South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

ゾウ好きにはたまらない『アドゥー・エレファント国立公園』

アドゥー・エレファント国立公園は1931年に設立され、当時その地域に生存していた11頭のゾウの保護を開始しました。今日では世界的に有名なゾウの保護区になり、ゾウの数も600頭を超えるまでに増えました。アフリカで、最もゾウの生息密度が高い場所の一つであることは明らかです。わずか2,500haから始まったこの国立公園は、今では180,000haの規模を有し、北はカルー地方のダーリントン・ダムから、南のジールバーグ山脈、そして有名なセントクロワ諸島とバード諸島のある沿岸にまで広がっています。

アドゥー・エレファント国立公園には、バッファロー、ライオン、ヒョウ、そしてサイなどの陸上の動物と、ホオジロザメやセミクジラなどの海洋生物が生息しています。つまり、アドゥー・エレファント国立公園はビッグ・セブンの全てを見ることの出来る、世界有数の場所なのです!他にも、樹齢1000年のソテツ、パステルカラーのプロテアに覆われた丘陵、光をも通さないほど深い原生の雑木林、見た目に奇妙なとげのあるヌールスフェルト、そしてアンテロープが草を食べる広大な平野もあります。

2003年には、クドゥ、レッド・ハートビースト、エランドを含むアンテロープ種の数を制御するために、ライオンとハイエナの数が増やされました。珍しいフライトレス・ダング・ビートル (飛べないフンコロガシ) も生息しています。いつもゾウのフンを完全な球状に丸めている、このユニークな生物に害を加えないようにと、訪問者への警告標識が公園中にあります。

公園の海洋地域にはセントクロイ島、ブレントン島、ジャアリール島があり、膨大な数の鳥類が生息しています。セントクロイ島は、世界最大のアフリカペンギンの繁殖コロニーでもあります。ヨチヨチと歩くこれらの鳥は絶滅の危機に瀕しており、残念なことにこの湾でも過去7年間で70%減少しています。最高で60,000羽が生息していたこのコロニーも今では22,000羽に減っており、この数が全世界総数の約半分となっています。

バード島ではアフリカペンギンも繁殖していますが、この島に生息する主要種はケープシロカツオドリです。この島にはおよそ250,000羽の鳥が生息しており、バード島という呼び名の由来にもなっています。また、地球上最大のカツオドリ繁殖地でもあります。バード諸島にはブラック・ロックスという名の小さな島もあり、ここには6,000頭の南アフリカ・オットセイ (ケープ・オットセイ) が生息しています。冬には珍しいベニアジサシがバード島に繁殖しにやって来ます。シベリア・ファルコンは近くにある海岸の砂丘で繁殖し、オニアジサシとキョクアジサシは長距離飛行の途中にこの島に立ち寄ります。ここはまさに動物の宝庫となっており大自然が残っています。1488年からケープを周った初期のポルトガルの探検隊たちが食糧などの供給地として利用していた為、豊かな文化と自然の歴史もあります。アドゥー・エレファント国立公園は、様々な宿泊施設と4x4、乗馬、ハイキングを含むアドベンチャー・アクティビティを旅行者に提供しています。

【旅のヒントと企画情報】
◆問い合わせ先
SANパークス (SANParks) 予約センター
電話: +27 (0)12 428 9111

アドゥー・エレファント国立公園レセプション
電話: +27 (0)42 233 8600

◆行き方
公園の正門はポートエリザベスから車で約1時間の場所にあり、陸路や空路で簡単にアクセスできます。街からはN2高速道路でグラハムスタウンに向かい、アドゥー・エレファント国立公園出口で降ります。

◆ベストシーズン
年中訪れることが出来ます。夏はかなり暑く、冬の夜は非常に寒くなり、春と秋は過ごしやすい季節になります。

◆周辺情報
自分での運転をすることが最適ですが、地域内には様々なツアー会社もあります。通常のセダン車で対応できます。4x4車は公園内の4x4ルートをご利用される方のみに必要となります。

◆地域周辺
ここから車で約一時間の距離にあるポートエリザベスは、素敵な沿岸都市で、素晴らしいビーチ、レストラン、ショッピングセンターがあります。

◆滞在期間
アドゥー・エレファント国立公園は日帰りでもお楽しみいただけます。

◆宿泊施設
公園では、キャンプや自炊式のシャレーから豪華なロッジまで、様々な宿泊施設が提供されています。アドゥー地域全体の中には、数多くのプライベート・ロッジもあります。

◆おすすめツアー

ジールバーグ山脈を越える4x4エコトレイルもあります。公園内を行く、様々なガイド付きの乗馬コースを楽しむこともできます。

南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・南アフリカを象徴するランドマーク テーブルマウンテン ・躍動するケープタウンのロングストリート ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・海面へ恐ろしい顔を現わす!ホホジロザメの「エア・ジョーズ」
ヨハネスブルグ
・エンターテイメント&レジャーの宝庫 『ヨハネスブルグ』 ・プレトリアで楽しむグルメ体験 ・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう! ・南アフリカ最大のクラフトビール祭り『SA on Tap』
クルーガー 国立公園
・ウォーキングサファリで豊かな自然と戯れる ・サビサンド私営動物保護区 ・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ ・喧騒から遥か離れた自然を堪能 クルーガー国立公園のブッシュヴェルド・キャンプ
ムプラマンガ
・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓) ・ブライデ・リバー・キャニオン周辺のアドベンチャー体験を指南してくれるブライデ・キャニオン・アドベンチャー・センター
ダーバン
・南アフリカ最大級のコンテナ貨物港 ダーバン港へ行ってみよう ・地球上で最も壮大な海中スペクタクル!
イワシの大群「サーディンラン」
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ
南アフリカの WOW(ワォ!)
・ネルソン・マンデラ生誕100周年
7月18日はネルソン・マンデラ国際デー
・南アフリカを代表する温泉リゾート リンポポ州のベラベラ ・ソウェトが放つ躍動的なタウンシップの魅力に迫る ・南アフリカの文化・遺産
“人類発祥の地”から“世界に影響をおよぼした英雄の物語”まで
・辺り一面をピンクに染める フラミンゴの大群 in キンバリー