South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

NEW

東ケープ州 ホッグスバック 神聖な山脈の麓にある小さなおとぎの街

東ケープ州アマトール山脈(Amathole Mountains)の一画にある小さな街、ホッグスバック(Hogsback)の名称は、3つの連なる山々の稜線が豚(Hogs)の背に似ていることに由来すると言われています。この山脈はコサ族の神聖な場所でもあり、顔を装飾する際に使用する赤粘土にちなんで、コサ族はこの辺りをカビンボラ(Qabimbola)と呼んでいました。山の霧が晴れると美しい滝や渓谷、そして南アフリカで”森の要塞”称賛される絶景が楽しめます。

美術工芸品に溢れる街、ホッグスバックは、多くの写真家や自然愛好家に愛されるとともに、ハネムーンカップルのロマンチックな隠れ家としても人気を集めています。

アリス(Alice)から東ケープ州のホッグスバックに向かって、アマトール山脈の幻想的な冬の霧の中を車で走ると、異次元空間に迷い込んだかのような錯覚に陥ってしまいます。南アフリカ出身の作家J.R.R.トールキンが描いたファンタジーの世界「中つ国」(Middle-earth・指輪物語などの作品の舞台)と東ケープの森の奥深くにあるこの小さな村の類似性を多くの人が指摘していますが、その理由には様々な説があります。一説によると、トールキンの息子がイギリス空軍の将校としてこの地で従軍し、ホッグスバックのスケッチを描いて父親に送ったからではないかとされています。事実はどうだったのかは分かっていませんが、実際にこの村に足を踏み入れたら、森の中に妖精やトロール、エルフ、魔法使いが潜んでいるのでは?と感じるに違いありません。

魅惑的な森の中へ進むと、おとぎ話の世界が広がっています。ここでの散歩は気軽に楽しめるものから、長距離でタフなアドベンチャーコースまで様々な選択肢があり、それぞれに難度が明示されています。また、ここでは旅行の記念品として、村の職人から杖を購入するのが習慣になっています。

ホッグスバックには、「アーミネル(Arminel)」「アウェイ・ウィズ・ザ・フェアリーズ(Away with the Fairies)」「エコ・シュライン(Eco-Shrine)」「キャメロット(Camelot)」「ロスローリエン(Lothlorien)」「キングズ・ロッジ(King's Lodge)」「ナットウッズ(Nutwoods)」といったファンタジックな名称の宿泊施設が揃っています。中でもエコ・シュラインでは、門で天使に挨拶してから迷路のような道を進み、フェアリー・リアルム(Fairy Realm=妖精界)と名付けられた400メートルの曲がりくねった庭園の道を歩きながら、珍しいオオハネナガインコを探せば、おとぎの世界に迷いこんだような感覚が体感できるでしょう。

【旅のヒントと企画情報】

◆問い合わせ先
ホッグスバック観光案内センター(Hogsback Information Centre)
電話:+27 45 962 1245

エコ・シュライン(Eco-Shrine)
電話:+27 45 962 1136

◆アクセス
R345号線でアリスから北へ約30kmの地点にあるアマトール山脈を目指します。
ホッグスバックは、イースト・ロンドン(East London)から西へ約180kmの地点にあります。

◆ベストシーズン
森の中にあるホッグスバックには季節によって異なる魅力があり、年間を通じて楽しめます。

◆おすすめツアー
ガーデンツアーはホッグスバックで人気のツアー。
ホッグスバック・アート&クラフト・トレイル(Hogsback Arts and Crafts Trail)は、数日を費やしながら楽しめます。

◆交通手段
ホッグスバックへは車を利用するのが最も便利。街に着いた後、ほとんどの見どころへは宿泊施設から歩いて行ける距離にあります。

◆予算
宿泊施設は、一人あたり約400ランド(自炊の場合)から800ランド(B&B)で季節によって変動します。

◆滞在期間
気軽なハイキングなら2日で楽しめます。森の中を本格的に散策するには4日間以上が必要です。

◆持ち物
歩きやすく履き慣れたウォーキングシューズをお勧めします。

◆宿泊施設
バックパッカー向けはアウェイ・ウィズ・ザ・フェアリーズがおすすめ。
観光客向けには様々な自炊式の施設、B&B、カントリーホテルがあります。

◆食事
地元で人気のハッピー・ホッグス(Happy Hogs)、アーミネル(Arminel)、ホッグスバック・イン(Hogsback Inn)では美味しいパブ料理を、ナットウッズ、ライトハウス・ランチ(Lighthouse Ranch)では高級料理が楽しめます。

◆イベント
ホッグスバックでは、「7月のクリスマス・フェスティバル(Christmas in July Festival)」が7月下旬に、「スプリング・フェスティバル」が10月の第1週に開催されます。

◆ショッピング
ホッグスバック名産の美術工芸品。地元で作られた杖がおすすめです。

ご存知ですか?

古から残るホッグスバックの庭園のほとんどは、イングランドの庭園をお手本にしています。

南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・南アフリカを象徴するランドマーク テーブルマウンテン ・躍動するケープタウンのロングストリート ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・海面へ恐ろしい顔を現わす!ホホジロザメの「エア・ジョーズ」
ヨハネスブルグ
・エンターテイメント&レジャーの宝庫 『ヨハネスブルグ』 ・プレトリアで楽しむグルメ体験 ・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう! ・南アフリカ最大のクラフトビール祭り『SA on Tap』
クルーガー 国立公園
・ウォーキングサファリで豊かな自然と戯れる ・サビサンド私営動物保護区 ・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ ・喧騒から遥か離れた自然を堪能 クルーガー国立公園のブッシュヴェルド・キャンプ
ムプラマンガ
・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓) ・ブライデ・リバー・キャニオン周辺のアドベンチャー体験を指南してくれるブライデ・キャニオン・アドベンチャー・センター
ダーバン
・南アフリカ最大級のコンテナ貨物港 ダーバン港へ行ってみよう ・地球上で最も壮大な海中スペクタクル!
イワシの大群「サーディンラン」
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ
南アフリカの WOW(ワォ!)
・東ケープ州 ホッグスバック 神聖な山脈の麓にある小さなおとぎの街 ・南アフリカのジャズ音楽 ・クワズールー・ナタール州 ネルソン・マンデラ・キャプチャーサイト ・南アフリカ風インド料理 ・ネルソン・マンデラ生誕100周年
7月18日はネルソン・マンデラ国際デー