South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

マルーラの木が生み出す魔法の産物 アマルーラ・クリーム

1989年にクリーム・リキュールとして南アフリカで発売されて以来、アマルーラ・クリームはそのエキゾチックでクリーミーな美味しさから広く流通されるアルコール飲料へと発展してきました。現在100カ国以上で販売されるアマルーラ・クリームは、そのままストレートでも、氷を入れてオン・ザ・ロックでも、シェイクしてカクテルでも楽しんでいただけます。また、デザートや料理の隠し味としても重宝されています。

南アフリカ生まれのアマルーラ・クリームは、滑らかな舌触りと、甘くフルーティな味わいが口いっぱいに広がり、キャラメル風味とピリッとスパイシーな風味に加えて、かすかな柑橘類の香りが漂います。アマルーラ・クリームは2杯目を飲みたくなるほど魅力的な味わいのリキュールとして人気を集めています。

アマルーラ・リキュールに独特の風味をもたらしているのは、マルーラ(Sclerocarya birrea)の実。高く伸び葉が生い茂るマルーラの木は、サハラ以南のアフリカ各地に自生しています。この木の下では伝統部族による「レクゴトラス(集会の意味)」がしばしば催され、多くの重要な決定がこの大きなアフリカの木の陰で下されてきました。マルーラの樹皮には治癒力があると言わる一方、種子から採れる油は高い抗酸化作用を備えているため、化粧用のクリームやローションにも利用されています。

マルーラの実がなるのは雌木だけ。2月半ばまでには黄色の表皮と熟した白い果肉の実を呈したフルーツの収穫準備が整います。この豊富な果汁と栄養を備えた果実に魅了されて、ゾウをはじめとする多くの野生動物が食べにやってきます。動物たちはマルーラの実が地面に落ちていない時は、幹をゆすってマルーラの果実を木から落として食べます。

1月末から3月にかけての収穫時期、マルーラには一本あたり500キロから2トンもの実がなり、ゾウやサイなどの野生動物が食べるほか、マルーラの実で生計を立てるリンポポ州のファラボルワ(Phalaborwa)とその周辺地域の住民に十分に行き渡るほどの量が生産されます。

ワイン生産用のブドウと同様にマルーラの実は手作業で収穫されます。実を潰して種子を取り出し、皮を取り除いてから果肉を発酵させます。これは圧搾したブドウを発酵させてワインにするのと同じ方法で、その後に再蒸溜を経てから小さなオーク樽に詰め、2年間熟成させてから生クリームと混ぜ合わせます。

マルーラにまつわる民話も、アマルーラ・クリームの味わいをいっそう引き立てる役割を果たしています。ゾウは発酵したマルーラの実を意図的に選んで、たっぷりと食べた後に「泥酔」するという逸話が言い伝えられています。また、油分を豊富に含むマルーラの種子は「王様の食べ物」と呼ばれており、ビタミンCが極めて豊富に含まれています。さらに、地元のズールー文化圏では「結婚の木」と呼ばれ、この木の下で結ばれた男女は生涯を通じて健康を維持し、子宝にも恵まれると信じられています。

マルーラの木についてもっと詳しく知りたい方は、ファラボルワから少し離れた場所にあるアマルーラ・ラパを訪ねてみましょう。アマルーラの起源について学べます。そして、アマルーラ・クリームをお土産に買って帰りましょう。



【旅のヒントと企画情報】

◆問い合わせ先
アマルーラ・ラパ(Amarula Lapa)
Emma Mohomane
電話:+27 15 781 7766

◆おすすめツアー
ファラボルワの町から少し離れた場所にあるアマルーラ・ラパでは、アマルーラ・クリームが無料で試飲できるほか、1〜3月の収穫期にはマルーラの実の加工工程の見学を含めた30分間の工場ツアーが催されています。

◆予算
750ml入りのアマルーラ・クリームは約80ランドで販売されています。

◆食事
アマルーラ・クリームはリキュールとして販売されるほか、様々なリキュール入りチョコレートにも使用されています。

◆イベント
アマルーラ・トラストでは、アマルーラ・ゾウ調査プロジェクト(AERP)やファラボルワの農村部に暮らす子供90人を対象とした初等教育施設であるNhlangasiデイケアセンターの支援に携わっています。また収穫期以外に展開する技術移転プロジェクトでは、油分豊富なマルーラの種子を健康・美容製品へと二次加工する方法を確立することで、マルーラの実で生計を立てる人々が年間を通じて収入を確保できるように取り組んでいます。また雇用創出プロジェクトではアマルーラ・クリームの瓶を装飾する金色の房飾りの製作に従事する東ケープ州出身の女性85人も雇用しています。

◆ご存知ですか?

◆ご存知ですか?

非営利団体のアマルーラ・トラストでは、アマルーラ・ゾウ調査プロジェクトや地域社会の生活レベル向上を支援しています。

南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・南アフリカを象徴するランドマーク テーブルマウンテン ・躍動するケープタウンのロングストリート ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・海面へ恐ろしい顔を現わす!ホホジロザメの「エア・ジョーズ」
ヨハネスブルグ
・ジャカランダが有名な美しい街“プレトリア”の魅力 ・エンターテイメント&レジャーの宝庫 『ヨハネスブルグ』 ・プレトリアで楽しむグルメ体験 ・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう!
クルーガー 国立公園
・ウォーキングサファリで豊かな自然と戯れる ・サビサンド私営動物保護区 ・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ ・喧騒から遥か離れた自然を堪能 クルーガー国立公園のブッシュヴェルド・キャンプ
ムプラマンガ
・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓) ・ブライデ・リバー・キャニオン周辺のアドベンチャー体験を指南してくれるブライデ・キャニオン・アドベンチャー・センター
ダーバン
・南アフリカ最大級のコンテナ貨物港 ダーバン港へ行ってみよう ・地球上で最も壮大な海中スペクタクル!
イワシの大群「サーディンラン」
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ
南アフリカの WOW(ワォ!)
・リンポポ州に暮らす聖なる部族 ヴェンダ族の伝統文化 ・東ケープ州 ホッグスバック 神聖な山脈の麓にある小さなおとぎの街 ・南アフリカのジャズ音楽 ・クワズールー・ナタール州 ネルソン・マンデラ・キャプチャーサイト ・南アフリカ風インド料理