South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

ワインランドで美食を満喫 フランシュフック・マーケット

© Franschhoek Wine Valley & Tourism Association

ケープタウンから1時間ほどの場所に位置するフランシュフックは、ワイナリーをはじめレストランやチーズ・チョコレート専門店、アートギャラリーやアンティークショップ、ブティックホテルやゲストハウスなどが揃うおしゃれな町で、世界各国からの観光客や食通を魅了して止みません。果物の名産地としても知られ、桃やりんご、梨、葡萄などが高く評価されています。

町の中心部で歴史を感じさせるオランダ改革派教会の脇から延びる樫の並木道では、毎週土曜日にフランシュフック・マーケットが催されています。このマーケットは新鮮な農産物の市場として始まりましたが、今日では有機栽培による新鮮な野菜をはじめデリカテッセン、オイルやソース、ピクルス、ペストリー、パンやジャムといった作りたての自家製の食料品や地元アーチストによる芸術作品や工芸品なども店先に並ぶようになりました。

とりわけ人気が高いのはクロワッサンをはじめとした手作りのパン、ケーキ、タルト、淹れたてのコーヒーにジンジャービール、スモークチーズ、受賞歴のある地元で作られたオリーブオイル、オリーブのマリネ、地元産ワインなどで、フランシュフック自慢の食材や商品のほとんどはここで入手できると言っても過言ではありません。食を通じて南アフリカの優雅でのんびりした田舎暮らしに触れることができるため、子供連れでも楽しめる場所として国内外からの訪問客を魅了し続けています。

南アフリカの食料品マーケットの特徴は、その土地ならではの食材や料理の味を大切にするとともに試食品を提供していること。フランシュフック・マーケットを訪れた際にはシナモンシュガーのパンケーキ、野菜のラップサンド、葡萄ジャム、パン、そしてミルクタルトなどの焼き菓子をぜひお試しください。食料品以外にもプロテアやウチワサボテン、野生のハーブといった南アフリカ原産のお花や植物を販売する店も並んでいるので見ているだけでも楽しめます。

もちろん忘れてはならないのは、フランシュフックが南アフリカで最も優れたワイン生産地であるワインランドを構成する主要な町のひとつであるということ。言うまでもありませんがワイナリーの見学や試飲はこの町で欠かすことのできない最大の楽しみのひとつです。

ご存知でしたか?

フランシュフックでは、1700年代に宗教的迫害によりフランスを逃れてきたユグノー派の人々によってワイン生産が始まりました。

南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・躍動するケープタウンのロングストリート ・海面へ恐ろしい顔を現わす!ホホジロザメの「エア・ジョーズ」 ・日本からのツアー催行! ケープタウンサイクルツアー2017
ヨハネスブルグ
・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう! ・南アフリカ最大のクラフトビール祭り『SA on Tap』 ・ヨハネスブルグで大人気! カントリー・ショッピングが満喫できるオーガニック・マーケット ・四輪駆動車をレンタルして冒険旅行を楽しもう!
クルーガー 国立公園
・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ ・喧騒から遥か離れた自然を堪能 クルーガー国立公園のブッシュヴェルド・キャンプ ・ブッシュスパ ・双眼鏡なしで楽しめる リトルファイブ・サファリ
ムプラマンガ
・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓) ・ブライデ・リバー・キャニオン周辺のアドベンチャー体験を指南してくれるブライデ・キャニオン・アドベンチャー・センター
ダーバン
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ ・ラグビーと南アフリカ ・出発進行!南アフリカで体験できる蒸気機関車の旅
南アフリカの WOW(ワォ!)
・世界最高峰のサーフィンスポット ジェフリーズベイ ・息をのむ絶景・デイシーの花畑が圧巻「ナマクワ国立公園」 ・二つの国にまたがる唯一の砂漠のサファリ『ハラハーディ・トランスフロンティア・パーク』 ・古代史の中をハイキング、マハリスバーグ山脈 ・百聞は一見にしかずパノラマルート