South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

古代の祖先の足跡を歩く 人類のゆりかご(世界遺産)

人類のゆりかごは、南アフリカにある8つの世界遺産の一つです。
ここには、人類の進化研究に豊富な化石をもたらした、石灰岩の地下洞窟の穴が点在しています。これらの発見は、人類の祖先のほとんどが一つの場所から発生していると推定する「アウト・オブ・アフリカ」理論へと導きました。

人類のゆりかご世界遺産指定地はヨハネスブルグの北西約50kmの位置にあり、世界中から何万人もの訪問者たちが、地下に広がる石灰岩洞窟にある人類化石を見るために訪れます。人類のゆりかごで、人骨の化石を単に見学するというよりは、人類発祥の歴史を垣間見ることができます。

スタークフォンテーン洞窟、スワートクランス、クロムドライなど、多くの人類化石遺跡を探検し、200万年から300万年前に人類の祖先が進化していた頃の世界がどのようであったかを発見してみてください。

スタークフォンテーン洞窟だけでも、500以上のヒト科 (ヒト科属には現代の人類とその祖先たちが含まれます) の遺骸が発見されています。この発見により、この地域は世界遺産指定地宣言されました。化石が最初に出土したのは1890年代。ダイアモンドの抽出に必要な石灰岩を採掘するために地表を爆発したところ洞窟が現れました。しかし、本格的な調査が始まったのは、かなり後の1930年代。1937年に初めて、大人のアウストラロピテクスの化石の一部が、続いて1947年にロバート・ブルーム教授とジョン・ロビンソン助手により、260万年ほど前の成人女性の頭蓋骨、“ミセス・プレス” (アウストラロピテクス・アフリカヌス)が発掘されました。当初この頭蓋骨は、別種のプレジアントロプス・トランスヴァーレンシス (名前の由来となった種名) とされ、“タウング・チャイルド”と同種の大人であると分類されました。“タウング・チャイルド”は、現在のノースウエスト州にあるタウング石灰岩採石場で発見され、1924年にレイモンド・ダート教授によって断定されたおよそ3歳の子供の頭蓋骨の化石です。その後の研究結果により、“ミセス・プレス”は、現代人と比べてかなり小さいのですが類人猿の特徴がみられず、直立して歩いていたなど、むしろ人類に近い特徴がみられたことで、私たちの初期の祖先の一種とみなされているアウストラロピテクス・アフリカヌスと分類し直されました。

1997年には、やはりスタークフォンテーン洞窟で“リトル・フット”と呼ばれる人類の完全な骨格が発見され、世界に公表されました。この骨格は現在も調査されています。

2005年には、2つの地域;マカパン (リンポポ州) とタウング (ノースウエスト州)がこの世界遺産指定地に加えられ、人類のゆりかご (遺跡) の公式化石発掘場所は13ヶ所となりました。現在、これらの全地域は、スタークフォンテーン、スワートクランス、クロムドライの人類化石遺跡群および周辺地域遺跡群として知られ、人類の進化に関する研究への重要性がユネスコから認められています。

人類の古代史を探求することに興味がある方には、スタークフォンテーン洞窟とマロペンに、展示センターがあります。スタークフォンテーン洞窟とマロペン以外にも、地元の人々には「ザ・クラドル (ゆりかご)」として知られている、人類のゆりかご (遺跡) の公式ビジターセンターもあります。ここには様々な施設と、多種多様の宿泊設備、レストラン、コーヒー・ショップ、会議場、サイクリング用トラック、乗馬トレイル、そして熱気球を含むアクティビティもあり、ハウテン州の地元の人々にも人気スポットとなっています。

【旅のヒントと企画情報】
◆問い合わせ先
Maropeng Visitor Centre(マロペン・ビジターセンター)
電話: +27 (0)14 577 9000
Eメール: info@maropeng.co.za

◆行き方
R563道路を出たところにありますが、マロペンのウェブサイトから地図をダウンロードすることをお勧めします。

◆ベストシーズン:一年中

◆地域周辺
人類のゆりかご (遺跡) 周辺には、熱気球、乗馬トレイル、レストランなどを含む、多くのアウトドア施設とアクティビティが用意されています。

◆おすすめツアー
入場料金にはスタークフォンテーン洞窟のツアーも含まれており、ツアーにかかる時間はは約1時間。出発時間は1時間ごと。
マロペンでは人類のゆりかご (遺跡) への特別なウォーキング・ツアーが開催されることもあり、一般には公開されていない場所へも行くことができます。この特別ツアーの予定については、マロペンのウェブサイトで確認してください。

◆予算
マロペンとスタークフォンテーンのセット訪問チケットの料金は、大人:R215、子供 (4歳から14歳) :R130で、4歳未満のお子様は無料です。チケットの購入は午後1時まで。

◆滞在期間
スタークフォンテーン洞窟とマロペンの両方に行く場合は、一日かかります。見学時間を短縮したり、1ヶ所のみの見学であれば、午前中のみに詰め込むことも可能ですが、時間をかけてゆっくり見学されることをお勧めします。

◆持ち物
歩きやすい靴と、夏には日焼け止めが必要。

◆宿泊施設
Maropeng Hotel(マロペン・ホテル)
電話: +27 (0)14 577 9100

◆食事
マロペンおよびスタークフォンテーン洞窟には、軽食を提供する食堂があります。マロペンにはマガリースバーグを見渡す素晴らしいレストラン、テュムラス・レストランもあります。

◆イベント情報

人類のゆりかご (遺跡) は、熱気球のようなアウトドア・アクティビティでも人気の場所。

南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・南アフリカを象徴するランドマーク テーブルマウンテン ・躍動するケープタウンのロングストリート ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・海面へ恐ろしい顔を現わす!ホホジロザメの「エア・ジョーズ」
ヨハネスブルグ
・エンターテイメント&レジャーの宝庫 『ヨハネスブルグ』 ・プレトリアで楽しむグルメ体験 ・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう! ・南アフリカ最大のクラフトビール祭り『SA on Tap』
クルーガー 国立公園
・ウォーキングサファリで豊かな自然と戯れる ・サビサンド私営動物保護区 ・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ ・喧騒から遥か離れた自然を堪能 クルーガー国立公園のブッシュヴェルド・キャンプ
ムプラマンガ
・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓) ・ブライデ・リバー・キャニオン周辺のアドベンチャー体験を指南してくれるブライデ・キャニオン・アドベンチャー・センター
ダーバン
・南アフリカ最大級のコンテナ貨物港 ダーバン港へ行ってみよう ・地球上で最も壮大な海中スペクタクル!
イワシの大群「サーディンラン」
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ
南アフリカの WOW(ワォ!)
・ソウェトが放つ躍動的なタウンシップの魅力に迫る ・南アフリカの文化・遺産
“人類発祥の地”から“世界に影響をおよぼした英雄の物語”まで
・辺り一面をピンクに染める フラミンゴの大群 in キンバリー ・クワズールー・ナタール州の真珠 オイスターボックスホテル ・マルーラの木が生み出す魔法の産物 アマルーラ・クリーム