South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

ルイボスティーの故郷を訪ねる

© Elandsberg Eco Tourism

西ケープ州のウェストコーストに広がるセダーバーグ地方でしか体験できないツアーで、南アフリカ特産のルイボスティーの魅力に触れてみてはいかがでしょう。この地域で最大の農園を拠点とするツアー会社で宿泊施設も備えているエランズバーグ・エコツーリズムでは、広大な農園の敷地内を車で一時間ほど案内する「ルイボスティー・サファリ」ツアーを提供しています。

エランズバーグ・エコツーリズムの共同オーナーでウェストコースト出身のクリス&アネッタ・デュプレシ夫妻は、セダーバーグ地方の固有植物の生態系や文化遺産、自然景観、料理に魅せられ「ルイボスティー・サファリ」を通じて、その魅力の一端を世界各国からの参加者に紹介しています。
「ルイボスティー・サファリ」にはルイボスティー農園ツアーとフィンボスツアーという2種類のコースが用意されており、どちらか一方、または両方を組み合わせて体験することができます。ルイボスはクランウィリアム・セダーバーグ地区特有のフィンボスの一種で、ケープ地方に生息するフィンボス系の植物群に興味のある方にとって、2種類のツアーはとても貴重な体験となるに違いありません。
ツアーが催行されるグロンコル・ルイボスティー・エステートでは、ルイボスの苗木が成長する様子からパッケージ梱包、商品マーケティングに至るまでの全てのプロセスに触れることができます。さらにツアーではルイボスティーの生産が地域経済にもたらす利益、地球温暖化が希少植物の収穫に与える影響などに関するディスカッションも催されます。
フィンボスツアーの所要時間は約1時間半ほどですが季節によって多少前後します。デュプレシ夫妻による説明は堅苦しいものではなく、セダーバーグ地方のフィンボスが夏の暑さと乾燥に適応していかに生き残っているのか、どのように授粉しているのか、昆虫や病気からどうやって身を守っているのかなどを熱心に解説してくれます。
またツアー参加者はケープ植物区系保護地域の生態系において重要な役割を果たしている農園の一画の美しい岩層にも案内されます。そしてツアー終了後には、特別なフレーバーが香るルイボスティーを試飲。各種ルイボスティーが販売されているショップでのお買い物も楽しめます。

ご存知でしたか?

エランズバーグ・エコツーリズムが提供する宿泊施設は身体障害者向けに特別な設計デザインが施されています。

南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・南アフリカを象徴するランドマーク テーブルマウンテン ・躍動するケープタウンのロングストリート ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・海面へ恐ろしい顔を現わす!ホホジロザメの「エア・ジョーズ」
ヨハネスブルグ
・エンターテイメント&レジャーの宝庫 『ヨハネスブルグ』 ・プレトリアで楽しむグルメ体験 ・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう! ・南アフリカ最大のクラフトビール祭り『SA on Tap』
クルーガー 国立公園
・ウォーキングサファリで豊かな自然と戯れる ・サビサンド私営動物保護区 ・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ ・喧騒から遥か離れた自然を堪能 クルーガー国立公園のブッシュヴェルド・キャンプ
ムプラマンガ
・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓) ・ブライデ・リバー・キャニオン周辺のアドベンチャー体験を指南してくれるブライデ・キャニオン・アドベンチャー・センター
ダーバン
・南アフリカ最大級のコンテナ貨物港 ダーバン港へ行ってみよう ・地球上で最も壮大な海中スペクタクル!
イワシの大群「サーディンラン」
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ
南アフリカの WOW(ワォ!)
・東ケープ州 ホッグスバック 神聖な山脈の麓にある小さなおとぎの街 ・南アフリカのジャズ音楽 ・クワズールー・ナタール州 ネルソン・マンデラ・キャプチャーサイト ・南アフリカ風インド料理 ・ネルソン・マンデラ生誕100周年
7月18日はネルソン・マンデラ国際デー