアは教育機関が数多くあることでも知られていて、アフリカで最も大きい大学である南アフリカ大学、ツワネ工業大学、プレトリア大学などがあります。

こういった街の特徴や、積み重ねられてきた歴史を感じられることから、南アフリカのどこよりも落ちついた雰囲気が漂い、きっと居心地の良さを感じることでしょう。

また忘れてはならないのは、プレトリアが「ジャカランダ・シティ」であるということ。南アフリカの桜とも称されるジャカランダは、毎年10〜11月になるといっせいに花が咲き、街一面を美しい藤色に染めます。もともとはブラジルから持ち込まれたというジャカランダがおよそ7万本も植えられた街路樹は街の名物で、特にこの時期は日本からも多くの観光客がこの地を訪れます。
2010年には日本と南アフリカの国交樹立100周年を記念するイベントの一環で、プレトリアで桜の木の植樹も行われるなど、日本との交流も深い都市であることがわかります。

ご存知でしたか?

藤色ではなく白いジャカランダもあります。

南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・躍動するケープタウンのロングストリート ・海面へ恐ろしい顔を現わす!ホホジロザメの「エア・ジョーズ」 ・日本からのツアー催行! ケープタウンサイクルツアー2017 ・世界が称賛するケープタウンの美しいビーチ
ヨハネスブルグ
・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう! ・南アフリカ最大のクラフトビール祭り『SA on Tap』 ・ヨハネスブルグで大人気! カントリー・ショッピングが満喫できるオーガニック・マーケット ・四輪駆動車をレンタルして冒険旅行を楽しもう!
クルーガー 国立公園
・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ ・喧騒から遥か離れた自然を堪能 クルーガー国立公園のブッシュヴェルド・キャンプ ・ブッシュスパ ・双眼鏡なしで楽しめる リトルファイブ・サファリ
ムプラマンガ
・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓) ・ブライデ・リバー・キャニオン周辺のアドベンチャー体験を指南してくれるブライデ・キャニオン・アドベンチャー・センター
ダーバン
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ ・ラグビーと南アフリカ ・出発進行!南アフリカで体験できる蒸気機関車の旅
南アフリカの WOW(ワォ!)
・古代史の中をハイキング、マハリスバーグ山脈 ・百聞は一見にしかずパノラマルート ・お花の海で泳いでるみたい?ナマクワ国立公園 ・不思議な力をもつ山、ウカシャンバ・ドラケンスバーグ・パーク ・ワインの街、ステレンボッシュとフランシュフック