South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

南アフリカの文化が息づく「ビーズ・アート」

© Monkeybiz

南アフリカ旅行ではお土産としてビーズで作られた可愛らしいアクセサリーなどを購入する機会を幾度となく楽しめます。「レインボーネーション」とも称される南アフリカの色彩豊かな文化の一面を映し出すビーズ・アートは、地元はもちろん海外からの旅行者の間でも高い人気を誇っています。

ビーズを用いた南アフリカのアートはズールー族、コサ族、ソト族、ヴェンダ族、ンデベレ族といった多様な民族の伝統的社会において重要な役割を果たしており、鮮やかな色合いと洗練されたデザインで仕上げられた手工芸品は、路上の売店やマーケットをはじめ豊かな才能を備えたアーチストらの作品を販売する伝統手工芸品店や宝飾品店でお買い求めいただけます。

長い年月に渡って育まれてきた南アフリカならではの多様な伝統文化にしっかりと根付いてきたビーズ・アート。今日では「匠の技」を習得した職人たちが伝統的技術とデザインに則った創作活動に取り組みながら、環境保護や観光資源でもある文化・歴史の持続可能性を保つためのエコツーリズムの促進にも寄与しています。

ビーズの装飾品に込められたメッセージや象徴するもの、一つひとつの色や柄に備わる意味合いなどの文化的背景を少し学ぶと、店頭にずらりと陳列された目移りしてしまうほどのビーズ・アートの中から、ご自分にぴったりのお気に入りのアイテムを選べるようになります。

その昔、ビーズ飾りは部族の君主を記すものでしたが、時代の移り変わりとともに徐々に広範な意味を持つようになりました。数世紀前から伝わる歴史的なビーズ装飾品などは貴重なコレクションとして美術館に収蔵されるほど評価が高まっており、今やファインアート作品としても広く認識されるようになってきました。コレクターアイテムの中にはギャラリーや専門家を通じて購入できるものもあるようです。

一方、ズールー族はメッセージを伝達する手段のひとつとしてビーズを活用。「ラブレター」などに感情や情熱を込めるに際して特定の色を用いて表現していたと言われています。

生き生きとしたアートとして受け継がれるビーズ飾りの伝統。美しく精巧なビーズで飾られた民族衣装やアクセサリーは、結婚式や幼年期から成年期へと成長する際の伝統儀式などで使用するために今なお制作され続けています。

南アフリカにはビーズ・アートに対して興味のある旅行者向けに、ビーズの装飾品作りを実際に体験できるビーズ&クラフトツアーが数多く提供されています。また言うまでもなく路上の売店やショッピングセンターの手工芸品店などでは、ビーズで作られた人形やネックレス、ブレスレット、アンクレット、ベルトなど、まばゆいほどに色鮮やかなビーズ・アートと気軽に触れ合えます。

ご存知でしたか?

ビーズ飾りはズールー族の婚約や結婚の儀式に加えて、裁判での証拠としても採用されることがあります。

南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・躍動するケープタウンのロングストリート ・海面へ恐ろしい顔を現わす!ホホジロザメの「エア・ジョーズ」 ・日本からのツアー催行! ケープタウンサイクルツアー2017
ヨハネスブルグ
・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう! ・南アフリカ最大のクラフトビール祭り『SA on Tap』 ・ヨハネスブルグで大人気! カントリー・ショッピングが満喫できるオーガニック・マーケット ・四輪駆動車をレンタルして冒険旅行を楽しもう!
クルーガー 国立公園
・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ ・喧騒から遥か離れた自然を堪能 クルーガー国立公園のブッシュヴェルド・キャンプ ・ブッシュスパ ・双眼鏡なしで楽しめる リトルファイブ・サファリ
ムプラマンガ
・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓) ・ブライデ・リバー・キャニオン周辺のアドベンチャー体験を指南してくれるブライデ・キャニオン・アドベンチャー・センター
ダーバン
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ ・ラグビーと南アフリカ ・出発進行!南アフリカで体験できる蒸気機関車の旅
南アフリカの WOW(ワォ!)
・世界最高峰のサーフィンスポット ジェフリーズベイ ・息をのむ絶景・デイシーの花畑が圧巻「ナマクワ国立公園」 ・二つの国にまたがる唯一の砂漠のサファリ『ハラハーディ・トランスフロンティア・パーク』 ・古代史の中をハイキング、マハリスバーグ山脈 ・百聞は一見にしかずパノラマルート