South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

ムプマランガ州でのハイキング

©South African Tourism

世界有数の渓谷と山、川、森、そして滝と、ムプマランガ州でのハイキングにはすべてが揃っています。半日間ぶらぶらと歩いたり、1日かけて歩いたり、あるいは、4~5日かけてハイキングをするのもいいですね。間違いなくストレスから解放され、心は平和に満たされるでしょう。

ムプマランガへのハイキングの計画を立てているのなら、自分の体力レベルと空いている時間を把握してから、魅力的なものからすごいもの、のんびり行くものから激しいもの、半日コースから1週間以上と、数百種類あるハイキングコースから選んでください。

南アフリカ最高のハイキングスポットはブライデ・リバー・キャニオンです。南アフリカで2番目に訪問者の多い自然の名所であり、行ってみればその理由はすぐにわかります。赤い崖がそびえ立ち、あらゆる種類の奇岩石層が、ほぼ常に晴天の青空を背景にシルエットを見せています。滝が深い森の滝壺に落ち、鳥は歌い、小動物が下生えをちょこまかと動き回っています。多様な生物の生息地となっています。

ブライデ・リバー・キャニオン・トレイルは60km、5日間の道のりですが、1~3日の、より短いコースに分けることもできます。従って、あらゆる年齢層、体力レベルの人にもぴったりのコースが必ずあります。渓谷を抜けて多くの滝を通り過ぎ、湿地帯を通ってハイキングをします。バードウオッチングが趣味なら、天国に足を踏み入れるようなものです。

グラスコップとサビ川地域にも素晴らしいハイキングコースがあります。2泊のブライデ・リバー・スポーツ・ハイキング・トレイルを行く場合は、ゴッズ・ウィンドーがスタート地点で、途中2泊して、ブルックス・ラック・ポットホールズが終点になります。

サビ川地域には72kmのファニ・ボサ・ハイキング・トレイルがあります。こちらは、セイロン・ステート・フォレストを出発点に、ゴッズ・ウィンドーを目指します。しかしご注意ください。このコースは「高難度」となっており、2~5日はかかります。

マチャドドープ(エントコズウェニ)とバドプラース(エマンザナ)の間にあるファイブ・アセガイズ・カントリー・エステートには、50kmの素晴らしい1~2日のハイキングコースがあります。歴史好きな人は、1870年代のゴールドラッシュ全盛期を追体験するために、ピルグリムズ・レストのプロスペクターズ・ハイキング・トレイルを歩きましょう。

ご存知でしたか?

ブライデ・リバー・キャニオンは豊かな植生のために、世界で最も「グリーンな」渓谷と言われています。

南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・躍動するケープタウンのロングストリート ・海面へ恐ろしい顔を現わす!ホホジロザメの「エア・ジョーズ」 ・日本からのツアー催行! ケープタウンサイクルツアー2017
ヨハネスブルグ
・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう! ・南アフリカ最大のクラフトビール祭り『SA on Tap』 ・ヨハネスブルグで大人気! カントリー・ショッピングが満喫できるオーガニック・マーケット ・四輪駆動車をレンタルして冒険旅行を楽しもう!
クルーガー 国立公園
・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ ・喧騒から遥か離れた自然を堪能 クルーガー国立公園のブッシュヴェルド・キャンプ ・ブッシュスパ ・双眼鏡なしで楽しめる リトルファイブ・サファリ
ムプラマンガ
・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓) ・ブライデ・リバー・キャニオン周辺のアドベンチャー体験を指南してくれるブライデ・キャニオン・アドベンチャー・センター
ダーバン
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ ・ラグビーと南アフリカ ・出発進行!南アフリカで体験できる蒸気機関車の旅
南アフリカの WOW(ワォ!)
・世界最高峰のサーフィンスポット ジェフリーズベイ ・息をのむ絶景・デイシーの花畑が圧巻「ナマクワ国立公園」 ・二つの国にまたがる唯一の砂漠のサファリ『ハラハーディ・トランスフロンティア・パーク』 ・古代史の中をハイキング、マハリスバーグ山脈 ・百聞は一見にしかずパノラマルート