South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

NEW

海面へ恐ろしい顔を現わす!ホホジロザメの「エア・ジョーズ」

© Image courtesy Mike Davison

獲物を捕らえる際に、水面にどう猛な姿を現わすホホジロザメは、ケープタウンの南東に位置するファルス湾沖のシールアイランド付近でしかほとんど観察することができません。この圧巻の自然現象と出会えるベストシーズンは、ケープオットセイの赤ちゃんが数多く生息する4月中旬から9月中旬となります。

ファルス湾では、ボートによる「エア・ジョーズ」体験ツアーが催されており、運が良ければ、体長3.0〜3.8メートルものサメが獲物を捕獲する際に、海の中から水面へ跳ね出る瞬間「エア・ジョーズ」を見ることができます。まるで食前の空中体操のようなこの海面ジャンプですが、「餌」となるのはケープオットセイの赤ちゃん。岸から5㎞ほどの沖合に浮かぶシールアイランドには6万頭以上のオットセイが生息しています。冬の時期は、南半球では魚の数が減ることから、ホホジロザメにとってオットセイの赤ちゃんが食事の対象として狙われるのです。サメにとってシールアイランドは「食べ放題ビュッフェ」以上に魅力的で、高さ25メートルから険しく切り立った島の岩壁は、サメが攻撃を仕掛ける際に絶好の発射台となります。サメは海底と区別しにくい腹部の白と背部のグレーから成る彩色でカムフラージュしながら、40㎞を上回る速度で水面に向かってロケットの弾道のように泳ぎます。そしてフィニッシュは、海面から高さ2〜3メートルほど飛び跳ねての宙返り。そんな激しいサメの攻撃ですが成功率は50%程度で、水中での驚異的な機敏さを活かしてオットセイはサメの襲撃から逃れるのです。

海中から水面へと恐ろしい姿を現わすホホジロザメを撮らえた映画「ジョーズ」は、世界中で大ヒットとなり、映画の公開から30年以上が経過した今でも、あの迫りくる音楽とホホジロザメの映像は怖いですよね。「エア・ジョーズ」体験ツアーで、人間がサメに襲われることはありませんが、映画さながらの迫力あるシーンを目撃したい方は、体験ツアーに参加してみてはいかがでしょうか。

ご存知でしたか?

数年ほど前に、サメの観察ツアーを催していた旅行会社スタッフが、サメは鼻を触られると動けなくなることを偶然に発見しました。

 

南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・躍動するケープタウンのロングストリート ・海面へ恐ろしい顔を現わす!ホホジロザメの「エア・ジョーズ」 ・日本からのツアー催行! ケープタウンサイクルツアー2017 ・世界が称賛するケープタウンの美しいビーチ
ヨハネスブルグ
・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう! ・南アフリカ最大のクラフトビール祭り『SA on Tap』 ・ヨハネスブルグで大人気! カントリー・ショッピングが満喫できるオーガニック・マーケット ・四輪駆動車をレンタルして冒険旅行を楽しもう!
クルーガー 国立公園
・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ ・喧騒から遥か離れた自然を堪能 クルーガー国立公園のブッシュヴェルド・キャンプ ・ブッシュスパ ・双眼鏡なしで楽しめる リトルファイブ・サファリ
ムプラマンガ
・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓) ・ブライデ・リバー・キャニオン周辺のアドベンチャー体験を指南してくれるブライデ・キャニオン・アドベンチャー・センター
ダーバン
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ ・ラグビーと南アフリカ ・出発進行!南アフリカで体験できる蒸気機関車の旅
南アフリカの WOW(ワォ!)
・息をのむ絶景・デイシーの花畑が圧巻「ナマクワ国立公園」 ・二つの国にまたがる唯一の砂漠のサファリ『ハラハーディ・トランスフロンティア・パーク』 ・古代史の中をハイキング、マハリスバーグ山脈 ・百聞は一見にしかずパノラマルート ・お花の海で泳いでるみたい?ナマクワ国立公園