South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

サビサンド私営動物保護区

© Chris Marais

サビサンド私営動物保護区は、大型野生動物のビッグファイブ(ゾウ・ライオン・ヒョウ・バッファロー・サイ)サファリをはじめ、誰もが憧れる高級ロッジがあることで、世界に広く知られています。低木が生い茂るこの地域はクルーガー国立公園と隣接しており、野生動物たちはサビー川沿いの道を自由に行き来しています。

サビサンド私営動物保護区では、子離れしたばかりの雌のライオンが自由に辺りを探索しています。アフリカの大地に太陽がゆっくりと沈んでいく中、お母さんライオンは大きな猫のように顔を洗い、大きなあくびをして体をゆっくり伸ばし、子供たちと仲間を探しに行きました。

そんな光景がサビサンドでは日々繰り広げられ、オープントップの四輪駆動車に乗った観光客を楽しませてくれます。大自然の中で車を止めると、車輪に踏まれたワイルドセージの香りと野生の雌ライオンが放つ匂いが漂っています。そして案内役を務めるレンジャーは静かな声でライオンの行動を説明しながら、地面に残された足跡を確認して大型動物の追跡を続けます。

夜になると、捕えた獲物を木枝の間に隠すヒョウの様子やレンジャーが照らすライトの光に気付かずに、背の高い草原を駆けながら肉眼では捉えられない小動物を追いかけるジャッカルの姿に出会えるかも知れません。

ゲームドライブを楽しんだ後は、キャンプファイヤーを囲みながら南アフリカ産の極上ワインを片手に夕食を堪能してください。そして夕食後は、最高級のベッドリネンに身を包み、遠くに聞こえるハイエナの鳴き声に耳を澄してみるのはいかがでしょうか。ライオンの唸り声や、まるで人間の赤ちゃんが泣いているかのようなガラゴの鳴き声も聞けるかもしれません。

サビサンド私営動物保護区(現在の敷地面積は約650平方キロメートル)は、グレート・リンポポ・トランスフロンティア公園の一画を構成するクルーガー国立公園の南西端に隣接しています。かつてサビサンドとクルーガーの境界を50kmにわたり隔てていたフェンスはかなり前に撤去され、ビッグファイブをはじめとする野生動物は自由に行き来しています。保護区には2本の川があり、その川は年間を通じて絶えず水が流れていることから、この地域ではいつでも美しい野生動物の姿が観察できます。

サビサンド私営動物保護区には、南アフリカでも最高級のサファリロッジがいくつかあります。各ロッジには、サビサビ(Sabi Sabi)、マラマラ(Mala Mala)、シンギタ(Singita)、ロンドロジ(Londolozi)、ウルサバ(Ulusaba)、チトワチトワ(Chitwa Chitwa)、イドゥベ(Idube)、ライオン・サンズ(Lion Sands)、エクセター(Exeter)、ジュマ(Djuma)といった名前がついており、世界各国の旅人を魅了し続けています。

洗練されたインテリアで装飾された各ロッジでは、行き届いたサービスや素晴らしいプライベート空間、最高の料理など、豪華な宿泊施設が約束されています。中にはマッサージやアロマセラピー、リフレクソロジーなどが体験できるスパを併設したロッジもあります。また、保護区の隅々まで知り尽くしているレンジャーたちが常駐しており、滅多にお目にかかれないヒョウの居場所や、リカオンが子供を潜ませている穴へ案内してくれることもあります。現在、保護区内での動物の写真撮影は許可されていますが、ハンティングは禁止されています。

【旅のヒントと企画情報】

◆問い合わせ先
サビサンド私営動物保護区(Sabi Sands Game Reserve)
電話:+27 13 735 5102
Eメール:admin@sabisand.co.za

◆アクセス
ヨハネスブルグからフェデラル・エアのチャータ便が利用できます。多くの高級ロッジでは専用の飛行場を所有しています。ムボンベラ(ネルスプロイト)近くのクルーガー・ムプマランガ国際空港からのシャトル便の利用も可能です。

エアリンクではサビサンド私営動物保護区の近くにあるマラマラ飛行場へのフライトを毎日運航しています。

車で向かう場合、ヨハネスブルグ/プレトリアからN4号線を東へネルスプロイトまで進んだ後、R40号線を北上しながらホワイトリバーを経由してヘイジービューへ向かいます。クルーガー国立公園へどのゲートから入るかによりますが、所要時間は5〜7時間となります。

◆ベストシーズン
季節ごとの魅力が楽しめますが、降雨後の水たまりに動物たちが集まる初春から夏(8〜11月)にかけてが、動物観察(子供も含め)に最適のシーズン。気温が上昇し暑さが厳しい真夏(12〜3月)に比べると気候が穏やかな冬(4〜8月)も動物観察に適しています。

◆地域周辺
周辺にはクルーガー国立公園、ブライデリバーキャニオン、絶景スポットで知られるゴッズ・ウィンドー(神の窓)、眺めの良いたくさんの滝も近くにあります。

◆交通手段
到着次第、動物観察用の車で移動します。

◆予算
ロッジによって予算は異なります。

◆滞在期間
最低2泊すれば、ビッグファイブを見られるチャンスが十分にあるでしょう。この場所にも慣れて、のんびりできます。

◆持ち物
常にカーキの服を着ている必要はないですが、動物保護区内を通るときには、蛍光色や明るい白色のものは身に着けないようにしましょう。

双眼鏡を持って行きましょう。カメラはバッテリーを満タンに、大容量のメモリーカードを用意すると安心でしょう。冬には、夜に羽織る暖かい衣類(昼間の気候は穏やかです)、日焼け止め、帽子、虫除けを持って行きましょう。

◆イベント
ゲームドライブ、ナイトサファリ、ウォーキングサファリ、バードウォッチング(300種以上の鳥類が棲息しています)などを行なっています。ゲストに対応するスタッフの人数が多いので、ロッジでは、大満足のおもてなしを受けられるでしょう。

ご存知でしたか?

サビサンドは、南アフリカで最も古くからある私営の動物保護区です。1948年に正式に制定されました。


南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・南アフリカを象徴するランドマーク テーブルマウンテン ・躍動するケープタウンのロングストリート ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・海面へ恐ろしい顔を現わす!ホホジロザメの「エア・ジョーズ」
ヨハネスブルグ
・エンターテイメント&レジャーの宝庫 『ヨハネスブルグ』 ・プレトリアで楽しむグルメ体験 ・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう! ・南アフリカ最大のクラフトビール祭り『SA on Tap』
クルーガー 国立公園
・ウォーキングサファリで豊かな自然と戯れる ・サビサンド私営動物保護区 ・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ ・喧騒から遥か離れた自然を堪能 クルーガー国立公園のブッシュヴェルド・キャンプ
ムプラマンガ
・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓) ・ブライデ・リバー・キャニオン周辺のアドベンチャー体験を指南してくれるブライデ・キャニオン・アドベンチャー・センター
ダーバン
・南アフリカ最大級のコンテナ貨物港 ダーバン港へ行ってみよう ・地球上で最も壮大な海中スペクタクル!
イワシの大群「サーディンラン」
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ
南アフリカの WOW(ワォ!)
・クワズールー・ナタール州 ネルソン・マンデラ・キャプチャーサイト ・南アフリカ風インド料理 ・ネルソン・マンデラ生誕100周年
7月18日はネルソン・マンデラ国際デー
・南アフリカを代表する温泉リゾート リンポポ州のベラベラ ・ソウェトが放つ躍動的なタウンシップの魅力に迫る