South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

クルーガー国立公園でサイとの出会いを楽しむウォーキング・サファリ

ゲームドライブでビッグファイブの観察を終えると、不思議なことにブッシュのもっと奥深くへと潜入したい気分になるもの。クルーガー国立公園では地上2番目に大きい陸生哺乳類動物、サイを至近距離で見て感じるウォーキング・サファリを楽しむことができます。

サイと出会うウォーキング・サファリで必要な心構えは、冒険心を胸に抱きながらもグループから離れないように落ち着いて冷静に行動すること。そして知識と経験豊富なレンジャーの言葉を聞き漏らさないこと。

クルーガー国立公園では豪華なサファリロッジに宿泊することもできますが、ありのままの自然とアフリカン・ブッシュをより身近に体感するには「ライノ・ウォーキング・サファリ・プレイン・キャンプ」の滞在がオススメ。3日間を過ごすキャンプ施設は公園内に計4ヵ所あり、温冷水施設を完備した快適なサファリ・テントは高台にあるアカシアの木々の茂みに隠れるように配置されており、広大なティンビテネ平原や滝を一望できます。

夜が次第に明け始めてコーラスの歌声が聞こえてきたら、それが1日の始まり。ライフルを携えたレンジャーを先導に8人のグループは1列となり、経験豊富なトラッカーを列の後方に従えて野生動物の痕跡や前夜の行動についての説明を聞きながらゆっくりと歩いていきます。ウォーキング・サファリは軍隊の行進とは全くの別モノ。グループは自分たちのペースで周りの状況や眼にするものに応じて足を止めたり進めたりを繰り返していきます。

そんな朝の散歩を終えたら真心のこもった朝食をいただくために一端キャンプへ戻り、その後はティータイムまでシエスタ(お昼寝)。そして再び、徒歩もしくはサファリカーに乗って動物探索へと出発することになります。

サイとの出会いを楽しむウォーキング・サファリで嬉しいのは、一般の宿泊客が各々のキャンプを撤収した後、暗闇に覆われたクルーガー国立公園内をサファリカーでナイトサファリを楽しめること。「ライノ・ウォーキング・サファリ・プレイン・キャンプ」はビッグファイブ(ゾウ、ライオン、ヒョウ、サイ、バッファロー)を観察できるスククーザ・キャンプに隣接していることから、スリル満点のナイトサファリが期待できます。

ご存知でしたか?

サイは泥浴びが大好き。泥には体温を下げると同時に虫除けの効果があります。

南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・南アフリカを象徴するランドマーク テーブルマウンテン ・躍動するケープタウンのロングストリート ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・海面へ恐ろしい顔を現わす!ホホジロザメの「エア・ジョーズ」
ヨハネスブルグ
・エンターテイメント&レジャーの宝庫 『ヨハネスブルグ』 ・プレトリアで楽しむグルメ体験 ・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう! ・南アフリカ最大のクラフトビール祭り『SA on Tap』
クルーガー 国立公園
・ウォーキングサファリで豊かな自然と戯れる ・サビサンド私営動物保護区 ・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ ・喧騒から遥か離れた自然を堪能 クルーガー国立公園のブッシュヴェルド・キャンプ
ムプラマンガ
・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓) ・ブライデ・リバー・キャニオン周辺のアドベンチャー体験を指南してくれるブライデ・キャニオン・アドベンチャー・センター
ダーバン
・南アフリカ最大級のコンテナ貨物港 ダーバン港へ行ってみよう ・地球上で最も壮大な海中スペクタクル!
イワシの大群「サーディンラン」
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ
南アフリカの WOW(ワォ!)
・ネルソン・マンデラ生誕100周年
7月18日はネルソン・マンデラ国際デー
・南アフリカを代表する温泉リゾート リンポポ州のベラベラ ・ソウェトが放つ躍動的なタウンシップの魅力に迫る ・南アフリカの文化・遺産
“人類発祥の地”から“世界に影響をおよぼした英雄の物語”まで
・辺り一面をピンクに染める フラミンゴの大群 in キンバリー