South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

ジャカランダが有名な美しい街“プレトリア”の魅力

南半球の春先に咲く紫色の花にちなんで「ジャカランダ・シティ」と呼ばれるプレトリアは美しく閑静な街。この街は長く複雑で興味深い歴史を持ち、時代を感じさせる古い建物と魅力溢れる博物館が点在しています。網目状に道路が走る街の中心部では気軽に散策が楽しめます。

100万人を超える人口を擁するプレトリアは、ヨハネスブルグから北へ約50kmの地点、マハリスバーグ山脈の麓に広がるプレトリアは、南アフリカの行政の首都で政府の各機関、省庁、外国の大使館や公館が立ち並んでいます。

植民地時代の影響が多く見られるプレトリアの建築物には、アール・デコや南アフリカ独自の要素がアクセントとして加わっています。プレトリアの重要な建築物は、ユニオン・ビルディングス(Union Buildings)、国定史跡のフォールトレッカー・モニュメント(Voortrekker Monument)、マハランバ・ンドロフ(Mahlamba Ndlopfu)大統領公邸、南アフリカ・リザーブ・バンク(South African Reserve Bank)、ロフタス・ヴァースフェルド・スタジアム(Loftus Versfeld)、南アフリカ国立劇場(South African State Theatre)などがあり、建築物を観るだけでも満喫できる場所です。

歴史に興味がある人にとっては、民主主義の記念碑があるサルフォコップ(Salvokop)のフリーダムパーク(Freedom Park)や南アフリカ共和国のポール・クルーガー元大統領が住んでいた由緒正しい邸宅、クルーガー・ハウス(Kruger House)なども見逃せません。ディツォング国立文化史博物館(Ditsong National Museum of Cultural History)には、石器時代と鉄器時代からの興味深い遺物が展示されています。マプングブェ博物館(Mapungubwe Museum)では、リンポポ州の遺跡から発掘された紀元前13世紀頃の鉄器時代の金の装飾品、象牙、陶器、粘土の人形、ビーズ細工、鉄製品、銅製品などの貴重な展示品を観ることができます。

また、国立動物園(National Zoological Gardens)やプレトリア国立植物園(Pretoria National Botanical Garden)のほか、フルンクルーフ(Groenkloof)、リットフレイ(Rietvlei)、モレレタ・スプロイト(Moreleta Spruit)、ファーリー・グレン(Faerie Glen)、ワンダーブーム(Wonderboom)などの自然保護区、オースティン・ロバーツ鳥類保護区(Austin Roberts Bird Sanctuary)もあり、自然を楽しむことができます。

さらに、南アフリカ大学(アフリカ最大の遠隔教育大学)、ツワネ工科大学、プレトリア大学、科学・工業研究評議会などの教育機関も設けられています。

プレトリアの街とその周辺では、旅行の楽しみに欠かせないショッピングも満喫できます。アターベリー(Atterbury)、ブルックリン(Brooklyn)、センチュリオン(Centurion)、ハットフィールド(Hatfield)、コロネード(Kolonnade)、メンリンパーク(Menlyn Park)、サミー・マークス(Sammy Marks)、サニーパーク(Sunny Park)、ウッドランズ(Woodlands)、ワンダーブーム・ジャンクション(Wonderboom Junction)、ワンダーパーク(Wonderpark)など、数多くのショッピングモールがあり、大型ショッピングモールのほとんどには、映画館やレストランが併設されています。

そして、南アフリカの国技と言えばラグビー。国内強豪チームのひとつに挙げられるブルー・ブルズの本拠地であるロフタス・ヴァースフェルド・スタジアムでは、今月6日(日本時間の7日夜中)には、南アフリカ共和国のナショナルチーム、スプリングボックスvsオールブラックス(ニュージーランド代表)の対戦試合が行われます!来年日本で開催されるラグビー・ワールドカップに向けてさらに盛り上がりを見せているラグビー界。プレトリアに訪問中の方はぜひ観戦してみてはいかがでしょうか。

【旅のヒントと企画情報】

◆問い合わせ先
ツワネ観光協会(Tshwane Tourism Association Office)
電話:+27 12 841 259
Eメール:secretary@tshwanetourism.com

◆アクセス
プレトリアはヨハネスブルグから北へ約50kmのN1号線沿いにあります。ヨハネスブルグからはハウトレインでも簡単にアクセスできます。

◆ベストシーズン
プレトリアは通年で楽しめますが、ジャカランダの花が咲く9〜10月が特におすすめです。

◆地域周辺
ブロンコーストスプロイト(Bronkhorstspruit)郊外の南華仏教寺院(Nan Hua Buddhist Temple)、西側のマハリースバーグ(Magaliesberg)とハートビーズポート・ダム(Hartbeespoort Dam)周辺、東側のディノケン(Dinokeng)にあるカリナン(Cullinan)の街など。

◆おすすめツアー
フォールトレッカー・モニュメント、市庁舎(City Hall)、国立劇場、ユニオン・ビルディングスなど、プレトリアの史跡名所を巡る日帰りツアーがヨハネスブルグから催行されています。近くのカリナン・ダイヤモンド鉱山(Cullinan Diamond Mine)へのツアーもおすすめ。バルハラ(Valhalla)にあるズワルトコップ空軍基地(Zwartkop Air Force Base)にある空軍博物館(Air Force Museum)では、古い飛行機や制服、ミサイル、航空関連の展示物や絵画を観賞できます。

◆交通手段
日中はプレトリアの中心部を徒歩で散策できますが、距離が長いのでレンタカーやタクシー、ツアー、公共バスなどを利用するのが便利です。夜間はレンタカーかメーター付きタクシーの利用がおすすめです。

◆持ち物
天候に恵まれたプレトリアの気温はヨハネスブルグを平均で2~3度上回るので日焼け止めを用意すること。冬(5~8月)の朝と夜は冷え込むので、暖かい服装を揃えておくこと。

◆宿泊施設
予算に応じてゲストハウス、ホテル、ロッジ、B&B、ホリデーアパートなど幅広い選択肢が揃っています。

◆食事
フランス料理とアフリカ料理の高級レストラン、地元のボーレコ(農家風の料理)などがおすすめ。

◆イベント
毎年6月にはセンチュリオンでハウテン・モーターショーが開催されています。

◆ご存知ですか?

 

プレトリアには、薄紫の花を咲かせる数千本のジャカランダの木が通りや公園、庭園に植えられていることから、「ジャカランダ・シティ」の愛称で親しまれています。

南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・お洒落な人気スポット オールド・ビスケット・ミル ・南アフリカを象徴するランドマーク テーブルマウンテン ・躍動するケープタウンのロングストリート ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島
ヨハネスブルグ
・ジャカランダが有名な美しい街“プレトリア”の魅力 ・エンターテイメント&レジャーの宝庫 『ヨハネスブルグ』 ・プレトリアで楽しむグルメ体験 ・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう!
クルーガー 国立公園
・ウォーキングサファリで豊かな自然と戯れる ・サビサンド私営動物保護区 ・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ ・喧騒から遥か離れた自然を堪能 クルーガー国立公園のブッシュヴェルド・キャンプ
ムプラマンガ
・ムプマランガ州最大!何でも揃う リバーサイドモール ・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓)
ダーバン
・南アフリカ最大級のコンテナ貨物港 ダーバン港へ行ってみよう ・地球上で最も壮大な海中スペクタクル!
イワシの大群「サーディンラン」
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ
南アフリカの WOW(ワォ!)
・大自然の声に耳を澄ませば〜 リットフレイ自然保護区 ・カヌーやラフティングが楽しめる! オレンジリバーのアドベンチャー ・リンポポ州に暮らす聖なる部族 ヴェンダ族の伝統文化 ・東ケープ州 ホッグスバック 神聖な山脈の麓にある小さなおとぎの街 ・南アフリカのジャズ音楽