South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

ジップライン・ムプマランガ

©Induna Adventures

ジップライン・ムプパランガは老いも若きも、どんな人でも参加できます。必要なのは冒険心とハーネスに体が収まることだけです。そうすれば、シューッという音を立てて、時速90kmで降りるだけです。少し落ち着かないですか?では、二人乗りに乗って、手を取り合って一緒に叫びましょう。

ジップライン・ムプマランガは、挑戦する勇気さえある人なら誰でも楽しめ、スピードが出て、激しく、そして極めて安全なアクティビティーです。特別な運動能力は全く必要ありませんし、鉄人でなくてもいいのです。少しの勇気さえあればいいのです。

高さ55メートルの台に上る前に、経験豊かなガイドが順を追って説明してくれます(上る時には素晴らしい眺めをじっくり楽しんでください)。台まで上ったら、ハーネスをしっかり固定してもらい、長さ450メートルのジップラインにつながれます。そして、息を止めて - でも目は閉じないで - 台の端を飛び越えて滑り出し、時速90kmの速さでケーブルを滑り降ります。

爽快なジップライン滑空が終わると、世界の頂上に立ったような気分になるでしょう。

ジップライン滑空をやっているインドゥナ・アドベンチャーズは、ムプマランガ州のパノラマルート上のサビ・リバー・バレーにあります。そのため、ゴッズ・ウィンドーからクルーガー国立公園まで、素晴らしい自然の名所が近くにあります。

ジップラインが刺激となって、更なるスリルが欲しくなった場合には、インドゥナ・アドベンチャーズがゲッコ―(急流チュービング)やラフティング、マウンテンバイク、アブザイレン、カヤック、バス釣りなどに連れて行ってくれます。グループで参加してもいいですし、単独でも、乗馬や四輪バイク、ラフティングなど2人用のアドベンチャーの組み合わせを選ぶこともできます。

ジップラインまたはジップ・スライズは、フライング・フォックスと呼ばれることもあります。病み付きになったら、ムプマランガ以外でも体験できます。西ケープ州のブルークランズ橋(世界で最も高度のあるバンジー・ジャンプ・スポット)でバンジー・ジャンプに立ち向かえない場合は、フライング・フォックスを選ぶことができます。

そして、北西州サン・シティの近くに行くことがあったら、ぜひ、高さ280メートル長さ2kmの世界最大のジップライン・スライドに挑戦してみてください。

ご存知でしたか?

ジップ・スライディングは元々子供の遊びとして考案されました。

南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・南アフリカを象徴するランドマーク テーブルマウンテン ・躍動するケープタウンのロングストリート ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・海面へ恐ろしい顔を現わす!ホホジロザメの「エア・ジョーズ」
ヨハネスブルグ
・エンターテイメント&レジャーの宝庫 『ヨハネスブルグ』 ・プレトリアで楽しむグルメ体験 ・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう! ・南アフリカ最大のクラフトビール祭り『SA on Tap』
クルーガー 国立公園
・ウォーキングサファリで豊かな自然と戯れる ・サビサンド私営動物保護区 ・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ ・喧騒から遥か離れた自然を堪能 クルーガー国立公園のブッシュヴェルド・キャンプ
ムプラマンガ
・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓) ・ブライデ・リバー・キャニオン周辺のアドベンチャー体験を指南してくれるブライデ・キャニオン・アドベンチャー・センター
ダーバン
・南アフリカ最大級のコンテナ貨物港 ダーバン港へ行ってみよう ・地球上で最も壮大な海中スペクタクル!
イワシの大群「サーディンラン」
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ
南アフリカの WOW(ワォ!)
・東ケープ州 ホッグスバック 神聖な山脈の麓にある小さなおとぎの街 ・南アフリカのジャズ音楽 ・クワズールー・ナタール州 ネルソン・マンデラ・キャプチャーサイト ・南アフリカ風インド料理 ・ネルソン・マンデラ生誕100周年
7月18日はネルソン・マンデラ国際デー