South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

クルーガー国立公園

アフリカを代表する野生動物保護区のクルーガー国立公園は、サファリツアーのメッカとなっており、世界各地からの旅行者を惹きつけてやみません。保護区の面積は200万haに及び、北半分がリンポポ州、南半分がムプマランガ州に属しています。南部には緑が多く、高級ロッジも集まっている一方で、北部は乾燥して開けた場所が多いため、動物が見やすくアフリカらしいワイルドな景色が広がっているのが特徴です。

クルーガー国立公園は、1898年にハンターや毛皮の交易のための乱獲で激減した野生動物を保護する目的で、北はサビー川、南はクロコダイル川に囲まれた一画を保護区に指定したのが前身となっており、その後対象地区が大幅に拡張されました。隣国モザンビークとは南北352㎞にわたって国境を接していますが、野生動物は国境を越えて自由に行き来しています。

広大な園内には147種の哺乳動物、500種の鳥類、116種の爬虫類、34種の両生類、49種の魚類が見られるほか、457種の樹木や潅木、1,500種の植物、さらに無数の昆虫類が生息しています。東端にあるレボンボ山地を除けば、比較的平坦な草原地帯となっており、平均海抜は260m。

年間に多数の観光客が訪れていますが、そのうち半分は園内にあるレストキャンプ(宿泊施設)に滞在しています。各キャンプは全長2,600㎞の全天候型の道路で結ばれているなど、交通網は十分に整備されています。

ご存知でしたか?

南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・南アフリカを象徴するランドマーク テーブルマウンテン ・躍動するケープタウンのロングストリート ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・海面へ恐ろしい顔を現わす!ホホジロザメの「エア・ジョーズ」
ヨハネスブルグ
・プレトリアで楽しむグルメ体験 ・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう! ・南アフリカ最大のクラフトビール祭り『SA on Tap』 ・ヨハネスブルグで大人気! カントリー・ショッピングが満喫できるオーガニック・マーケット
クルーガー 国立公園
・サビサンド私営動物保護区 ・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ ・喧騒から遥か離れた自然を堪能 クルーガー国立公園のブッシュヴェルド・キャンプ ・ブッシュスパ
ムプラマンガ
・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓) ・ブライデ・リバー・キャニオン周辺のアドベンチャー体験を指南してくれるブライデ・キャニオン・アドベンチャー・センター
ダーバン
・南アフリカ最大級のコンテナ貨物港 ダーバン港へ行ってみよう ・地球上で最も壮大な海中スペクタクル!
イワシの大群「サーディンラン」
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ
南アフリカの WOW(ワォ!)
・ソウェトが放つ躍動的なタウンシップの魅力に迫る ・南アフリカの文化・遺産
“人類発祥の地”から“世界に影響をおよぼした英雄の物語”まで
・辺り一面をピンクに染める フラミンゴの大群 in キンバリー ・クワズールー・ナタール州の真珠 オイスターボックスホテル ・マルーラの木が生み出す魔法の産物 アマルーラ・クリーム