South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

サウス・アフリカン・ジャズ

©Standard Bank of Jazz

南アフリカジャズは様々な影響を受けて、独特の音を表現するまでに発展してきました。世界中のジャズファンが、南アフリカのジャズミュージシャンの技と才能を高く評価しています。南アフリカでは、一年を通して素晴らしいジャズコンサートやフェスティバルが数多く開催されています。

南アフリカのジャズは自然と心に迫ってきます。その独特のボーカルからは、アフリカのミュージシャンと世界のアーティストとの1世紀にわたるコラボレーションや交流の歴史が伝わってきます。それは力強く意外性がある音楽ですが、常に南アフリカ音楽を解釈し直したものであるという点で親しみが持てます。

アフリカ系アメリカ人(黒人)のジャズが南アフリカに到達したのは20世紀初めのことです。ラグタイムとディキシーランド・ミュージックの影響と人気は、「マラビ」と呼ばれる南アフリカ独特の音楽スタイルの発展につながりました。アメリカの音楽とアフリカの繰り返しのハーモニー、トランス状態のようなリズムが混じり合った音楽です。南アフリカ全土に爆発的に広がり、スイングから次第に複雑になっていきました。

笛をベースとする音楽スタイル「クウェラ」が、ギターとベースに金管楽器を合わせた、おしゃれで洗練された「ムバカンガ」のリズムに変容していきました。

これらの音楽は、アパルトヘイト時代に国外追放されていた多くの南アフリカ出身のジャズミュージシャンの影響と共に進化しました。例えば、ヒュー・マセケラやアブドゥラー・イブラヒム、故ミリアム・マケバといった伝説的なミュージシャンたちです。彼らが南アフリカに戻った時、その音楽は、ギタリストのフィリップ・タベインやサックス奏者のキッピー・ムケツィ、ウィンストン・“マンクンク”・ンゴジといった南アフリカの伝説的ミュージシャンたちの影響と同じくらい、彼らが過ごしてきた国際的な経験を映すものになっていました。

現在、南アフリカのジャズはかつてないほど人気があります。若手ミュージシャンが常に新たな息吹を吹き込んでいます。職業大学の卒業生や地域密着型のジャズ教育プログラムを受けた者たちが入り交じり、自分たちの音楽や主張を革新的な方法で伝え、その過程でファンを獲得しています。

ご存知でしたか?

毎年9月に行われる「ジャズ・オン・ザ・レイク」コンサートは、ヨハネスブルグで行われる最大の無料イベントです。

南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・お洒落な人気スポット オールド・ビスケット・ミル ・南アフリカを象徴するランドマーク テーブルマウンテン ・躍動するケープタウンのロングストリート ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島
ヨハネスブルグ
・ジャカランダが有名な美しい街“プレトリア”の魅力 ・エンターテイメント&レジャーの宝庫 『ヨハネスブルグ』 ・プレトリアで楽しむグルメ体験 ・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう!
クルーガー 国立公園
・ウォーキングサファリで豊かな自然と戯れる ・サビサンド私営動物保護区 ・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ ・喧騒から遥か離れた自然を堪能 クルーガー国立公園のブッシュヴェルド・キャンプ
ムプラマンガ
・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓) ・ブライデ・リバー・キャニオン周辺のアドベンチャー体験を指南してくれるブライデ・キャニオン・アドベンチャー・センター
ダーバン
・南アフリカ最大級のコンテナ貨物港 ダーバン港へ行ってみよう ・地球上で最も壮大な海中スペクタクル!
イワシの大群「サーディンラン」
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ
南アフリカの WOW(ワォ!)
・カヌーやラフティングが楽しめる! オレンジリバーのアドベンチャー ・リンポポ州に暮らす聖なる部族 ヴェンダ族の伝統文化 ・東ケープ州 ホッグスバック 神聖な山脈の麓にある小さなおとぎの街 ・南アフリカのジャズ音楽 ・クワズールー・ナタール州 ネルソン・マンデラ・キャプチャーサイト