South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

NEW

地球上で最も壮大な海中スペクタクル!
イワシの大群「サーディンラン」

南アフリカでは冬の訪れとともに魚が移動をはじめ、クワズールー・ナタール州の沖合のあちこちで「イワシがやってきた!」という歓声があがります。

このイワシの大群は毎年、ケープ沿岸の産卵場から南アフリカの東海岸へ30日以上かけて一斉に北上します。この海中の大移動には、多くの漁師はもちろん、サメや大型の魚、海洋哺乳類、鳥たちが群がり、きらきらと輝く小さな銀色の魚をむさぼります。イワシの群れの多くは巨大な規模で形成され、沿岸の数キロにわたって広がります。これに伴って海面および海中にも餌を奪い合う捕食者の群れが集まってくるのです。

クロヘリメジロザメ、ドタブカ、カマストガリザメなどのサメの群れは、銀色に輝く獲物が織りなす海中の道に続いてイワシをむさぼります。海洋哺乳類や大型の魚たちもこれに参加して獲物を追います。ミナミアフリカオットセイ、ザトウクジラ、ミンククジラ、何千頭ものイルカたちもニシンダマシ、ガリック、ギールベック(ニベ科の魚)などの魚の群れに一気に襲いかかって、無尽蔵に湧き出てくるイワシをかきこみます。

賢いイルカたちは牧羊犬のように、イワシを「ベイト・ボール」と呼ばれる高密度に凝縮された魚群に囲い込む戦術を用います。イルカは水中で力を合わせ、イワシの群れの下でぐるぐる旋回しながらベイト・ボールを海面近くへと押し上げていきます。

イワシが海面までやってくると、鳥たちが空から急降下して海中へと突っ込み獲物を捉えていきます。ケープシロカツオドリ、鵜、カモメなどは容赦なく空からの攻撃を繰り広げます。

イワシの群れが海岸近くを移動する地域では、大物狙いの漁師やイワシを好物とする地元の人々が海に入って、それぞれ自らの取り分を確保します。

冬の間にイワシの大群がクワズールー・ナタール州の沿岸へと泳いでくる理由はまだ解明されていませんが、毎年同じ現象「サーディンラン」が繰り返されています。5月になると、数百万匹ものイワシの大群がケープ沿岸の冷たい海からクワズールー・ナタール州の暖かい海へと移動をはじめ、魚が集まるにつれて沖合の海を銀色に染めていきます。イワシの大群は7月末までには沖合の海へ姿を消してしまいますので、サーディンランを観察するには時期を考慮して旅行計画を立てる必要があります。

ハーマナス(Hermanus)のホエールウォッチングやナマクワランド(Namaqualand)の野生の花園と同様に、サーディンランは南アフリカで人気の風物詩として知られており、南アフリカ国内をはじめ海外からも大勢の旅行者が集まります。陸上、海上、海中におけるこれらの自然現象は一生に一度は見ておきたいものとして人気を博しています。

未だに解明されていない自然界のミステリーでもあるサーディンラン現象。陸・海・空の生物たちが繰り広げる一大スペクタクルは一生に一度は体験したい海中アドベンチャーとして人気を集めており、世界各国からの旅行者が海岸や船上から、シュノーケリングで海にもぐって、サーディンランを目撃しています。

【旅のヒントと企画情報】

◆問い合わせ先
クワズールー・ナタール州観光局(KwaZulu-Natal Tourism)
電話:+27 31 366 7500
Eメール:info@zulu.org.za

シール/サーディンラン・ネット・エクスペディション(Seal/Sardineun.net Expeditions)
電話:+ 27 21 422 0394
Eメール:info@sardinerun.net

◆ベストシーズン
5月中旬から7月中旬までの期間に旅行計画を立てることをおすすめします。

◆おすすめツアー
サーディンラン現象をカメラに収めたい場合は、海洋生物を専門とする写真家、クリス・ファローズ(Chris Fallows)の同行による撮影を目的とした海へのサファリツアーを取り扱う エーペックス・プレデターズ(Apex Predators)にお問い合わせください。

◆宿泊施設
クワズールー・ナタール州の海岸沿いには多数の宿泊施設があります。詳しくはウェブサイトをご覧ください。ダーバン・ダイレクト(Durban Direct)にも宿泊施設の情報が案内されています。

◆イベント
アフリカン・ダイブ・アドベンチャー(African Dive Adventures)は、ワイルド・コースト(Wild Coast)沿いで5泊のサーディンランのパッケージツアーを販売しています。
シール・エクスペディション(Seal Expeditions)では美しいムボティ・リバー・ロッジ(Mbotyi River Lodge)に滞在しながらサーディンランを楽しむ(スキューバダイビング、シュノーケリング、または水面から観察)6泊7日のパッケージツアーを用意しています。

◆ご存知ですか?

 

サーディンランの魚群は通常長さ15km、幅4km、深さ40mにもおよびます。

 

南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・南アフリカを象徴するランドマーク テーブルマウンテン ・躍動するケープタウンのロングストリート ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・海面へ恐ろしい顔を現わす!ホホジロザメの「エア・ジョーズ」
ヨハネスブルグ
・プレトリアで楽しむグルメ体験 ・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう! ・南アフリカ最大のクラフトビール祭り『SA on Tap』 ・ヨハネスブルグで大人気! カントリー・ショッピングが満喫できるオーガニック・マーケット
クルーガー 国立公園
・サビサンド私営動物保護区 ・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ ・喧騒から遥か離れた自然を堪能 クルーガー国立公園のブッシュヴェルド・キャンプ ・ブッシュスパ
ムプラマンガ
・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓) ・ブライデ・リバー・キャニオン周辺のアドベンチャー体験を指南してくれるブライデ・キャニオン・アドベンチャー・センター
ダーバン
・地球上で最も壮大な海中スペクタクル!
イワシの大群「サーディンラン」
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ ・ラグビーと南アフリカ
南アフリカの WOW(ワォ!)
・南アフリカの文化・遺産
“人類発祥の地”から“世界に影響をおよぼした英雄の物語”まで
・辺り一面をピンクに染める フラミンゴの大群 in キンバリー ・クワズールー・ナタール州の真珠 オイスターボックスホテル ・マルーラの木が生み出す魔法の産物 アマルーラ・クリーム ・マンデラ生誕100周年!ルート67でポートエリザベスの豊かな歴史に触れる