South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

これからがベストシーズン!南アフリカで体験する最高のトレッキング

© Image courtesy Roger Gordon

南アフリカで大人気のトレッキングコース、“オッタートレイル(Otter Trail)”は、西ケープ州のハイデルベルグから東ケープ州チチカマに至る全長約400kmのガーデンルートの東端、チチカマ国立公園の中心部にあります。チチカマの森とインド洋が交わる場所で、一生の思い出に残る感動のトレッキングを体験してみてはいかがでしょうか。

チチカマの森を縫い歩き、ガーデンルートのジグザグした海岸線に沿って行く“オッタートレイル(Otter Trail)”は、南アフリカのトレッキング・ハイキング愛好者から「ザ・ベスト」と呼ばれているコースで、海と山両方の「良いところ」が詰まっています。驚くほどたくさんの種類の動植物を見ることができるこのコースは全行程で5日間。全長42Kmのコースは主に、海抜150mの丘の上を海岸線に沿って歩いて行きます。途中、川を渡る際は海抜0mの地上まで降りるので、多少の運動能力・体力が求められます。また、満潮時には川を渡ることができないため、満潮と干潮の日時をきちんと把握しておくことが必要となります。

トレッキングのスタート地点は、ストームスリバーのキャンプ場。初日は4.8Kmと比較的楽な行程です。コース途中にある巨大な洞窟を探索したり、続いて現れる滝にも癒されます。2日目は最もバラエティーに富む7.9Km。森の中を進んで行くと、海岸にそそり立つ水晶の岩山が目の前に現れます。少し休憩タイムをとり、眼下に広がる波間にイルカやクジラを探してみてください。3日目の7.7Kmは川を渡るところから始まるので、潮汐表で干満のチェックを忘れずに。さらに海岸線に沿って灌木植生地帯を進み、エランズボス川を目指して歩きます。4日目は、全行程で一番長いコースで、前日の約2倍の距離13.8Kmを進みます。ブルークランズ川の広い河口を渡り終え、波打ち際を歩くなど、海沿いトレッキングが楽しめます。最終日は6.8Kmの半日コース。ゴール地点のネイチャーバレーに到着し、目の前に広がる砂浜を見渡すと、“オッタートレイル”制覇の達成感がこみ上げてくることでしょう。

ご存知ですか?

“オッタートレイル(Otter Trail)は大人気のため、最低でも1年前からの予約が必要。また、地域の環境を守るため一度の参加者の人数も厳密に規制されています。

南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・南アフリカを象徴するランドマーク テーブルマウンテン ・躍動するケープタウンのロングストリート ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・海面へ恐ろしい顔を現わす!ホホジロザメの「エア・ジョーズ」
ヨハネスブルグ
・エンターテイメント&レジャーの宝庫 『ヨハネスブルグ』 ・プレトリアで楽しむグルメ体験 ・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう! ・南アフリカ最大のクラフトビール祭り『SA on Tap』
クルーガー 国立公園
・ウォーキングサファリで豊かな自然と戯れる ・サビサンド私営動物保護区 ・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ ・喧騒から遥か離れた自然を堪能 クルーガー国立公園のブッシュヴェルド・キャンプ
ムプラマンガ
・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓) ・ブライデ・リバー・キャニオン周辺のアドベンチャー体験を指南してくれるブライデ・キャニオン・アドベンチャー・センター
ダーバン
・南アフリカ最大級のコンテナ貨物港 ダーバン港へ行ってみよう ・地球上で最も壮大な海中スペクタクル!
イワシの大群「サーディンラン」
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ
南アフリカの WOW(ワォ!)
・ネルソン・マンデラ生誕100周年
7月18日はネルソン・マンデラ国際デー
・南アフリカを代表する温泉リゾート リンポポ州のベラベラ ・ソウェトが放つ躍動的なタウンシップの魅力に迫る ・南アフリカの文化・遺産
“人類発祥の地”から“世界に影響をおよぼした英雄の物語”まで
・辺り一面をピンクに染める フラミンゴの大群 in キンバリー