South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

ハーマナスのホエール・フェスティバル

南アフリカ・ケープ地方南部の太陽がいっぱいの海岸沿いには、毎年6月から11月にかけて南極から大勢のミナミセミクジラが遊びにやってきます。ホエールウォッチングのメッカとして知られるハーマナスで、最も頻繁にミナミセミクジラを観察できるシーズンは9〜10月。これに併せて、毎年ハーマナスではホエール・フェスティバルが開催されます。

この時期、氷に覆われた冷たい南極の海からはるばるやってくるクジラは、ここで出産を迎えることから、生まれたばかりの幼いクジラ達が陽気にはしゃぐ様子などを目にすることができます。ケープ地方南部の海岸沿いでは、早ければ5月からミナミセミクジラの姿を見ることができますが、ピークシーズンは9〜10月。陸地から海を眺めていると、多い時で10分間に6頭ものクジラの姿を観察できます。

ハーマナスのクジラ保護区域であるウォーカーベイでは、数多くのクジラが押し寄せてくるピークシーズン中、水面から飛び跳ねたり、尾びれを覗かせたり、ペアで互いにじゃれあったり、生まれたばかりの子供を世話したり、水面から頭部を覗かせて人間観察したりするクジラの様子を楽しむことができます。

そしてホエールウォッチングのベストシーズンはハーマナス・ホエール・フェスティバルとともに最高潮を迎えます。イベントはライブミュージックの演奏など数多くのエンターテイメントで盛り上がりますが、本来のテーマは環境保護に対する意識を高めることにあります。環境とアートの融合により、気候変動や環境にやさしい生活を推奨する南アフリカ唯一のイベントとして毎年多くの人々が集まります。

イベント期間中にはストリートシアターでのライブ演奏やダンス、コメディアンショーが楽しめる他、冒険好きな旅人の間で大人気のシャークケージ・ダイビングやサーフィン、ハイキング、カヤックといった各種アクティビティにも挑戦できます。

ハーマナス・ホエール・フェスティバルは、地元ならではの文化を訪問客に紹介するイベントとして1992年より毎年開催されており、音楽やキャバレースタイルのショー、スタンドアップ・コメディなどのパフォーマンスなどで観客を魅了する傍ら、クジラをはじめとした海洋動物や海の環境保護に関する意識を高めてもらうための取り組みを続けています。

ご存知でしたか?

ミナミセミクジラの英語名はサザンライトホエール(Southern Right Whale)。大きく肥えた体型のこのクジラは動きが遅く、脂肪分が多く死んでも海に沈まないことから、捕獲が容易で「漁に向いた(right)」クジラとされていたことに由来します。

南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・躍動するケープタウンのロングストリート ・海面へ恐ろしい顔を現わす!ホホジロザメの「エア・ジョーズ」 ・日本からのツアー催行! ケープタウンサイクルツアー2017
ヨハネスブルグ
・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう! ・南アフリカ最大のクラフトビール祭り『SA on Tap』 ・ヨハネスブルグで大人気! カントリー・ショッピングが満喫できるオーガニック・マーケット ・四輪駆動車をレンタルして冒険旅行を楽しもう!
クルーガー 国立公園
・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ ・喧騒から遥か離れた自然を堪能 クルーガー国立公園のブッシュヴェルド・キャンプ ・ブッシュスパ ・双眼鏡なしで楽しめる リトルファイブ・サファリ
ムプラマンガ
・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓) ・ブライデ・リバー・キャニオン周辺のアドベンチャー体験を指南してくれるブライデ・キャニオン・アドベンチャー・センター
ダーバン
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ ・ラグビーと南アフリカ ・出発進行!南アフリカで体験できる蒸気機関車の旅
南アフリカの WOW(ワォ!)
・世界最高峰のサーフィンスポット ジェフリーズベイ ・息をのむ絶景・デイシーの花畑が圧巻「ナマクワ国立公園」 ・二つの国にまたがる唯一の砂漠のサファリ『ハラハーディ・トランスフロンティア・パーク』 ・古代史の中をハイキング、マハリスバーグ山脈 ・百聞は一見にしかずパノラマルート