South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

NEW

南アフリカ最大級のコンテナ貨物港 ダーバン港へ行ってみよう

南半球4番目の規模を誇る全長21kmものダーバン港には、58カ所の停泊スポットが併設されており、20を超える港湾業社が最新技術に基づく貨物追跡システムを駆使しながら、年間3,000万トン以上の貨物を取り扱っています。

年中無休で終日操業されているダーバン港は、アフリカ大陸最大の輸送拠点。国際輸送ルートの戦略的地点であることから、南アフリカ最大のコンテナ貨物港としての揺るぎない地位を確立しています。ここでは年間に延べ4,500隻もの商船が行き交い、計3,000万トン以上の貨物が処理されています。

港の全長は21km、鉄道が走る線路の総延長は302kmで、58カ所の停泊スポットの幅は148〜350m、深さは最大12.2mとなります。この港では20以上の港湾ターミナル業社が事業を展開しています。

埠頭には総床面積8万平方メートル以上の保税倉庫が併設され、ここへの道路と線路が整備されています。また検疫施設、管理ブロック、最新技術が採用された貨物追跡システム、CCTV監視モニター、投光照明と警備用フェンスなどが設置されています。

この港は、第1埠頭、第2埠頭、ポイント、T桟橋、クロスバース、アイランド・ビュー、ブラフ、ベイヘッド、メイドン・ワーフといった拠点で構成されています。また、南アフリカの大手石油企業であるSAPREF社が運営する給油専用の停泊スポットや、イシピンゴ(Isipingo)には大型タンカー用に1点係留方式の停泊スポットを備えています。第二次世界大戦中にはサンダーランドとカタリナという2機の飛行艇がベイヘッド基地を拠点に偵察行動を繰り広げ、1950年代まで任務が続けられました。

クルーズ船は、ダーバン港のN地区に併設された旅客ターミナルに停泊されます。また、商業漁船には主にシルト・チャンネル地区やメイドン・ワーフの埠頭が利用されています。

最近では、ダーバン港に最新鋭のカーターミナルも完成し、年間6万台もの車両が取り扱われています。ここには、ターミナルと埠頭を結ぶ全長380mの連絡橋や、6,500台を収容する駐車場などのインフラが整備されています。また入港水路の拡張工事に伴って、港内への入口地点の水路は幅222m、深さ19mへと拡張されています。

タグボートの操業は、国家港湾局の管轄下に置かれ、国家港湾局では「ウドンティ(Udonti)」と呼ばれる清掃船の操業を行っています。ダーバン港にはフル装備のダイビング部隊も配置されていますが、民間企業でも同様のダイビングサービスを提供しています。

かつて海軍基地が置かれていたソールズベリー島(Salisbury Island)には現在、南アフリカをはじめ各国の戦艦の寄港地としての役割を果たしていますが、将来は再び海軍の管轄下に戻すことが話し合われています。

【旅のヒントと企画情報】

◆問い合わせ先
MSCクルーズ(MSC Cruises)
電話:+27 31 324 3417

トランスネット国家港湾局(Transnet National Ports Authority)
電話:+27 31 361 8865

◆アクセス
ダーバンへは内陸部からの国道3号線、また主要幹線ルートである国道2号線の北ルートか南ルートで向かいます。旅客ターミナルにはマーガレット・ムンカディ通り(Margaret Mncadi Avenue)から進入します。港内へ入るにはマハトマ・ガンディー通り(Mahatma Gandhi Street)をご利用ください。またヨットや小型船舶用の港であるウィルソンズ・ワーフ(Wilson's Wharf)へも、「Esplanade(遊歩道の意)」と呼ばれるマーガレット・ムンカディ通りを利用します。

◆ベストシーズン
港は年中無休で終日操業しており、年間を通じていつでも訪問できます。

◆地域周辺
ボート乗り場やレジャー施設が併設されたウィルソンズ・ワーフ(Wilson’s Wharf)、メイドン・ワーフ(Maydon Wharf)、バッズ・オン・ザ・ベイ(Buds on the Bay)などがあります。

◆おすすめツアー
ダーバン港からは小型船舶による港周辺の遊覧ツアーが催行されています。また明け方にはサメの侵入を防ぐためのネットを確認するためのシャーク・ボードに乗船するツアーもあります。そして海洋テーマパークのウシャカ・マリンワールド(uShaka Marine World)では南半球最大の水族館が楽しめます。

◆周辺情報
ダーバン港には警備上の理由から立入りを制限している場所がありますが、それ以外は徒歩で行き来できます。海にあたるダーバン港への入口となるポイント地区へも足を運んでください。すぐ隣にはウシャカ・マリンワールドがあります。午後はウィルソンズ・ワーフへと足を伸ばし、港全体を見渡せるレストランでゆったりとくつろいでみてはいかがでしょう。またマーガレット・ムンカディ通り沿いを進むと海事博物館があります。

◆食事
水辺に位置するバッズ・オン・ザ・ベイやウィルソンズ・ワーフのレストランは人気を集めています。また最近オープンした水上の高級レストラン「ラ・ヴュー(The La Vue)」も注目です。

◆ショッピング
ウィルソンズ・ワーフの商業施設ではアフリカ産の土産物をはじめ革製品や衣類、雑貨が販売されています。

◆ご存知ですか?

 

ダーバン港は年中無休で終日操業されています。

 

南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・南アフリカを象徴するランドマーク テーブルマウンテン ・躍動するケープタウンのロングストリート ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・海面へ恐ろしい顔を現わす!ホホジロザメの「エア・ジョーズ」
ヨハネスブルグ
・プレトリアで楽しむグルメ体験 ・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう! ・南アフリカ最大のクラフトビール祭り『SA on Tap』 ・ヨハネスブルグで大人気! カントリー・ショッピングが満喫できるオーガニック・マーケット
クルーガー 国立公園
・サビサンド私営動物保護区 ・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ ・喧騒から遥か離れた自然を堪能 クルーガー国立公園のブッシュヴェルド・キャンプ ・ブッシュスパ
ムプラマンガ
・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓) ・ブライデ・リバー・キャニオン周辺のアドベンチャー体験を指南してくれるブライデ・キャニオン・アドベンチャー・センター
ダーバン
・南アフリカ最大級のコンテナ貨物港 ダーバン港へ行ってみよう ・地球上で最も壮大な海中スペクタクル!
イワシの大群「サーディンラン」
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ
南アフリカの WOW(ワォ!)
・ソウェトが放つ躍動的なタウンシップの魅力に迫る ・南アフリカの文化・遺産
“人類発祥の地”から“世界に影響をおよぼした英雄の物語”まで
・辺り一面をピンクに染める フラミンゴの大群 in キンバリー ・クワズールー・ナタール州の真珠 オイスターボックスホテル ・マルーラの木が生み出す魔法の産物 アマルーラ・クリーム