South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

NEW

南アフリカ風インド料理

16〜17世紀の大航海時代に人々の世界観は、目覚ましい変化を遂げています。ヨーロッパからの旅人たちが突如として大陸を渡り歩くようになり、財宝を発見したり、様々な文化を体験するようになりました。

南アフリカが植民地化された1800年代終わりから1900年代初頭にかけて、インドから大勢の人が南アフリカへ移住しました。インドからの移住者は、当時から南アフリカの東海岸、現在のクワズールー・ナタール州ダーバン周辺にこぞって定住し、100年以上にもわたり南アフリカ独特のインド料理が食べられてきました。

インド料理にはその土地や気候、文化、歴史が映し出されます。インドにルーツを持つ南アフリカ人は、母国のあるアジアの食習慣を原点としながら、近隣の住民から教わったアフリカの食材ともてなしの伝統を採り入れました。

南アフリカのインド料理には、独特の風味があります。インド出身ではない南アフリカ人により、さらに多くのスパイスを使用することで、通常の味付けよりも辛めの味付けに仕上げられています。辛くても、スパイスが醸し出す絶妙な香りが食欲をそそります。このため、他国にルーツを持つ南アフリカ人の料理にも、インド文化の影響が見られるようになっていきました。

カレー料理でよく使用されるスパイスはコリアンダー、クミン、クローブ、シナモン、カルダモン、そして大量のチリ。ニンニクやショウガも風味を添えるのに欠かせません。カレーは、米やナン、ロティ、パーパドなどの平たいパンと一緒に用意されます。その他にもカレーの付け合わせとして、ライタと呼ばれるプレーンヨーグルトにトマトや玉ネギ、キュウリなどを入れたサンバルソースも定番のメニューとなっています。人気のカレーの種類は、コルマ、ティッカマサラ、ヴィンダルーなどが挙げられます。

本国のインド料理では、地域ごとに特徴が見られますが、南アフリカにはインド各地から人々が移住してきたことから、ひとつのインド料理として融合されています。また、南アフリカのインド料理にズールー族の影響が見られるのは、かつてクワズールー・ナタール州の農村部で、インドからの移住者たちがズールー族と身近に生活し働いていたためです。

インドにルーツを持つ南アフリカ人は、アマシという発酵乳やズールーの伝統食材を用いて料理をしました。また、タウンシップ(旧黒人居住区)で古くから調理されているチャカラカには、インドのスパイスが多用されています。

古くからの南アフリカのインド料理は、このような歴史的背景から誕生しました。南アフリカで「バニーチャウ」と呼ばれるパンにカレーを詰め込んだ料理は、ダーバンで生まれたと言われています。インドのカースト制度でバニア(商人)に属する人々はアパルトヘイト時代、ズールー族の客に食事を提供することを禁じられていました。そこでパンで作った器にカレーを詰め、持ち運びできる料理を創り、ダーバン名物の食べ物が誕生したのです。

クラシックで洗練されたダーバンのブリタニア・ホテル(Britannia Hotel)では、マトンカレーがおすすめ。また、マノー・ビーチ(Manor Beach)のインパルス・バイ・ザ・シー(Impulse by the Sea)でも極上のインド料理と豆入りのカレーを使用した上品なバニーチャウが味わえます。本格的なバニーチャウは、プレトリアにあるインド料理店リトル・ダーバン、ケープタウンのセント・ジョージズ・モール(St. George’s Mall)にあるマリアムズ・キッチン(Mariam’s Kitchen)でも用意されています。自炊で南アフリカ風インド料理を作りたい場合、ダーバンのビクトリア・ストリート・マーケット(Victoria Street Market)で食材を揃えられます。

多くの人がインドの伝統と強く結び付いていることもあり、南アフリカには多様性に富んだ文化がもたらされました。南アフリカ旅行の際には、本場の南アフリカ料理はもちろん、インド料理もぜひお試しください。

【旅のヒントと企画情報】

◆問い合わせ先
ブリタニア・ホテル(Britania Hotel)
1229 Umgeni Road, Lower Morningside, Durban
電話:+27 31 303 2266

ハウス・オブ・カリーズ・オン・フロリダ(House of Curries on Florida)
275 Florida Road, Morningside, Durban
電話:+27 31 303 6076

ビクトリア・ストリート・マーケット(Victoria Street Market)
151 Victoria Street, Durban
電話:+27 31 306 4021

リトル・ダーバン・ショップ (Little Durban Shop)
1 Dey Street
Brooklyn, Pretoria
電話:+27 12 460 8838

マリアムズ・キッチン (Mariam’s Kitchen)
101 St George’s Mall, Cape Town
電話:+27 21 423 0772/02

ブハラ(Bukhara)
23 Church Street, Cape Town
電話:+27 21 424 0000

◆予算
ダーバン風インド料理は高級レストランから安価なファーストフード店までの様々な店舗で提供されています。約50ランドでマトンのバニーチャウがテイクアウトできます。

◆食事
バニーチャウ(くりぬいたパンにカレーを詰めたもの)は、ぜひお試しください。

◆イベント
ダーバンでは、ディワーリー(Diwali)をはじめとしたインド人コミュニティによる様々なイベントが祝日に開催されています。イベントでの大きな楽しみは食べ歩き。祭りのシーズンとなる10月か11月には、ダーバンの食の魅力を満喫できます。

◆ご存知ですか?

 

南アフリカには、タイ、中国、日本、ベトナムなどアジア各国からの料理やドイツ料理、英国風カフェ、モロッコ料理の屋台、米国風ダイナーなど世界各国の料理を味わえるレストランが多数あります。

 

南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・南アフリカを象徴するランドマーク テーブルマウンテン ・躍動するケープタウンのロングストリート ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・海面へ恐ろしい顔を現わす!ホホジロザメの「エア・ジョーズ」
ヨハネスブルグ
・エンターテイメント&レジャーの宝庫 『ヨハネスブルグ』 ・プレトリアで楽しむグルメ体験 ・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう! ・南アフリカ最大のクラフトビール祭り『SA on Tap』
クルーガー 国立公園
・ウォーキングサファリで豊かな自然と戯れる ・サビサンド私営動物保護区 ・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ ・喧騒から遥か離れた自然を堪能 クルーガー国立公園のブッシュヴェルド・キャンプ
ムプラマンガ
・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓) ・ブライデ・リバー・キャニオン周辺のアドベンチャー体験を指南してくれるブライデ・キャニオン・アドベンチャー・センター
ダーバン
・南アフリカ最大級のコンテナ貨物港 ダーバン港へ行ってみよう ・地球上で最も壮大な海中スペクタクル!
イワシの大群「サーディンラン」
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ
南アフリカの WOW(ワォ!)
・クワズールー・ナタール州 ネルソン・マンデラ・キャプチャーサイト ・南アフリカ風インド料理 ・ネルソン・マンデラ生誕100周年
7月18日はネルソン・マンデラ国際デー
・南アフリカを代表する温泉リゾート リンポポ州のベラベラ ・ソウェトが放つ躍動的なタウンシップの魅力に迫る