South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

ビールの博物館「SABワールド・オブ・ビア」

写真提供:
© South African Breweries Limited

ヨハネスブルグの文化・流行発信地として注目されるニュータウン地区にある「SABワールド・オブ・ビア」は、南アフリカ醸造社(SAB: South African Breweries)が所有・運営するビール博物館とも言える施設。ここではとても興味深いビール醸造にまつわる歴史を垣間見ることができます。

「SABワールド・オブ・ビア」の人気アトラクションは、ビールの歴史に関する3D映画。大型スクリーンに浮かびあがるホログラムの立体映像が、臨場感あふれるサラウンド音響とともに南アフリカ人が大好きなビールを物語風に紹介してくれます。

「SABワールド・オブ・ビア」では約90分におよぶ施設内のツアーが用意されており、冒頭では世界的に有名な南アフリカのビール、キャッスル・ラガーを世に送り出した醸造マスターで、今日のSABの繁栄の基盤を築いた人物として知られるチャールズ・グラス氏が訪問者を暖かく迎えてくれます。

これに続いて訪問者は、多彩なエンターテイメントの要素が巧みに盛り込まれた施設内で、ビールに関する興味深い展示を見学。エジプト・メソポタミア文明の時代に残されたビール醸造の最古の痕跡から、ゴールドラッシュの到来とともにホンキートンクの音楽で賑わったヨハネスブルグのビアホールに至るまでの歴史の変遷をご覧いただきます。

またツアーに際して訪問者はアフリカ流のビール製造にまつわる秘訣を学ぶとともに、モロコシを原料とした伝統的なビールも試飲。そして著名な醸造家としてその名を世界に馳せたジョセフ・グロール氏が良質な麦芽と豊富な地下水に恵まれたボヘミアの地でいかにして世界初のピルスナー・ビールの製造に成功したかを学ぶとともに、シェビーンと称される典型的なタウンシップの居酒屋の雰囲気も体験。さらに敷地内のグリーンハウスではビールの原料となる植物についての知識を深めていきます。そして最後は実際のビール醸造の過程を順番に辿り、タップルームで2杯の冷たいビールをお飲みいただきます。

ヨハネスブルグを訪問の折にはニュータウン地区の散策を兼ねて、「SABワールド・オブ・ビア」にお立ち寄りください。ビール愛飲家ならずともきっとお楽しみいただけます。

ご存知でしたか?

ウムコンボチ(Umqombothi)はモロコシを原料として造られたアフリカの伝統的ビールとして人気を集めています。

南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・南アフリカを象徴するランドマーク テーブルマウンテン ・躍動するケープタウンのロングストリート ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・海面へ恐ろしい顔を現わす!ホホジロザメの「エア・ジョーズ」
ヨハネスブルグ
・エンターテイメント&レジャーの宝庫 『ヨハネスブルグ』 ・プレトリアで楽しむグルメ体験 ・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう! ・南アフリカ最大のクラフトビール祭り『SA on Tap』
クルーガー 国立公園
・ウォーキングサファリで豊かな自然と戯れる ・サビサンド私営動物保護区 ・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ ・喧騒から遥か離れた自然を堪能 クルーガー国立公園のブッシュヴェルド・キャンプ
ムプラマンガ
・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓) ・ブライデ・リバー・キャニオン周辺のアドベンチャー体験を指南してくれるブライデ・キャニオン・アドベンチャー・センター
ダーバン
・南アフリカ最大級のコンテナ貨物港 ダーバン港へ行ってみよう ・地球上で最も壮大な海中スペクタクル!
イワシの大群「サーディンラン」
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ
南アフリカの WOW(ワォ!)
・クワズールー・ナタール州 ネルソン・マンデラ・キャプチャーサイト ・南アフリカ風インド料理 ・ネルソン・マンデラ生誕100周年
7月18日はネルソン・マンデラ国際デー
・南アフリカを代表する温泉リゾート リンポポ州のベラベラ ・ソウェトが放つ躍動的なタウンシップの魅力に迫る