South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

クルーガーでバード・ウォッチング

© South African Tourism

世界最高峰の自然動物保護区であるクルーガー国立公園にいるのはビッグファイブ(バッファロー、象、ライオン、ヒョウ、サイ)だけではありません。ここには何百羽もの鳥も生息しており、夏に訪れれば、この何百羽ものうちの多くを見つけることができます。しかもその多くがあなたの滞在するキャンプ周辺で見られます。

初心者であれ熟練バードウォッチャーであれ、夏のクルーガー国立公園はバードウォッチャーにとって楽園です。北半球の冬を逃れて南アフリカで夏休みを過ごしにやってきた色とりどりの鳥がいるのですから。

最初にやって来る猛禽類の1つがヒメイヌワシです。ずんぐりした茶色い鷲で、羽の生えたバギーパンツを履いているようです。茶色い鷲の中で最大のソウゲンワシも旧北亜区から飛んできます。川の近くに泊まるのなら、夜になったら、そこに住んでいるウオクイフクロウの不気味な金切り声に耳を澄ましてください。このフクロウは世界で3種類しかいないウオクイフクロウのうちの1つです。

ハチクイには圧倒されることでしょう。乾燥した土手に穴が掘られている場所を探してみてください。明るい深紅色の鳥が出入りするところを見かけたら、そこが素晴らしい色彩のミナミベニハチクイの群れの巣です。

ヨーロッパハチクイの黄色い喉元と栗色の頭頂部を見間違える人はいないでしょう。人目を引くターコイズブルーのセネガルショウビンの巻き舌で歌っているような大きな鳴き声は、目覚めの時から一日中低木の茂みの中からあなたを追いかけてきます。欧州や米国の人ならお馴染みのツバメは簡単に見つかるでしょう。驚くべきことにツバメは、欧州や米国からクルーガー国立公園までたった3週間で飛んできます。

大型動物を見ている時には、サイの皮膚や水牛の顔、キリンの首からダニを忙しげに獲っている、黄色と赤い嘴をした茶色い鳥にも気づいてください。それが、疲れを知らぬウシツツキです。この鳥は肉食動物が近づくと騒がしい音を立てて飛び立つので、早期警戒システムとしても働いてくれます。

使いやすい鳥類図鑑を用意してからチェックを開始してください。先は長いのです。夏のクルーガー国立公園では500種類以上の鳥がいます。

ご存知でしたか?

クルーガー国立公園で鳥観察に最高の場所は大抵の場合、キャンプ内です。

南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・南アフリカを象徴するランドマーク テーブルマウンテン ・躍動するケープタウンのロングストリート ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・海面へ恐ろしい顔を現わす!ホホジロザメの「エア・ジョーズ」
ヨハネスブルグ
・エンターテイメント&レジャーの宝庫 『ヨハネスブルグ』 ・プレトリアで楽しむグルメ体験 ・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう! ・南アフリカ最大のクラフトビール祭り『SA on Tap』
クルーガー 国立公園
・ウォーキングサファリで豊かな自然と戯れる ・サビサンド私営動物保護区 ・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ ・喧騒から遥か離れた自然を堪能 クルーガー国立公園のブッシュヴェルド・キャンプ
ムプラマンガ
・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓) ・ブライデ・リバー・キャニオン周辺のアドベンチャー体験を指南してくれるブライデ・キャニオン・アドベンチャー・センター
ダーバン
・南アフリカ最大級のコンテナ貨物港 ダーバン港へ行ってみよう ・地球上で最も壮大な海中スペクタクル!
イワシの大群「サーディンラン」
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ
南アフリカの WOW(ワォ!)
・ネルソン・マンデラ生誕100周年
7月18日はネルソン・マンデラ国際デー
・南アフリカを代表する温泉リゾート リンポポ州のベラベラ ・ソウェトが放つ躍動的なタウンシップの魅力に迫る ・南アフリカの文化・遺産
“人類発祥の地”から“世界に影響をおよぼした英雄の物語”まで
・辺り一面をピンクに染める フラミンゴの大群 in キンバリー