South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

野生動物や自然界に精通したプロフェッショナル レンジャー

野生動物が好きな人や野生動物の保護活動などに興味のある人にとって、南アフリカのブッシュはワクワクする冒険の舞台。サファリを体験したことのある人の中には、出会う野生動物たちはもちろん、案内してくれるレンジャーや彼らの仕事に興味を持った人もいるのではないでしょうか。

ブッシュに一歩足を踏み入れて、自然の美しさに触れ、野生動物たちを間近に感じると、この世界についてもっと知ってみたいと思うことでしょう。ゲームドライブなどのサファリに同行するレンジャーは、野生動物をはじめ植物や爬虫類、生態系、さらには天文学や気象学、環境に関することまで幅広い知識を持ち合わせていて、時に楽しく、時に真剣に様々なことを教えてくれます。

それほど知られていませんが、南アフリカにはいわゆる「レンジャー」として「ゲームレンジャー」と「フィールドガイド」がいます。国立公園や私営保護区で旅行者を案内しながら野生動物を探し求め、一日の終わりには同じテーブルを囲んで夕食を共にしながら楽しいひとときを過ごすなど、旅行者がよくお世話になる彼らは、フィールドガイドと呼ばれています。

ゲームレンジャーは一般的に旅行者の案内はしませんが、そういったことを担当できる資格は保有しています。彼らの仕事は、野生動物の数を把握、フェンスの修理、密猟から動物たちを守る対策など、より広範な役割が求められており、舞台裏の仕事とも言えるかもしれません。

旅行中に彼らの仕事ぶりを見て、子供も大人も関係なく憧れを持つ人がいることでしょう。実は南アフリカでは、趣味の一環として、もしくは将来のキャリアプランの最初のステップとして、ゲームレンジャーやフィールドガイドとしての基本的なトレーニングを受けられるコースが数多く用意されています。その中には、例えばサファリロッジの経営管理や、野生動物の管理、トラッキングと呼ばれる野生動物の追跡、また動植物に関する勉強など様々な分野を網羅したコースもあり、期間も2週間程度から1年程度まで資格のレベルによってさまざま。南部アフリカ・フィールド・ガイド・アソーシエーションでは正式認可を受けたコースも紹介しています。

ご存知でしたか?

クルーガー国立公園だけでおよそ900にものぼる鳥類が生息していると言われています。

南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・南アフリカを象徴するランドマーク テーブルマウンテン ・躍動するケープタウンのロングストリート ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・海面へ恐ろしい顔を現わす!ホホジロザメの「エア・ジョーズ」
ヨハネスブルグ
・エンターテイメント&レジャーの宝庫 『ヨハネスブルグ』 ・プレトリアで楽しむグルメ体験 ・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう! ・南アフリカ最大のクラフトビール祭り『SA on Tap』
クルーガー 国立公園
・ウォーキングサファリで豊かな自然と戯れる ・サビサンド私営動物保護区 ・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ ・喧騒から遥か離れた自然を堪能 クルーガー国立公園のブッシュヴェルド・キャンプ
ムプラマンガ
・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓) ・ブライデ・リバー・キャニオン周辺のアドベンチャー体験を指南してくれるブライデ・キャニオン・アドベンチャー・センター
ダーバン
・南アフリカ最大級のコンテナ貨物港 ダーバン港へ行ってみよう ・地球上で最も壮大な海中スペクタクル!
イワシの大群「サーディンラン」
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ
南アフリカの WOW(ワォ!)
・ネルソン・マンデラ生誕100周年
7月18日はネルソン・マンデラ国際デー
・南アフリカを代表する温泉リゾート リンポポ州のベラベラ ・ソウェトが放つ躍動的なタウンシップの魅力に迫る ・南アフリカの文化・遺産
“人類発祥の地”から“世界に影響をおよぼした英雄の物語”まで
・辺り一面をピンクに染める フラミンゴの大群 in キンバリー