South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

南アフリカならではのユニークな文化とその多様性

「レインボー・ネーション〜虹の国」と称される南アフリカはアパルトヘイト撤廃後、2014年に民主化20周年を迎えます。今日では数多くの民族が互いに尊重し合いながら共存する場面を、日常生活の中に見て取ることができます。

海に囲まれた島国に暮らしている私たち日本人には、文化の多様性といってもピンと来ない方も多いかと思いますが、南アフリカを訪れる世界各国からの旅行者も多様性との出会いには驚く場面があるといいます。一例を挙げると、公用語には英語、アフリカーンス語、ズールー語、コサ語、ソト語など11種類の言語が存在しています。

文化の多様性は南アフリカならでは魅力的な財産のひとつ。民族というくくりで見てみるとサン族をはじめ現在はズールー族、コサ族、ンデベレ族、スワジ族へと枝分かれしたングニ族、南部、北部そして西部のソト族とツワナ族を含めたソト・ツワナ族、そしてツォンガ族とヴェンダ族が存在。これにヨーロッパやアジアからの移民や、異なる人種が混ざり合った人々が共存しています。自由と民主化の浸透にともない、南アフリカの民族はこれまで以上に多様性を進化させつつ、互いの文化を理解しながら融合しているのです。

様々な民族による文化の多様性をわかりやすく表しているものは、なんといっても料理です。マレーシアで生まれたキャセロール(鍋料理)の”ボボティ”は南アフリカを代表する家庭料理のひとつですし、インド系の人々によって調理されるスパイシーなカレーは南アフリカ人の大好物。インド洋と大西洋というふたつの大海に面することから新鮮なシーフードも豊富ですし、アフリカの大地で育つ動物の肉やソーセージの“ブラーイ”(南アフリカのバーベキュー)は週末のホームパーティの定番料理、といったように食卓に並ぶ料理で多様性を体感することができます。

南アフリカの文化の多様性は音楽にも見て取れます。文化的背景が異なるからこそ、互いの魅力を称賛しあえるのです。例えば「Nkosi Sikelel’ iAfrika」という南アフリカの国歌は英語やアフリカーンス語、コサ語など多言語で歌うことができますし、ラジオではジャズをはじめクワイト、ハウス、ラップ、アフリカン・ゴスペル、クラシック、ロック、ポップ、伝統音楽など多彩なリズム&サウンドが楽しめるのです。

アートの分野で際立ったセンスを放つンデベレ族は、女性たちが身にまとう色とりどりの民族衣装やアクセサリー、住居に描かれた幾何学模様の壁画などで知られています。独BMWの依頼でクルマをキャンバスに見立ててアートペイントを施したことで知られるエスター・マフラングさんに代表される世界的にも有名なンデベレ・アーティストが存在すること、またピカソやピエニーフの作品の傍らにズールー族の手による伝統的なウィービングやビーズの作品が置かれているアートギャラリーが存在するのをご存知の方もいるはずです。

またファッションやデザインの分野においても、南アフリカ出身の若手デザイナーがアフリカの伝統とヨーロッパの最高級オートクチュールの要素を融合した独自のスタイルを確立するなど、世界的にも注目度が高まっています。都会のストリートでは伝統的なビーズやブレイズ、デザインパターンが世界的な一流ブランドとも融合し、独創的かつピュアな南アフリカの一端と出会うことができます。

文化の多様性は間違いなく南アフリカの魅力であり、異なる文化や思想を尊重し合いながら、融合を遂げている段階にあると言えるのではないでしょうか。

ご存知でしたか?

南アフリカには11種類の公用語がありますが、観光客が足を運ぶホテルやレストラン、お店ではたいがいどこでも英語が通じます。

南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・南アフリカを象徴するランドマーク テーブルマウンテン ・躍動するケープタウンのロングストリート ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・海面へ恐ろしい顔を現わす!ホホジロザメの「エア・ジョーズ」
ヨハネスブルグ
・エンターテイメント&レジャーの宝庫 『ヨハネスブルグ』 ・プレトリアで楽しむグルメ体験 ・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう! ・南アフリカ最大のクラフトビール祭り『SA on Tap』
クルーガー 国立公園
・ウォーキングサファリで豊かな自然と戯れる ・サビサンド私営動物保護区 ・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ ・喧騒から遥か離れた自然を堪能 クルーガー国立公園のブッシュヴェルド・キャンプ
ムプラマンガ
・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓) ・ブライデ・リバー・キャニオン周辺のアドベンチャー体験を指南してくれるブライデ・キャニオン・アドベンチャー・センター
ダーバン
・南アフリカ最大級のコンテナ貨物港 ダーバン港へ行ってみよう ・地球上で最も壮大な海中スペクタクル!
イワシの大群「サーディンラン」
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ
南アフリカの WOW(ワォ!)
・クワズールー・ナタール州 ネルソン・マンデラ・キャプチャーサイト ・南アフリカ風インド料理 ・ネルソン・マンデラ生誕100周年
7月18日はネルソン・マンデラ国際デー
・南アフリカを代表する温泉リゾート リンポポ州のベラベラ ・ソウェトが放つ躍動的なタウンシップの魅力に迫る