South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

ソウェトが放つ躍動的なタウンシップの魅力に迫る

ソウェト(Soweto: South-Western Townships)は、ヨハネスブルグの南西にあり、南アフリカ最大の「タウンシップ(アパルトヘイト時代、黒人専用の居住区として指定された地域)」として知られる町です。当時、労働者をヨハネスブルグへと引き寄せていた金鉱山がルーツとなっています。しかし、1948年に国民党が与党に選出され、アパルトヘイトが国政の主導権を強化し、黒人たちを「白人地域」から追放したことから、ソウェトの人口は急速に増加しました。現在、この広大な地域のツアーでは、南アフリカの激動の政治史に関する多くの足跡をお見せしています。また、タウンシップの活気ある生活を垣間見ることができます。

ソウェトのタウンシップツアーでは、1955年に南アフリカの自由憲章 (国の憲法の草案に貢献した文書) が署名された、クリップタウンの「ウォルター・シスル・スクエア」の見学からはじまり、次にソウェトの重要な歴史を今に伝える場所「ヘクター・ピーターソン博物館」にお連れします。ここは、1976年6月16日に「ソウェト蜂起」が発生した場所です。
当時、黒人の学校でアパルトヘイトの象徴とされたアフリカーンス語で授業を行うことを政府が強制し、ソウェトの学生たちが反対デモを実施。警官がそれに対して発砲した際に、13歳のヘクター・ピーターソン少年が撃たれ、最初の犠牲者となりました。その時の象徴的なニュース画像は、南アフリカの抑圧的な人種差別政策への注目を集め、世界中の人々がアパルトヘイトの実態を知るきっかけとなりました。博物館は事件の起きた場所のすぐそばに建てられ、この事件について詳しく展示しています。博物館の前には、ヘクターの名を冠した記念碑が建てられました。

また、フィラカジストリートには、ネルソン・マンデラ元大統領とデズモンド・ツツ元大司教のかつての自宅があり、ノーベル平和賞受賞者の家が二つもある通りとして有名です。現在、このストリートには多くの居酒屋やレストランが点在しています。ほかに、ソウェトのツアースポットで有名なのは、世界最大の病院として1997年にギネス世界記録に登録された「クリス・ハニ・バラグワナス病院」や街中でのバンジージャンプで人気のある「オーランドタワー」(元発電所の冷却塔)などがあります。

ソウェト体験には、タウンシップツアーへの参加がおすすめです。知識豊富なガイドが南アフリカの歴史に関わる多くの場所の重要な意味を解説してくれます。ツアーは、半日ツアー、終日ツアー、一泊滞在ツアーと様々なコースがありますので、旅程に合わせて参加してみてください。

【旅のヒントと企画情報】

◆問い合わせ先
シティサイトシーイング・ジョバーグタクシー・ソウェトツアー
(City Sightseeing Jo'burg Taxi to Soweto Tour)
電話:+27 861 733 287

ソウェト・アウトドア・アドベンチャーズ
(Soweto Outdoor Adventures)
電話:+27 72 692 8159

ソウェトホテル&カンファレンスセンター
(Soweto Hotel & Conference Centre)
Corner Union Avenue and Main Road, Kliptown
電話:+27 11 527 7300
Eメール:reservations@sowetohotel.co.za

◆ベストシーズン
1年中楽しめます。

◆おすすめツアー
ソウェトの公式ツアーに参加するのがおすすめです。

◆予算
最も早くてお手頃なのは、ジョバーグのシティ観光バス(Jo'burg's City Sightseeing Bus)ですが、400ランドで満喫シティツアーとソウェトツアー2時間コースをタウンシップの伝統的なタクシーでまわることができます。

◆滞在期間
半日、終日、一泊などで楽しめます。

◆持ち物
ウォーキングシューズ、カメラ、チップ用の現金。

◆宿泊施設
クリップタウン(Kliptown)のウォルター・シスル・スクエア・オブ・デディケーション(Walter Sisulu Square of Dedication)にある「ザ・ソウェトホテル(The Soweto Hotel)はソウェト初の4ツ星ホテルです。

◆食事
ひき割りトウモロコシと豆で作ったお粥、ンムンクショー(umngqusho)や蒸しパンのンジェケ(ujeqe)など、伝統的なタウンシップ・フードを食べてみてください。

◆イベント
ネルソン・マンデラ元大統領が、かつて暮らしていた住居が建つフィラカジストリート(Vilakazi Street)沿いには数多くの飲食店が並ぶとともにアクティビティも楽しめます。

◆ショッピング
ヘクター・ピーターソン・メモリアル博物館(Hector Pieterson Memorial and Museum)隣接するマーケットで販売されている伝統的なアフリカの工芸品がおすすめです。

◆ご存知ですか?

 

2009年に公開されたSF映画「第9地区」はソウェトで撮影されました。

 

南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・お洒落な人気スポット オールド・ビスケット・ミル ・南アフリカを象徴するランドマーク テーブルマウンテン ・躍動するケープタウンのロングストリート ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島
ヨハネスブルグ
・ジャカランダが有名な美しい街“プレトリア”の魅力 ・エンターテイメント&レジャーの宝庫 『ヨハネスブルグ』 ・プレトリアで楽しむグルメ体験 ・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう!
クルーガー 国立公園
・ウォーキングサファリで豊かな自然と戯れる ・サビサンド私営動物保護区 ・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ ・喧騒から遥か離れた自然を堪能 クルーガー国立公園のブッシュヴェルド・キャンプ
ムプラマンガ
・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓) ・ブライデ・リバー・キャニオン周辺のアドベンチャー体験を指南してくれるブライデ・キャニオン・アドベンチャー・センター
ダーバン
・南アフリカ最大級のコンテナ貨物港 ダーバン港へ行ってみよう ・地球上で最も壮大な海中スペクタクル!
イワシの大群「サーディンラン」
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ
南アフリカの WOW(ワォ!)
・カヌーやラフティングが楽しめる! オレンジリバーのアドベンチャー ・リンポポ州に暮らす聖なる部族 ヴェンダ族の伝統文化 ・東ケープ州 ホッグスバック 神聖な山脈の麓にある小さなおとぎの街 ・南アフリカのジャズ音楽 ・クワズールー・ナタール州 ネルソン・マンデラ・キャプチャーサイト