South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

南アフリカのジャズ音楽

南アフリカのジャズ音楽における技術とセンスは、世界中のジャズ愛好家に称賛されており、年間を通じて国際的にも広く知られるジャズコンサートやフェスティバルが各地で開催されています。南アフリカのジャズは、ユニークで影響的な独自のアフリカン・サウンドを生み出しています。

南アフリカのジャズ音楽には、心をグッとつかむ魅力があり、震えるほどの感動を与えます。その独特の歌声は、アフリカのミュージシャンと世界各国のアーティストの長年にわたる交流の産物と言えます。南アフリカでは、独自の視点からジャズというジャンルの解釈を幾度となく進化させ、ダイナミックかつ意外性に溢れながらも親しみが感じられる音楽を構築しています。

アフリカ系米国人のジャズ音楽が南アフリカに入ってきたのは20世紀初めのこと。ラグタイムとディキシーランド・ミュージックによる影響は、アメリカのサウンドとアフリカの繰り返しのハーモニーやトランス音楽のリズムを融合した「マラビ」と呼ばれる独自の音楽スタイルを形成し、南アフリカ全土を魅了しました。その後、マラビはスイングの登場とともに、より複雑な音楽へと進化しながら人気を高めていきました。笛の音色が不可欠な「クウェラ」という音楽は、ギター、ベース、金管楽器を加えて、洗練されたリズムを奏でる「ムバカンガ」へと進化しました。

これらの音楽は、アパルトヘイト時代に国外に追放された南アフリカ出身のジャズ・ミュージシャンからの影響を受けてさらに進化を遂げていきました。ジャズは本質的にルールに縛られない音楽で、即興演奏によって構成される音楽の奏者は型にはまるのを嫌いました。

南アフリカを代表するジャズ・ミュージシャンで、トランペットとボーカルを操りながら自ら作曲も手掛けるヒュー・マセケラの輝かしいキャリアは、1950年代にジャズ・エピストルというバンドへの参加から始まりました。1990年の帰国後には全国ツアーを展開して新たなファンを獲得。これによりマセケラは海外だけではなく、南アフリカ国内での人気も確立したのです。

南アフリカのジャズ界を代表するもう一人の巨匠は、ピアニストで作曲家のアブドゥラー・イブラヒム。1960年代には前衛音楽の影響を受け、1970年代に南アフリカに戻ってから名曲「マネンバーグ」をレコーディングし、この曲によってイブラヒムは南アフリカを代表するミュージシャンとしての地位を不動のものにしました。

同じく国外に追放されたカイファス・セメンヤも南アフリカで尊敬されるジャズ・ミュージシャンのひとりで、米国在住時にはマセケラ、ミリアム・マケバ、ジョナス・グワングワらと一緒に音楽活動を展開するとともに、映画『カラーパープル』の作曲なども手がけました。

ミリアム・マケバは、マンハッタン・ブラザーズのリードボーカルとして1954年にデビューを果たし、ジャズ・ミュージカル『キング・コング』ではその美しい歌声が評判となりました。マケバの代表曲として知られる「クリック・ソング」と「パタパタ」は、いずれも米国へ国外追放されていた時代の作品です。1980年代に南アフリカへ帰国した際にも、彼女は依然と変わらぬ人気を誇っていました。マケバは2008年に他界しましたが、彼女の音楽と影響は今でも息づいています。

ケープタウン・インターナショナル・ジャズフェスティバルは、ジャズ愛好家にはお馴染みのイベントで、毎年3月の最後の週末にケープタウン国際コンベンションセンターで開催されています。会場では南アフリカ国内と世界で活躍するジャズ・ミュージシャンによるステージが繰り広げられ、このフェスティバルが「アフリカ最大の集会」と称される理由が分かるに違いありません。そしてセクシーでソウルフルなジャズのサウンドは「マザーシティ」の愛称を持つケープタウンの街を華麗に彩ります。

ソフィアタウン・バーラウンジ(Sophiatown Bar Lounge)は、多様な文化が混在するヨハネスブルグ郊外の街にちなんで名付けられました。20世紀前半に南アフリカ出身の最も有名なジャズ・ミュージシャンを数多く輩出したソフィアタウンは、創造力と政治闘争の中心地としての歴史があります。ソフィアタウンでは、かつてのミュージシャンたちのレガシーが今日まで受け継がれています。ソフィアタウン・バーラウンジは南アフリカのジャズ・シーンの情報発信地で、独特なジャズの音色が鳴り響くこの場所では、有名なアーティストや新進気鋭の若いアーティストによる演奏が楽しめます。

現在、南アフリカのジャズはかつてないほどの人気を集めています。豊かな才能を持つ若手ミュージシャンが新たな命を吹き込み、新鮮かつ革新的手法で自らの音楽や背景を表現することで、世界中のジャズファンを魅了しています。南アフリカを訪問の際には、ジャズクラブへ足を伸ばし、躍動的なビートとメロディに身を委ね、南アフリカの魂に触れてみてください。

【旅のヒントと企画情報】

◆問い合わせ先
ケープタウン・インターナショナル・ジャズフェスティバル
(Cape Town International Jazz Festival)
電話:+27 21 671 0506

スタンダード銀行 ジョイ・オブ・ジャズフェスティバル
(Standard Bank Joy of Jazz Festival)
電話:+27 11 833 6323
Eメール:info@joyofjazz.co.za

◆ベストシーズン
南アフリカ有数のジャズフェスティバルは、9月にヨハネスブルグ、3月にケープタウンで開催されています。また、南アフリカでのジャズのライブ演奏は、ほとんどの都市で年間を通じて楽しめます。

◆予算
会場や演目によって料金は異なりますが一人40〜600ランドが目安。

◆持ち物
動きやすいダンスシューズ。踊りながらライブ演奏を楽しむのが南アフリカ人のスタイルです。

◆イベント
ヨハネスブルグで9月に開催されるジョイ・オブ・ジャズフェスティバル、ケープタウンで3月に開催されるケープタウン・インターナショナル・ジャズフェスティバルが南アフリカを代表するジャズ音楽イベント。この他、小規模なジャズフェスティバルや音楽祭が各地で開催されるのに加えて、主だった都市や街の至るところでジャズのライブ演奏が楽しめます。

Joy of Jazz: 27-29 September 2018
http://www.joyofjazz.co.za/home
Cape Town International Jazz Festival: 29-30 March 2019 http://www.capetownjazzfest.com

ご存知ですか?

 

毎年9月に開催される「Jazz on the Lake」と称されるジャズフェスティバルは、ヨハネスブルグで催される最大規模の無料イベントです。

 

Jazz on the Lake: 2 September 2018

http://www.arts-alive.co.za/page5.html

南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・お洒落な人気スポット オールド・ビスケット・ミル ・南アフリカを象徴するランドマーク テーブルマウンテン ・躍動するケープタウンのロングストリート ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島
ヨハネスブルグ
・ジャカランダが有名な美しい街“プレトリア”の魅力 ・エンターテイメント&レジャーの宝庫 『ヨハネスブルグ』 ・プレトリアで楽しむグルメ体験 ・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう!
クルーガー 国立公園
・ウォーキングサファリで豊かな自然と戯れる ・サビサンド私営動物保護区 ・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ ・喧騒から遥か離れた自然を堪能 クルーガー国立公園のブッシュヴェルド・キャンプ
ムプラマンガ
・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓) ・ブライデ・リバー・キャニオン周辺のアドベンチャー体験を指南してくれるブライデ・キャニオン・アドベンチャー・センター
ダーバン
・南アフリカ最大級のコンテナ貨物港 ダーバン港へ行ってみよう ・地球上で最も壮大な海中スペクタクル!
イワシの大群「サーディンラン」
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ
南アフリカの WOW(ワォ!)
・カヌーやラフティングが楽しめる! オレンジリバーのアドベンチャー ・リンポポ州に暮らす聖なる部族 ヴェンダ族の伝統文化 ・東ケープ州 ホッグスバック 神聖な山脈の麓にある小さなおとぎの街 ・南アフリカのジャズ音楽 ・クワズールー・ナタール州 ネルソン・マンデラ・キャプチャーサイト