South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

クラレンスで体験するアクティブ・アドベンチャー リバーラフティング&ハイキング

スリル満点のホワイトウォーター・ラフティング:
フリーステート州のクラレンスあるクラレンス・エクストリーム社(2005年設立)は、様々なリバーラフティング・サービスを提供しています。オーナーのオリー・エスプリン (Ollie Esplin) 氏は、「ホワイトウォーター・ラフティングは非常に難しいと思われがちですが、それぞれの人のレベルにあったラフティングがあるので、全く心配ありません。また、ラフティングの経験が無い方でもできますし、特別な体力も必要とされていません」と気軽に楽しめるアドベンチャーとしてリバーラフティングを紹介。さらに、「アッシュリバーは、出来たばかりの川なので川幅が細く、流れが常にボートを押してくれるので、6人から8人乗りのボートも操縦しやすくなっています」。とエスプリン氏は安心感もアピールしています。

アッシュリバーでのホワイトウォーター・ラフティングは、18kmの川下りに一日 (9kmオプションの場合には半日) かかります。この川には、カーウォッシュ(Car Wash)、フィッシュポンド(Fish Pond)、そして川が90度曲がる場所に、突然滝が現れてびっくりすることから名前がついたビッグサプライズ(Big Surprise)と呼ばれる急流など、グレード3と4のスポットがあります。クラレンス・エクストリーム社では、お子様連れのご家族対象に安心サービスを提供しています。10歳未満のお子様は、川の穏やかな部分でお子様をボートに乗せ、急流箇所はボートを降ります。徒歩または車で次のスポットに行ってからまたボートに乗ることができます。冬 (5月から8月) のラフティングは、水がかなり冷たくなることから、ホッキョクグマ・チャレンジ (Polar Bear Challenge) と呼ばれていますが、保温用のウェットスーツが支給されるので安心です。

壮大な山岳ハイキング:
クラレンスでは、川のほかに山岳地帯でのアドベンチャーを楽しむことができます。近くには、黄金に輝く断崖とヒゲワシが見どころのゴールデンゲート・ハイランズ国立公園があります。隣国ソレトとの国境に接して広がるこの公園は、フリーステート州の代表的な観光スポット。洞窟や渓谷も点在する園内には数種類のハイキングコースがあり、家族連れに人気があります。ここでは山岳地形を探検し、壮大なハイキングが楽しめます。

また、ブランワグ・バトレス(Brandwag Buttress)や園内で最も高い場所にあるリボックコップ(Ribokkop)でのハイキングも満喫できます。さらにアドベンチャーを味わいたい方は、リーボック・ハイキングトレイル(Rhebok Hiking Trail)で、荒野で一夜を過ごす一泊二日のハイキングにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

クラレンスでの滞在では、乗馬体験、マウンテンバイク、そして野生動物を見るゲームドライブなども体験していただけます。公園内の素晴らしいパノラマをゆっくり眺めて堪能してください。

【旅のヒントと企画情報】
◆問い合わせ先
クラレンス・エクストリーム (Clarens Xtreme)
電話: +27 (0)58 256 1260
携帯: +27 (0)82 563 6242
Eメール: ollie@clarensxtreme.co.za

アウトレイジャス・アドベンチャーズ (Outrageous Adventures)
携帯: +27 (0)83 485 9654
Eメール: kallie@outrageousadventures.co.za

◆行き方
クラレンスは、ヨハネスブルグから約300kmのフリーステート州東部にあります。
ブルームフォンテーンから車で約3時間。

◆ベストシーズン
一年中ですが、冬には川が非常に冷たくなることをお忘れなく。このことから、冬のラフティングはホッキョクグマ・チャレンジ (Polar Bear Challenge) と呼ばれ、ウェットスーツを着用します。

◆地域周辺
ハイキング、乗馬、ゴルフ、テニス、マウンテンバイク、そして近くにあるゴールデンゲート・ハイランズ国立公園。また、「パラグライディング、ジップ・ライニング、アブセイリング、アーチェリー、ペイント・ボールを楽しむこともでき、サンゴマ (アフリカの伝統的な祈祷師) にも会える「ファーティリティ・ケーブ」の一日ツアーに参加することもできます。

◆予算
アクティビティによって費用は様々ですが、スナックとランチを含む終日のツアーは、一人当たり約R900。

◆滞在期間
少なくても、クラレンスで2日間は必要。

◆持ち物
アウトドア・アドベンチャー用の衣類。寒暖の差が激しいため、夏であっても暖かい服が必要。特に冬 (5月から8月) には暖かい肌着をお忘れなく。

◆宿泊施設
クラレンスには、数多くのB&B、ゲストハウス、ゲストファーム、そしてホテルがあります。ラフティング・サービス会社の中には、高級なものからキャンプまでの様々な宿泊施設も所有しているところがあります。

◆食事
たくさんのレストランがあるので、ご心配なく。

◆おすすめツアー

クラレンスまではレンタカーもしくはマイカーでの移動がおすすめです。
ツアーに参加し、ラフティング・サービス会社から、利用できるシャトルとパッケージの情報を入手することも可能。

南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・南アフリカを象徴するランドマーク テーブルマウンテン ・躍動するケープタウンのロングストリート ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・海面へ恐ろしい顔を現わす!ホホジロザメの「エア・ジョーズ」
ヨハネスブルグ
・ジャカランダが有名な美しい街“プレトリア”の魅力 ・エンターテイメント&レジャーの宝庫 『ヨハネスブルグ』 ・プレトリアで楽しむグルメ体験 ・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう!
クルーガー 国立公園
・ウォーキングサファリで豊かな自然と戯れる ・サビサンド私営動物保護区 ・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ ・喧騒から遥か離れた自然を堪能 クルーガー国立公園のブッシュヴェルド・キャンプ
ムプラマンガ
・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓) ・ブライデ・リバー・キャニオン周辺のアドベンチャー体験を指南してくれるブライデ・キャニオン・アドベンチャー・センター
ダーバン
・南アフリカ最大級のコンテナ貨物港 ダーバン港へ行ってみよう ・地球上で最も壮大な海中スペクタクル!
イワシの大群「サーディンラン」
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ
南アフリカの WOW(ワォ!)
・リンポポ州に暮らす聖なる部族 ヴェンダ族の伝統文化 ・東ケープ州 ホッグスバック 神聖な山脈の麓にある小さなおとぎの街 ・南アフリカのジャズ音楽 ・クワズールー・ナタール州 ネルソン・マンデラ・キャプチャーサイト ・南アフリカ風インド料理