South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

NEW

プレトリアで楽しむグルメ体験

ヨハネスブルグから北へ50キロメートルほどの地点に位置するプレトリアは、政府機関や官庁、諸外国の大使館が集結する南アフリカの行政の首都。南アフリカにおける外交の拠点であることから、この街では世界各国の食文化に触れることができます。インドネシア料理、モロッコ料理、フランス料理、日本料理、あるいは地元の南アフリカ料理でも、選ぶのに困ってしまうほどバラエティ豊かな飲食店が軒を連ねています。

プレトリアで体験できる魅力のひとつは、食べて飲んで陽気に過ごすこと。街のいたるところで“ごちそう”にありつけます。世界各国の外交官が数多く暮らすプレトリアでは、様々な文化圏の良質な高級料理が堪能できます。各国が誇る洗練された料理は、選ぶのが大変なほど多くの選択肢が提供されています。

ベルギー料理が食べたければ、シェフを務めるダニエル・ルーシュが経営するラ・マドレーヌ(La Madeleine)がおすすめ。プレトリア有数の歴史を誇る高級レストランのひとつです。最近、娘のアンヌがキッチンに加わり、シェフは伝統料理のレパートリーに若い世代ならではの感性を活かした料理法も採り入れています。

イタリア料理が好みなら、地中海料理の絶品の数々と活気であふれるリトローボ・リストランテ(Ritrovo Ristorante)は外せません。最初のアンティパスタ(前菜)の一口から、デザートのザバイオーネの最後の一口まで、ジョバンニとフォルトゥナートのマッツォーネ親子が提供する料理は、決して期待を裏切りません。

ゼマラ(Zemara)ではコンゴ料理が味わえます。シェフのジャッキー・ピカードは、ヤシの実で風味を加えたアンテロープ(レイヨウ)の蒸し焼き、ティラピア(スズキ)のロースト、プランタン(料理用のバナナ)の揚げ物といったメニューでもてなしてくれます。

カレー好きには、アルカディア(Arcadia)にあるオリエンタル・パレス(Oriental Palace)がおすすめ。この店ではアルコール類は飲めませんが、ナンと合わせてビンディゴシュツ(オクラのカレー)を口にすると、天にも昇るような気分が味わえます。

アフリカーンスの伝統料理ブルコスを食べてみたい方は、フォールトレッカー記念碑(Voortrekker Monument)内に併設するモニュメント・レストラン(Monument Restaurant)で、日曜日のビュッフェがおすすめです。ここでは他にはない独特の味わいを手頃な価格で堪能できます。毎週日曜日になると、メインの肉料理を含む3品のコース料理を求めて400人を上回る人が来店します。

【旅のヒントと企画情報】

◆問い合わせ先
ラ・マドレーヌ(La Madeleine)
122 Priory Road, Lynnwood Ridge, Pretoria
電話:+27 12 361 3667
Eメール:info@lamadeleine.co.za

リトローボ・リストランテ(Ritrovo Ristorante)
103 Club Ave, Waterkloof Heights, Pretoria
電話:+27 12 460 5173

モニュメント・レストラン(Monument Restaurant)
Voortrekker Mounment, Eeufees Road, Pretoria
電話:+27 12 321 6230

オリエンタル・パレス(Oriental Palace)
The Colosseum Hotel, 410 Schoeman Street, Arcadia, Pretoria
電話:+27 12 322 2195
Eメール:info@colosseumhotel.co.za

◆アクセス
プレトリアへはヨハネスブルグから国道N1号線で約45分の地点に位置しています。

◆おすすめツアー
プレトリア市内の半日観光ツアーに参加して、ユニオンビル(Union Buildings)やフォールトレッカー記念碑などの史跡を訪ねてみましょう。

◆予算
レストランによって様々。一般的なハンバーガーとポテトにビールの組み合わせなら、ステーキハウスで約75ランド。高級レストランのメインディッシュなら150ランドほどです。

◆宿泊施設
プレトリアには外交官御用達の洗練されたシティホテルやゲストハウス、B&Bが数多く揃っています。

◆食事
世界各国の料理が堪能できますが、滞在期間中に少なくとも1回は本格的アフリカ料理を味わってみてください。

◆ショッピング
食事にぴったりの南アフリカ産ワインがオススメです。

◆ご存知ですか?

プレトリアには100カ所以上の大使館と高等弁務官事務所が点在しています。

 

南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・南アフリカを象徴するランドマーク テーブルマウンテン ・躍動するケープタウンのロングストリート ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・海面へ恐ろしい顔を現わす!ホホジロザメの「エア・ジョーズ」
ヨハネスブルグ
・プレトリアで楽しむグルメ体験 ・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう! ・南アフリカ最大のクラフトビール祭り『SA on Tap』 ・ヨハネスブルグで大人気! カントリー・ショッピングが満喫できるオーガニック・マーケット
クルーガー 国立公園
・サビサンド私営動物保護区 ・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ ・喧騒から遥か離れた自然を堪能 クルーガー国立公園のブッシュヴェルド・キャンプ ・ブッシュスパ
ムプラマンガ
・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓) ・ブライデ・リバー・キャニオン周辺のアドベンチャー体験を指南してくれるブライデ・キャニオン・アドベンチャー・センター
ダーバン
・南アフリカ最大級のコンテナ貨物港 ダーバン港へ行ってみよう ・地球上で最も壮大な海中スペクタクル!
イワシの大群「サーディンラン」
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ
南アフリカの WOW(ワォ!)
・ソウェトが放つ躍動的なタウンシップの魅力に迫る ・南アフリカの文化・遺産
“人類発祥の地”から“世界に影響をおよぼした英雄の物語”まで
・辺り一面をピンクに染める フラミンゴの大群 in キンバリー ・クワズールー・ナタール州の真珠 オイスターボックスホテル ・マルーラの木が生み出す魔法の産物 アマルーラ・クリーム