South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

テーブルマウンテンのロープウェー

テーブルマウンテンのロープウェーに乗れば、未知の世界が広がります。その頂上に立てば、ケープ半島の見事な景色が目に入ってきます。ケープ植物区の最も贅沢な場所を探索することもできます。

テーブルマウンテンのロープウェーは南アフリカで最も人気の観光の1つです。ターフェルバーグロードからテーブルマウンテン頂上までをつなぐ65人乗りのロープウェーです。このロープウェーは回転するので、上っている途中に360度のパノラマビューを楽しむことができます。

このロープウェーができる前は、頂上に行きたい観光客はテーブルマウンテン正面のプラッテクリップ峡谷を登らなくてはなりませんでした。険しい山道を進むこのプラッテクリップ峡谷ルートは、16世紀にアントニオ・デ・サルダナが初めてテーブルマウンテンを踏破した時のルートであると記録されています。このルートは今も人気で、特に片道はハイキングでもう片道はロープウェーでという人々に好まれています。

テーブルマウンテン・ロープウェーは1929年に開通し、今日まで延べ1800万人の乗客を山頂に運んできました。年間80万人の世界中の観光客がこのロープウェーを利用しています。10分おきに出ていますので、最も混雑するシーズンで行列ができたとしても、30分以内には乗ることができます。著名人では英国女王エリザベス2世や米国の有名司会者オプラ・ウィンフリーなどがこのロープウェーに乗りました。

開業当初のロープウェーは木と錫で作られていましたが、現在の「テーブルマウンテン空中ケーブルウエー」は、ハイテク技術を搭載したスイス製の「Rotair」が運行しています。このロープウェーは秒速10mで進み、10分足らずで乗客を山頂まで届けます。

山頂駅の回転式改札を出ると、そこはすみれ色のトカゲやフラシ天の布のように艶やかな毛が生えたロック・ハイラックス、ヘビ、マングースなどが暮らす魅惑的な植物が咲き乱れるユニークな世界が広がります。テーブルマウンテン山頂だけで、1470種類の植物が存在していると推測されています。

世界遺産に登録されているテーブルマウンテン国立公園の素晴らしい美しさと豊かな生物多様性は大いに見る価値があります。そして、山頂から見える壮大な風景にあなたは圧倒されることでしょう。

ご存知でしたか?

ロープウェーの土台部分は実は水の入ったタンクです。風の強い季節に安定させるためのバラストとして使用されます。

南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・南アフリカを象徴するランドマーク テーブルマウンテン ・躍動するケープタウンのロングストリート ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・海面へ恐ろしい顔を現わす!ホホジロザメの「エア・ジョーズ」
ヨハネスブルグ
・エンターテイメント&レジャーの宝庫 『ヨハネスブルグ』 ・プレトリアで楽しむグルメ体験 ・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう! ・南アフリカ最大のクラフトビール祭り『SA on Tap』
クルーガー 国立公園
・ウォーキングサファリで豊かな自然と戯れる ・サビサンド私営動物保護区 ・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ ・喧騒から遥か離れた自然を堪能 クルーガー国立公園のブッシュヴェルド・キャンプ
ムプラマンガ
・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓) ・ブライデ・リバー・キャニオン周辺のアドベンチャー体験を指南してくれるブライデ・キャニオン・アドベンチャー・センター
ダーバン
・南アフリカ最大級のコンテナ貨物港 ダーバン港へ行ってみよう ・地球上で最も壮大な海中スペクタクル!
イワシの大群「サーディンラン」
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ
南アフリカの WOW(ワォ!)
・東ケープ州 ホッグスバック 神聖な山脈の麓にある小さなおとぎの街 ・南アフリカのジャズ音楽 ・クワズールー・ナタール州 ネルソン・マンデラ・キャプチャーサイト ・南アフリカ風インド料理 ・ネルソン・マンデラ生誕100周年
7月18日はネルソン・マンデラ国際デー