South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

マンデラ生誕100周年!ルート67でポートエリザベスの豊かな歴史に触れる

ポートエリザベスのルート67(Route 67)は、東ケープ州の人々と文化が奏でる過去と現在の魅力が満載の観光ルートで、南アフリカの元大統領 ネルソン・マンデラの姿を切り取った鉄製のオブジェが立ち並び、67年間におけるマディバ(マンデラの愛称)の偉業を讃えています。

ポートエリザベスの中心部に設けられたルート67は、南アフリカにおける最もエキサイティングかつクリエイティブな都市開発プロジェクトのひとつに数えられています。ルート67に配置されている作品は、ビジュアルアート、都会的デザイン、歴史的遺産を見事に組み合わされたもので、かつて分断されていた社会の統合とアパルトヘイト撤廃後に成し遂げた偉業を世界に伝えています。

ルート67を巡る小旅行は、ドンキン保護区(Donkin Reserve)にあるベルモント・テラス(Belmont Terrace)の古い灯台からスタートします。この灯台には、ネルソン・マンデラ・ベイ・ツーリズム(Nelson Mandela Bay Tourism)が併設されています。周辺には、ビクトリア朝時代の教会、ドンキン・ストリート(Donkin Street)沿いにあるテラス付きコテージ、かつてアルゴア湾(Algoa Bay)へ入港する船舶を誘導していた灯台があり、ポートエリザベスを設立したラフェイン・ドンキン卿が亡き妻への追悼の意を込めて建てた石のピラミッドなどが観光名所になっています。このピラミッドには「この街の名称となった非の打ち所のない素晴らしい人物に捧げる」というメッセージが刻まれています。丘の頂上には世界最大の南アフリカ国旗が掲げられており、この国の民主主義を高らかに宣言しています。

ルート67沿いには古くからの史跡に加えて、より近代的な作品も配置されています。意気揚々と拳を突き上げるネルソン・マンデラの姿が型取られた鉄製のオブジェは、1994年4月27日に実施された南アフリカ初の民主的選挙に際して投票所に向かう南アフリカの人々の列を先導する模様を伝えています。

芝生の向こう側には、船の帆の形をした青い海の色の小屋が並んでいます。テラス付きの家の側には巨大な銀製のパイプで作られたオブジェが置かれ、ポートエリザベス名物の“風”を受けながら印象的な音色を奏でています。エレガントなエドワード・ホテル(Edward Hotel)の向かいには、ステンレススチール製の椅子を持つ女性の彫像が建てられ、これまでにネルソン・マンデラ・ベイの女性達が果たした貢献が表現されています。

ルート67で最も注目すべきものに、ネルソン・マンデラが南アフリカに捧げた67年間を讃える計67点の美術コレクションが挙げられます。これらはピラミッドの麓に巨大なモザイクとして飾られています。

野外に配置された展示作品を辿っていくと、東ケープ州の先住民、入植者、近代の有名スポーツ選手、水車やスプリングボックが描かれたカルー(Karoo)地方の風景、海の様子、さらには現代のロータリー交差点の様子など、東ケープ州の魅力を構成する様々なものに出会えます。そして、南アフリカの歴史を伝えるアートワークが配された色鮮やかな階段を下り、振り返って灯台を見上げてみると、タクシーの乗客や新聞の売り子、ジャズトランペット奏者など、様々な人々の姿で飾られた壁が見えます。

一息つきたくなったら、フェニックス・ホテル(Phoenix Hotel)にお立ち寄りください。1837年に建てられたこの社交場には数多くの収集品や写真、記念品などが所狭しに並べられており、楽しい休憩時間となるでしょう。

ルート67の作品において、新旧の融合は繰り返し見られるテーマで、カーブした鐘楼の壁には2世紀近くにわたる街の遺産が描かれています。道路の向こうではビクトリア女王の像がセトラーズ・ウェイ(Settlers’s Way)と近くのバス停を見下ろし、あたりの壁には21世紀のポートエリザベスの暮らしを映し出すストリートアートが描かれています。

ドンキン保護区から数ブロック先のアテナ神殿(Athenaeum)には、自然の調和を表現した円形モザイクが、それを反射する銀の柱とともに配置されています。自然光が注ぎ込む建物内には東ケープ州出身の才能あふれる職人によるビーズ作品など数多くのアート作品が展示されています。

ルート67は街の歴史遺産、文化、芸術を讃える重要な観光資源として開発されています。歓喜に満ちたマンデラの側に立って、一緒にこぶしを突き上げ、ポートエリザベスとそこで暮らす人々を讃えてみませんか。

【旅のヒントと企画情報】

◆問い合わせ先
ウムザンツィ・アフリカ・ツアーズ(Umzantsi Afrika Tours)
電話:+27 41 379 1629
携帯電話:+27 82 822 4717

◆アクセス
ルート67を構成する作品は、ポートエリザベスの中心部からオイテンハーク(Uitenhage)までの道のりに多数点在しています。詳細についてはネルソン・マンデラ・ベイ・ツーリズムのウェブサイト(https://www.nmbt.co.za)をご確認ください。

◆ベストシーズン
見どころの多くは屋外にあります。ルート67の散策は空が青く晴れ渡る日がおすすめです。

◆地域周辺
アドゥー・エレファント国立公園(Addo Elephant National Park)でのサファリ体験は見逃せません。ポートエリザベスから車で海岸線を走り、ポート・アルフレッド(Port Alfred)まで足を伸ばしてランチを楽しむのもおすすめです。

◆おすすめツアー
ルート67のツアーを専門とする現地の旅行会社のひとつにウムザンツィ・アフリカ・ツアーズ(Umzantsi Afrika Tours)があります。詳しくは◆問い合わせ先をご参照ください。

◆交通手段
ルート67の見どころは、かなり離れた距離に点在しているので、ガイドを手配して案内してもらうのをおすすめします。

◆予算
ガイド費用は一人あたり約450ランドとなります。

◆滞在期間
ルート67の散策を楽しむには半日が必要です。

◆持ち物
カメラ、ビデオカメラをお忘れなく。このルートは写真映えするビジュアルアート作品で溢れています。

◆宿泊施設
ポートエリザベスには素晴らしい宿泊施設が数多く揃っています。詳しくはネルソン・マンデラ・ベイ・ツーリズムのウェブサイト(https://www.nmbt.co.za)をご覧ください。

◆食事
サマーストランド(Summerstrand)周辺にはシーフードレストランが数多くあります。

◆イベント
ネルソン・マンデラ・ベイ・ツーリズムのウェブサイト(https://www.nmbt.co.za)のイベントページで最新情報を確認してください。

ご存知でしたか?

ドンキン保護区はポートエリザベスの「街のバルコニー」とも呼ばれています。

 

南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・南アフリカを象徴するランドマーク テーブルマウンテン ・躍動するケープタウンのロングストリート ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・海面へ恐ろしい顔を現わす!ホホジロザメの「エア・ジョーズ」
ヨハネスブルグ
・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう! ・南アフリカ最大のクラフトビール祭り『SA on Tap』 ・ヨハネスブルグで大人気! カントリー・ショッピングが満喫できるオーガニック・マーケット ・四輪駆動車をレンタルして冒険旅行を楽しもう!
クルーガー 国立公園
・サビサンド私営動物保護区 ・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ ・喧騒から遥か離れた自然を堪能 クルーガー国立公園のブッシュヴェルド・キャンプ ・ブッシュスパ
ムプラマンガ
・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓) ・ブライデ・リバー・キャニオン周辺のアドベンチャー体験を指南してくれるブライデ・キャニオン・アドベンチャー・センター
ダーバン
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ ・ラグビーと南アフリカ ・出発進行!南アフリカで体験できる蒸気機関車の旅
南アフリカの WOW(ワォ!)
・マンデラ生誕100周年!ルート67でポートエリザベスの豊かな歴史に触れる ・タウンシップツアーに出かけよう! ソウェトのオーランドタワーズ ・レセディ文化村&アフリカンロッジで 南アフリカの文化に触れてみよう ・ワインの街、ステレンボッシュとフランシュフック ・ペンギンに出会えるボルダーズビーチ