South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

マラマラ・ゲーム・リザーブ

© Chris Marais

マラマラは高級ゲームロッジのちょっとした代名詞となっています。高級ゲームロッジというカテゴリーで、マラマラは多くの標準を打ち立てています。また、クルーガー国立公園との間に柵がないので、この地でのビッグファイブ観察の素晴らしさを越えられる場所はほとんどありません。

マラマラ動物保護区は、南アフリカの保護区の歴史の中でも特筆すべき場所です。狩猟の場から写真用のサファリに転換して成功を収めている明確な例の1つであるからです。

前兆は1960年にありました。当時のオーナー、ワック・キャンベル氏がその年の訪問者130人のうち、半分が女性と子供であったという記録を残しています。1927年からその時までは、マラマラは狩猟の場でした。

キャンベル氏が1962年に亡くなると、土地の所有権は息子に移りました。その時から現在に至るまで、ここの動物は1匹たりとも殺されていません。唯一の追跡は、素晴らしい野生生物を見ることや写真に収めるためとなりました。

1964年、マラマラは1937年から隣地を所有していたラトレイ家が購入しました。それ以降マラマラが後戻りしたことはありません。初めて豪華なゲームロッジを提供した場所の1つでもあります。当時の豪華さ(女性用と男性用の2つの洗面台があるなど)は、今では全く異なるものに姿を変えていますが。

マラマラはその後も多くの点で基準を作ってきました。オーナーであるマイケルとノーマのラトレイ夫妻は、野生生物の聖域に情熱を傾けています。最高のリネンや快適さ、美味しい食事といった要素も非常に重要ですが、彼らが最優先するのは大自然とそこで暮らす動物たちの保全です。

この野生のエデンの園は1万3500ヘクタールにわたって広がり、クルーガー国立公園とは12kmにわたって柵のない境界で接しています。人間のためのインフラは最小限に留められています。このことに他の要素も相まって - 例えば、サンド川の存在や多様な地形など - マラマラはほかのほとんどの保護区よりもビッグファイブに出会える可能性が高いのです。

実際、マラマラのレンジャーたちはビッグファイブが目撃されなかった年間日数の少なさの記録を持っています。この土地ではマラマラが所有する以外の乗り物はすべて禁止されているため、あなたはいつまででも好きなだけ観察することができます。

当然のことながら、マラマラは多くのガイドブックや野生動物のドキュメンタリーで取り上げられてきました。

毎年訪れるリピーターも多く、マラマラは常に大自然を目指す人の究極の目的地なのです。

ご存知でしたか?

室になったとしても、マラマラではお客さま1人につき数百ヘクタールの大自然が提供できます。

南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・南アフリカを象徴するランドマーク テーブルマウンテン ・躍動するケープタウンのロングストリート ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・海面へ恐ろしい顔を現わす!ホホジロザメの「エア・ジョーズ」
ヨハネスブルグ
・エンターテイメント&レジャーの宝庫 『ヨハネスブルグ』 ・プレトリアで楽しむグルメ体験 ・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう! ・南アフリカ最大のクラフトビール祭り『SA on Tap』
クルーガー 国立公園
・ウォーキングサファリで豊かな自然と戯れる ・サビサンド私営動物保護区 ・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ ・喧騒から遥か離れた自然を堪能 クルーガー国立公園のブッシュヴェルド・キャンプ
ムプラマンガ
・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓) ・ブライデ・リバー・キャニオン周辺のアドベンチャー体験を指南してくれるブライデ・キャニオン・アドベンチャー・センター
ダーバン
・南アフリカ最大級のコンテナ貨物港 ダーバン港へ行ってみよう ・地球上で最も壮大な海中スペクタクル!
イワシの大群「サーディンラン」
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ
南アフリカの WOW(ワォ!)
・東ケープ州 ホッグスバック 神聖な山脈の麓にある小さなおとぎの街 ・南アフリカのジャズ音楽 ・クワズールー・ナタール州 ネルソン・マンデラ・キャプチャーサイト ・南アフリカ風インド料理 ・ネルソン・マンデラ生誕100周年
7月18日はネルソン・マンデラ国際デー