South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

NEW

大自然の声に耳を澄ませば〜 リットフレイ自然保護区

プレトリア(ツワネとも称されます)の南側に位置するリットフレイ自然保護区は、都会の喧騒から離れて緑と水に覆われた穏やかな自然環境の下でゆったり過ごせるスポットです。

ツワネの隠れた名所とも言われるこの自然保護区は、ピクニックをはじめバードウォッチングやサイクリング、乗馬などが楽しめる場所として、地元では広く知られるとともに多くの愛情が寄せられています。大都市のすぐ側に、美しい草原と樹木が生い茂るブッシュが巨大なダムを取り囲むように広がる風景に多くの人が驚くのも不思議ではありません。

人々は自然の安らぎを求めるとともに、様々な野生動物(サイ、ヒョウ、バッファロー、オジロヌー、ブレスボック、シマウマ、ウォーターバック、リードバック、オリビなど)との出会いを楽しむためにここにやって来ます。さらにガイドを手配し、ライオンが生息する区域へ足を踏み入れることもできます。

38平方キロメートルもの敷地面積を誇る自然保護区には、約240種の鳥類も生息しており、日帰りで野生動物との出会いやウォーキング、サイクリング、釣り、バードウォッチングを楽しむの場所として人気を集めています。さらに、コーヒーショップがスタート地点の30分ほどの乗馬も体験できます。事前に予約すれば、泊りがけで行く長時間の乗馬も楽しめます。

野鳥愛好家の方ならサンショクウミワシ、ハシグロカワセミ、オオヤマセミ、ムラサキバンといった水辺の鳥の姿にきっと出会えるはず。また、草地に生息するメンフクロウ、シロスジハシボソヒバリ、スジナシタヒバリ、アカノドツメナガタヒバリなどの希少種も観察できることでしょう。

歴史好きの方は、南アフリカ戦争(別称:アングロ・ボーア戦争)当時に英国軍が築いたとされる石の防塁に興味をそそられるに違いありません。その防塁には、英国軍がプレトリアを再占領する際に砲台を設置していました。

リットフレイ自然保護区の中央にはダムが設けられており、プレトリアの飲料水の20%を供給しています。このダムは1930年代の世界恐慌の頃、ダムの建設のために集められた労働者たちによって造られました。労働賃金は日当わずか5千円程(当時:4シリング)で、生活に必要な額には到底およびませんが、職を求める人々は次々とやって来ました。土を運び出すために、ロバに荷車を引かせていたため、未だに地面に放置されて残っているロバの蹄鉄を見かけることがあります。

【旅のヒントと企画情報】

◆問い合わせ先
Rietvlei Nature Reserve(リットフレイ自然保護区)
電話:+27 12 358 1811/2
携帯電話:+27 72 047 3590
Eメール:rietvlein@tshwane.gov.za

◆ベストシーズン
夏季(10月〜3月)がベストシーズン。夕方頃には雷が発生しやすいですが、広大なブッシュの空に轟く音は大自然の醍醐味。冬季は動物達が見えやすくなります。
オープン時間:
・9月〜3月:5:30am – 5:00pm
・4月〜8月:6:00am – 4:00pm

◆ツアー情報
オプションで、ナイトドライブが楽しめます。セグロジャッカル、カッショクハイエナ(別名:チャイロハイエナ)、アードウルフ(別名:ツチオオカミ)、トビウサギ、ヤマアラシなど、様々な夜行性の動物を見ることができます。

◆地域周辺
ライオン、バッファロー、サイの生息地でないエリアは、周辺を車で探索するほか散歩もできます。

◆予算
自然保護区への入場料:
・大人:R48
・小学生・中高生(6才〜16才):R27
・園児(2才〜5才):R6
・2才以下の乳児:無料
・年金受給者および障がい者:R27

◆滞在期間
半日〜1日で楽しめます。

◆宿泊施設
リットフレイ自然保護区に一番近い地域のアイリーン(Irene)には、素敵なゲストハウスやホテルがあります。また、プレトリアには多くの宿泊施設が揃っています。

◆ご存知ですか?

 

リットフレイ自然保護区には水を浄化する働きを持つ珍しい泥炭の湿地が広がっています。

南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・お洒落な人気スポット オールド・ビスケット・ミル ・南アフリカを象徴するランドマーク テーブルマウンテン ・躍動するケープタウンのロングストリート ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島
ヨハネスブルグ
・ジャカランダが有名な美しい街“プレトリア”の魅力 ・エンターテイメント&レジャーの宝庫 『ヨハネスブルグ』 ・プレトリアで楽しむグルメ体験 ・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう!
クルーガー 国立公園
・ウォーキングサファリで豊かな自然と戯れる ・サビサンド私営動物保護区 ・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ ・喧騒から遥か離れた自然を堪能 クルーガー国立公園のブッシュヴェルド・キャンプ
ムプラマンガ
・ムプマランガ州最大!何でも揃う リバーサイドモール ・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓)
ダーバン
・南アフリカ最大級のコンテナ貨物港 ダーバン港へ行ってみよう ・地球上で最も壮大な海中スペクタクル!
イワシの大群「サーディンラン」
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ
南アフリカの WOW(ワォ!)
・大自然の声に耳を澄ませば〜 リットフレイ自然保護区 ・カヌーやラフティングが楽しめる! オレンジリバーのアドベンチャー ・リンポポ州に暮らす聖なる部族 ヴェンダ族の伝統文化 ・東ケープ州 ホッグスバック 神聖な山脈の麓にある小さなおとぎの街 ・南アフリカのジャズ音楽