South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

南アフリカを象徴するランドマーク テーブルマウンテン

テーブルマウンテン(Table Mountain)、と言えば南アフリカを代表するランドマークとして国際的にも広く知られていますが、ここには思わず息を呑むほどの絶景や自然との触れ合いが体験できるハイキングコースが数多く存在することを知る人は多くありません。マザーシティーと呼ばれるケープタウンの中心にそびえ立つテーブルマウンテンはトレッキング愛好家の楽園でもあり、新・世界の自然七不思議のひとつとして興味深い事実も数多く存在しています。

ロープウェーで山頂へ登るとケープタウンの景色が一望できるテーブルマウンテンは、湾の近くにそびえ立つ単なる岩山ではありません。ここは自然をこよなく愛する人にとって、遺産とも呼べるほど貴重な自然との出会いを体験できる自然保護区に指定されているのです。

アフリカ大陸の南端に位置するテーブルマウンテン国立公園(Table Mountain National Park)は、北はシグナルヒル(Signal Hill)から南はケープポイント(Cape Point)まで連なる山脈に加え、ケープ半島の海岸線から海にまで広がる一帯までをも含んでいます。この広大な敷地は、ここでしか見ることができない南アフリカ固有種をはじめ、豊かな植物多様性が残されていることからユネスコの世界自然遺産に登録されており、国際的にもその希少性が認められています。

この広大な公園にあるケープポイント(Cape Point)、ペンギンでお馴染みのボルダーズビーチ、カーステンボッシュ国立植物園(Kirstenbosch National Botanical Garden)、シルバーマイン(Silvermine)をはじめとしたほとんどの人気スポットへは、少額の保全料を払うだけで、ほぼ自由にアクセスできます。

1929年に完成したテーブルマウンテンのロ―プウェーは、頂上まで歩いて登るのが大変だったことから、ノルウェー人のエンジニアTrygve Stromsoeがケープタウン市へ提案したもの。開通以来、延べ2,200万人以上をテーブルマウンテンの山頂へ運んでいます。そして1997年10月には新型ロープウェーが導入され、全面改修の後に運行が再開されました。

ロープウェーの頂上駅にはレストランとショップ、そして山頂を散策するための散歩道が設けられています。ここを訪ねる際には忘れずにカメラを用意して、頂上からの風景など、とっておきの写真を記録に収めておきましょう。ハイキングコースは、山のキャンプスベイ(Camps Bay)側に数多く整備されているのに加えて、カーステンボッシュ国立植物園やケープタウンの街の中心からも設けられています。

テーブルマウンテンを冒険家の楽園と呼ぶのは決して誇張ではありません。ここでは散策、山登り、アブセイルなど体力や経験値に応じて様々なアクティビティが用意されています。ただし、山がとてもおとなしく見える日であっても油断は大敵。常に万全の準備と十分な対策を整えておくことを心がけてください。天候の急激な変化に備えて、ハイキングは必ずグループで出かけ、十分な飲料水と暖かい服装を用意しておくこと。また、ガイドを手配するか経験豊富なハイカーに同行してもらえば一層安心してハイキングを満喫できます。

【旅のヒントと企画情報】

◆問い合わせ先
テーブルマウンテン・ロープウェー(Table Mountain Aerial Cableway Company)
Lower Cable Station, Tafelberg Road
電話:+27 21 424 8181

◆アクセス
テーブルマウンテンへは、車、タクシー、バスで簡単に行くことができます。市営の観光バスは、山の麓まで通っています。

◆地域周辺
ライオンズヘッド(Lion's Head)もハイカーの間では人気のスポット。特に満月の夜になると、足下に広がる煌びやかな夜景を見ようと山頂を目指す人が大勢やってきます。

◆交通手段
テーブルマウンテンは保護区になっているので徒歩でしか見て回れません。

◆予算
ロープウェーは往復で大人約205ランド。オンラインでは185ランドで購入できます(夏の繁忙期などは行列に並ばずにすみます)。ハイキングは無料で、頂上から歩いて降りるのが辛くなったら、片道105ランドでロープウェーを利用できます。ロープウェーは天候が悪化すると運休となりますので、歩いて下りる心構えをしておく必要があります。

◆滞在期間
半日から1日。

◆持ち物
山頂は麓よりかなり気温が低いので、暖かいジャケットなどを用意しておきましょう。

◆宿泊施設
ケープタウンには数多くの宿泊施設があります。バックパッカー向けのロッジのダブルルームは1泊/名:約400ランド、4ツ星ホテルは800〜1,200ランドが相場ですが、季節によって変動します。

◆食事
テーブルマウンテンの山頂にはレストランとショップが併設されています。

ご存知ですか?

新・世界の自然七不思議のひとつに数えられているテーブルマウンテンは、南アフリカで最も写真に収められている観光名所と推測されます。テーブルマウンテンは海抜1087mの高さを誇ります。

 

南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・南アフリカを象徴するランドマーク テーブルマウンテン ・躍動するケープタウンのロングストリート ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・海面へ恐ろしい顔を現わす!ホホジロザメの「エア・ジョーズ」
ヨハネスブルグ
・ジャカランダが有名な美しい街“プレトリア”の魅力 ・エンターテイメント&レジャーの宝庫 『ヨハネスブルグ』 ・プレトリアで楽しむグルメ体験 ・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう!
クルーガー 国立公園
・ウォーキングサファリで豊かな自然と戯れる ・サビサンド私営動物保護区 ・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ ・喧騒から遥か離れた自然を堪能 クルーガー国立公園のブッシュヴェルド・キャンプ
ムプラマンガ
・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓) ・ブライデ・リバー・キャニオン周辺のアドベンチャー体験を指南してくれるブライデ・キャニオン・アドベンチャー・センター
ダーバン
・南アフリカ最大級のコンテナ貨物港 ダーバン港へ行ってみよう ・地球上で最も壮大な海中スペクタクル!
イワシの大群「サーディンラン」
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ
南アフリカの WOW(ワォ!)
・リンポポ州に暮らす聖なる部族 ヴェンダ族の伝統文化 ・東ケープ州 ホッグスバック 神聖な山脈の麓にある小さなおとぎの街 ・南アフリカのジャズ音楽 ・クワズールー・ナタール州 ネルソン・マンデラ・キャプチャーサイト ・南アフリカ風インド料理