South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

日本の伝統技術を採り入れた ズールー・ルルの陶磁器

お土産にも大人気のドラミニ人形
© Zulu-lulu

クワズールー・ナタール州・ミッドランドにあるズールー・ルル・セラミックアート工房は、地元出身の芸術家が放つ才能と彼らへの支援、セラミック・アーティストであるトレーシー・トンプキンスのビジョンによって創業されました。ここにいる陶芸家は日本で生まれた「楽焼」の技術を採り入れながら、様々な陶磁器を製造しています。

ズールー・ルルのトレーシー・トンプキンスは才能溢れる地元アーティストらととともに、実用品から装飾品まで幅広いラインナップのユニークな陶磁器を世に送り出しています。トンプキンスは南アフリカならではの色合いと多様性に富んだ文化が彼女のインスピレーションの源であるとした上で「才能ある芸術家の卵たちに自分の技術と才能を継承し、アーティストとして生計を立てていく機会を提供することが私の使命です」とズールー・ルルのウェブサイトで語っています。

工房から生まれたサクセスストーリーのひとつに数えられるティム・ドラミニは、トンプキンスの支援も手伝って「ドラミニ」と名付けた小さな陶器の人形を創作。個性豊かな表情を備えた人形たちは、本や籠、果物、水などを頭上に乗せて運ぶ南アフリカの女性をモチーフとしたもので、コーポレートギフトや個人のコレクターアイテムとして大ブレーク。需要の高まりに応えるため、今では7人の仲間とともに制作にあたっています。

トンプキンスは手とへらだけで成形する「手捏ね」と呼ばれる手間隙のかかる手法による陶磁器作りを15年以上続けており、ドラミニや他の仲間たちとともに日本の伝統技術「楽焼」で低温焼成の軟質陶器を制作。「楽焼」による作品には、ろくろを用いて作られた陶器では見られない、独特の光沢とひびが備わります。

ビジネスの拡大に大きく貢献するドラミニ人形に加えて、ズールー・ルルのアーティストはオーダメイドによる実用的な台所用品や可愛らしい日用雑貨の制作にも取り組んでいます。チーズボードやディップ用の器、水差し、容器各種、タパス用器、ワインクーラーなどその種類は80以上にものぼっており、彼らのイマジネーションはとどまることを知りません。

またトンプキンスは人気の高い手コイル状の容器や自身の名を冠した一点物の彫像作品などの創作にも取り組んでいます。

ご存知でしたか?

スールー・ルルのドラミニ人形は南アフリカ航空、アブサ銀行、ビジネストラスト、エイビスといった大企業が催す表彰式の記念品としても採用されています。

南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・躍動するケープタウンのロングストリート ・海面へ恐ろしい顔を現わす!ホホジロザメの「エア・ジョーズ」 ・日本からのツアー催行! ケープタウンサイクルツアー2017
ヨハネスブルグ
・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう! ・南アフリカ最大のクラフトビール祭り『SA on Tap』 ・ヨハネスブルグで大人気! カントリー・ショッピングが満喫できるオーガニック・マーケット ・四輪駆動車をレンタルして冒険旅行を楽しもう!
クルーガー 国立公園
・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ ・喧騒から遥か離れた自然を堪能 クルーガー国立公園のブッシュヴェルド・キャンプ ・ブッシュスパ ・双眼鏡なしで楽しめる リトルファイブ・サファリ
ムプラマンガ
・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓) ・ブライデ・リバー・キャニオン周辺のアドベンチャー体験を指南してくれるブライデ・キャニオン・アドベンチャー・センター
ダーバン
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ ・ラグビーと南アフリカ ・出発進行!南アフリカで体験できる蒸気機関車の旅
南アフリカの WOW(ワォ!)
・ワインの街、ステレンボッシュとフランシュフック ・ペンギンに出会えるボルダーズビーチ ・世界最高峰のサーフィンスポット ジェフリーズベイ ・息をのむ絶景・デイシーの花畑が圧巻「ナマクワ国立公園」 ・二つの国にまたがる唯一の砂漠のサファリ『ハラハーディ・トランスフロンティア・パーク』