South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

ハウテン州の中心部で野生動物に会える?!ディノケン・ゲームリザーブ

南アフリカの大都市、ヨハネスブルグやプレトリアで観光、そしてショッピングを楽しむ。ふと「そういえば、みんなが話している、有名な南アフリカの野生動物はどこで見るんだろう?」と疑問に思う。その答えは、“ディノケン・ゲーム・リザーブ”です。

ディノケン・ゲームリザーブは、都市部のすぐ横でビッグファイブが自由に歩きまわることの出来る野生動物保護区です。ヨハネスブルグで飛行機から降りて、1時間もしないうちに南アフリカでサファリに行けるということです。当初この場所には、ビッグファイブの内、ライオン、ヒョウ、サイ、ゾウの4種が生息していました。2011年9月22日にオープンした後、2012年にバッファローが加わり、正式にビッグファイブを見ていただける動物保護区となりました。

ディノケン・ゲームリザーブは、民間と国のパートナーシップで出来た動物保護区で、地元の土地所有者たちが南アフリカ政府に協力して土地を譲渡することで今日に至りました。このことから、宿泊施設のいくつかは「ファームステイ」と表現されています。“ディノケン”とは「二つの川がある場所」という意味です。動物保護区になってから、100年以上ぶりにライオンとゾウがこの地域を自由に歩きまわれるようになりました。

ゲーム・ドライブが初めての方には、ガイド付きのツアーがお勧めですが、自分の運転で行きたい方のためのセルフドライブ用ルートもいくつかあります。こちらは予約が必要になります。また、日中と夕方のゲーム・ドライブのほか、サンセット・ボートクルーズ、ガイド付きのブッシュウォーク、ブッシュランチ、ピクニック、フィッシングなどがお楽しみいただけます。

【旅のヒントと企画情報】
◆問い合わせ先
DGRインフォメーションオフィスと予約センター
Eメール: reception@dinokengreserve.co.za
電話: +27(12) 711 4391

◆行き方
O.R.タンボ国際空港からR21を1.5km下り、R21からN1とR734に入ります。N1を183番出口で出て下さい。

◆地域周辺
プレトリアとヨハネスブルグの街がとても近くにあります。

◆おすすめツアー
ボートクルーズ、セルフドライブのサファリツアー、ガイド付きゲーム・ドライブ、カルチュラルツアー、フィッシング、スパ・トリートメント

◆滞在期間
一週間程

◆持ち物

夏には快適な服装と、冬の夜には暖かいジャケットが必要になります。季節にかかわらず、サングラスや日焼け止め、帽子は必要です。

南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・南アフリカを象徴するランドマーク テーブルマウンテン ・躍動するケープタウンのロングストリート ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・海面へ恐ろしい顔を現わす!ホホジロザメの「エア・ジョーズ」
ヨハネスブルグ
・エンターテイメント&レジャーの宝庫 『ヨハネスブルグ』 ・プレトリアで楽しむグルメ体験 ・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう! ・南アフリカ最大のクラフトビール祭り『SA on Tap』
クルーガー 国立公園
・ウォーキングサファリで豊かな自然と戯れる ・サビサンド私営動物保護区 ・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ ・喧騒から遥か離れた自然を堪能 クルーガー国立公園のブッシュヴェルド・キャンプ
ムプラマンガ
・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓) ・ブライデ・リバー・キャニオン周辺のアドベンチャー体験を指南してくれるブライデ・キャニオン・アドベンチャー・センター
ダーバン
・南アフリカ最大級のコンテナ貨物港 ダーバン港へ行ってみよう ・地球上で最も壮大な海中スペクタクル!
イワシの大群「サーディンラン」
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ
南アフリカの WOW(ワォ!)
・東ケープ州 ホッグスバック 神聖な山脈の麓にある小さなおとぎの街 ・南アフリカのジャズ音楽 ・クワズールー・ナタール州 ネルソン・マンデラ・キャプチャーサイト ・南アフリカ風インド料理 ・ネルソン・マンデラ生誕100周年
7月18日はネルソン・マンデラ国際デー