South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

NEW

南アフリカを代表する温泉リゾート リンポポ州のベラベラ

ウォーターバーグ(Waterberg)の低木地帯にある魅力的で歴史ある街、ベラベラ(Bela-Bela)には家族や友達とともにくつろげる温泉をはじめ、山中でのハイキング、手つかずの自然が織りなす景色、適切に保全されている多数の原生自然地区が楽しめます。泳げる温泉での水遊びやゲームドライブによる野生動物との出会いをぜひご体験ください。

ミネラル豊富な温泉が毎時22,000リットルほど湧き出るリンポポ州のベラベラは、南アフリカを代表する温泉リゾート。ベラベラとはツワナ語で「ふつふつ(と湧いている)」を意味する言葉で、数百年前にはツワナ族が美しいウォーターバーグ山脈の麓にあるベラベラの温泉を、治療のために利用していました。

そして現在、古来の温泉は、屋内温泉プールをはじめ、波の出るプールやミニ遊園地などテーマパーク感覚で楽しめる施設を備えた温泉リゾートとなっています。

温泉を楽しむには、まず水着とタオルを忘れずに用意してください。古代から残るベラベラの温泉は大自然からの恵として、今なお存在し続けており、身を沈めてくつろいだり、泳いだり、ウォータースライダーで遊んだり、日陰に寝そべってのんびりしたりと、思い思いに楽しく過ごせます。

ベラベラの果てしなく広がる空と赤い砂岩の山々に囲まれた環境の下には、野生動物と美しい野鳥が数多く生息しており、ハイキングや野生動物の観察、サイクリングなどが満喫できます。周辺には、マブラ(Mabula)、クンクル(Kunkuru)、ソンデラ(Sondela)など、自然保護区が数多く設けられており、ウォーターバーグ地方における自然保護活動の中心地として知られるラパララ・ウィルダネス(Lapalala Wilderness)では、親を亡くした2頭のサイ(1頭はクロサイ、もう1頭はシロサイ)と触れ合いながら、彼らの生い立ちや生息地について学ぶことができます。

また、ニルスフレイ自然保護区(Nylsvley Nature Reserve)の氾濫原は、アヒルやシギ、カワセミ、コウノトリ、ノスリウミワシをはじめとした様々な野鳥が多数生息することで知られています。ニルスフレイの氾濫原は南半球最大規模を誇り、国内有数の野鳥観察スポットのひとつとして人気を集めています。

またベラベラでは、サイクリングやマラソンなど様々なスポーツイベントも数多く開催されています。中でもベラベラ近郊のマバリングウェ自然保護区(Mabalingwe Nature Reserve)で催されるマバリングウェ・ライオンマン・マウンテンバイクレース(Mabalingwe Lion Man Mountain Bike Race)は全国各地から15,000人以上の参加者が集まるほど人気のマウンテンバイクのイベントとなっています。

そして街から8kmほどの地点にあるウォームバス・ダム(Warmbaths Dam)はウォータースポーツや釣りが楽しめる人気のスポット。周辺には素晴らしいゴルフコースもあり、コース上で野生動物との出会いも体験できます!

ベラベラに近いタバ・クウェナ・クロコダイルファーム(Thaba Kwena Crocodile Farm)は、南アフリカで最大級の民間のクロコダイル農場のひとつで、ガイド付きのツアーが催行されています。

【旅のヒントと企画情報】

◆問い合わせ先
ベラベラ観光局(Bela-Bela Tourism)
電話:+27 14 736 3694
Eメール:info@belabelatourism.co.za

◆アクセス
リンポポ州のベラベラは、ヨハネスブルグからN1号線で約200kmの地点にあります。

◆ベストシーズン
南アフリカの春(9月〜10月)と秋から冬にかけて(5月〜8月)。

◆地域周辺
この一帯は野生動物の宝庫で、大小様々な規模の自然保護区が数多く点在しています。

◆交通手段
美しい自然を自分のペースで自由に楽しむには車を利用するのが最も便利。多くの動物保護区ではガイドツアーやゲームドライブも楽しめます。

◆滞在期間
週末などを利用して少なくとも数日間。
できればもう少し長く滞在して周辺各地の魅力も堪能するのがおすすめです。

◆持ち物
帽子、日焼け止め、水着、カメラ、ウォーキングシューズ。

◆宿泊施設
ヴェルハヴォンデン動物保護区(Welgevonden Game Reserve)には、贅沢な5ツ星のキャンプ場が多数設けられています。またラパララ・ウィルダネスには原野の中の自炊式キャンプ場からホテルまで、予算に応じて様々な宿泊施設が選べます。ベラベラの市内と周辺、ウォーターバーグ地方にもB&Bやゲストハウス、ロッジが多数あります。

◆イベント
音楽、美術・民芸品、飲食販売の屋台、ワイルドライフの展示などが楽しめる人気のベラベラ・ツーリズム・フェスティバルが毎年5月に開催されています。

◆ショッピング
ベラベラから車ですぐのヴァールウォーター(Vaalwater)にある、アフロシックなビストロ&美術民芸品ギャラリー、ブラック・マンバ(Black Mamba)では、想像性豊かな衣類、彫刻、ビーズ細工、宝飾品、装飾品が販売されています。

◆ご存知ですか?

源泉からのお湯は53度で地表に湧き出ています。

 

南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・南アフリカを象徴するランドマーク テーブルマウンテン ・躍動するケープタウンのロングストリート ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・海面へ恐ろしい顔を現わす!ホホジロザメの「エア・ジョーズ」
ヨハネスブルグ
・エンターテイメント&レジャーの宝庫 『ヨハネスブルグ』 ・プレトリアで楽しむグルメ体験 ・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう! ・南アフリカ最大のクラフトビール祭り『SA on Tap』
クルーガー 国立公園
・ウォーキングサファリで豊かな自然と戯れる ・サビサンド私営動物保護区 ・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ ・喧騒から遥か離れた自然を堪能 クルーガー国立公園のブッシュヴェルド・キャンプ
ムプラマンガ
・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓) ・ブライデ・リバー・キャニオン周辺のアドベンチャー体験を指南してくれるブライデ・キャニオン・アドベンチャー・センター
ダーバン
・南アフリカ最大級のコンテナ貨物港 ダーバン港へ行ってみよう ・地球上で最も壮大な海中スペクタクル!
イワシの大群「サーディンラン」
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ
南アフリカの WOW(ワォ!)
・ネルソン・マンデラ生誕100周年
7月18日はネルソン・マンデラ国際デー
・南アフリカを代表する温泉リゾート リンポポ州のベラベラ ・ソウェトが放つ躍動的なタウンシップの魅力に迫る ・南アフリカの文化・遺産
“人類発祥の地”から“世界に影響をおよぼした英雄の物語”まで
・辺り一面をピンクに染める フラミンゴの大群 in キンバリー