South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

野生動物保護も学べるラグジュアリーなサファリロッジ
キャンプ・ジャブラニ

クルーガー国立公園からほど近いホードスプロイトという町のそばにあるカパマ私営動物保護区に、家族経営の豪華なサファリロッジ、キャンプ・ジャブラニがあります。ここでは、快適なロッジに滞在しながらビッグファイブも生息する保護区でのサファリ体験はもちろん、絶滅危惧種保護センターの訪問、エレファント・バック・サファリなど、キャンプ・ジャブラニだからこそできる体験を提供しています。

キャンプ・ジャブラニは、ルレ・エ・シャトーにも加盟している全6室のみの上品でラグジュアリー、かつ現代的な使い勝手の良さを持ち合わせたロッジ。各部屋はラウンジエリアには暖炉、テラスにはプライベートプールがついた贅沢な造り。また、セラビー・ラパと呼ばれるスパでは大自然の中でトリートメントを受けることができるほか、提供されるこだわりの料理は、味はもちろんのこと見た目にも美しく新鮮な食材を使用しており、ロッジ滞在中の楽しみの一つになること間違いなしです。

キャンプ・ジャブラニのはじまり、それは1997年に保護された仔ゾウの存在がありました。レンテ・ルードさんは、保護したこの仔ゾウにズールー語で「幸福」を意味する「ジャブラニ」と名付け、いかにして野生に戻すかを考えていました。ちょうどそのころ、ジンバブエに生息していた12頭ものゾウの命が危機に瀕していることを知った彼女は、彼らをホードスプロイトの地へと引き取ります。新しい家族を迎え、全部で13頭の美しいゾウの群れを保護したレンテさんは世界中からの旅行者を迎えて普通ではなかなか体験できないゾウと交流する機会を提供しながら、ゾウたちをサポートするキャンプの構築を目指しました。これがキャンプ・ジャブラニの始まりです。

ロッジのオーナーであり、ホードスプロイト絶滅危惧種センターの創設者でもあるレンテさんは幼い頃から孤児となったチーターの世話をするなど、野生動物と身近に接しながら暮らしていました。いつか動物に携わる仕事をしたいという情熱を現実のものとしたレンテさんは1980年後半にチーターの保護センターを設立し、1990年には施設を一般公開しました。今ではチーターのみならず、南部アフリカに生息する絶滅の危機に瀕した野生動物の保護のため、絶滅危惧種の保護を目的とした調査や教育プログラムを行うほか、特に若者を中心に野生動物保護の必要性を訴える取り組みを続けています。キャンプ・ジャブラニに滞在するゲストはこういった動物保護のプログラムを体験することもできます。

野生動物たちの保護についても学べるキャンプ・ジャブラニで、人間と野生動物たちとの共存について考えてみるのも貴重な体験ですね。

ご存知でしたか?

ゾウの背中に乗るエレファント・バック・サファリを日没後にも体験できるのは、キャンプ・ジャブラニだけです。

南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・南アフリカを象徴するランドマーク テーブルマウンテン ・躍動するケープタウンのロングストリート ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・海面へ恐ろしい顔を現わす!ホホジロザメの「エア・ジョーズ」
ヨハネスブルグ
・エンターテイメント&レジャーの宝庫 『ヨハネスブルグ』 ・プレトリアで楽しむグルメ体験 ・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう! ・南アフリカ最大のクラフトビール祭り『SA on Tap』
クルーガー 国立公園
・ウォーキングサファリで豊かな自然と戯れる ・サビサンド私営動物保護区 ・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ ・喧騒から遥か離れた自然を堪能 クルーガー国立公園のブッシュヴェルド・キャンプ
ムプラマンガ
・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓) ・ブライデ・リバー・キャニオン周辺のアドベンチャー体験を指南してくれるブライデ・キャニオン・アドベンチャー・センター
ダーバン
・南アフリカ最大級のコンテナ貨物港 ダーバン港へ行ってみよう ・地球上で最も壮大な海中スペクタクル!
イワシの大群「サーディンラン」
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ
南アフリカの WOW(ワォ!)
・クワズールー・ナタール州 ネルソン・マンデラ・キャプチャーサイト ・南アフリカ風インド料理 ・ネルソン・マンデラ生誕100周年
7月18日はネルソン・マンデラ国際デー
・南アフリカを代表する温泉リゾート リンポポ州のベラベラ ・ソウェトが放つ躍動的なタウンシップの魅力に迫る