South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウンのレストラン

©South African Tourism

ケープタウンでの食事は喜びです。やはりこの町は、世界で最も食事が素晴らしい都市として有名なのです。大海を眺めながら獲りたてのシーフードを味見し、タウンシップ(黒人居住区)名物とグルーブ感を楽しみ、ケープ・マレー料理に挑戦してください。帰る頃にはもうこれらの味が忘れられなくなっていることでしょう。

ケープタウンでの食事は簡単です。この町には大地と海の恵みが溢れ、文化的多様性と相まって、あらゆる嗜好、価格帯にぴったり合うメニューを提供できます。

ケープタウンのレストランや食堂は、ほかの土地では決して食べられない料理も含め、非常に様々な料理を提供しています。タウンシップの本家本元のチサ・ニャーマ(バーベキュー)を味わいたいなら、ググレスの「ムツォリズ・プレイス(Mzoli’s Place)」に行きましょう。昼も夜も常にここは大騒ぎです。食堂の肉屋エリアで肉を選び、屋外に設けられた直火コンロで焼きます。近くにあるシェべーン(地元の居酒屋)でビールも手に入れられます。そこには間違いなくサッカーファンがいて、サッカーの試合の一喜一憂に付き合わされるでしょう。

タウンシップの熱気が性に合わない場合には、最高のフュージョン料理はいかがでしょう? ケープ・マレー料理は、17世紀半ばに南アフリカに奴隷として連れてこられたマレー人やジャワ人、インドネシア人の子孫に代々受け継がれてきた料理です。現在に至るまでの間に、不思議な甘さと良い香りの、完全な南アフリカ料理のジャンルが誕生したのです。ケープ・マレー人は昔からボ・カープ地区に住んでおり、この地区には今も昔ながらの味を守るレストランが多く存在しています。ぜひ「ヌーン・ガン(Noon Gun)」に行ってみてください。この店で出される料理人のザイニエ・ミスバックの手による、クローブと柑橘類の皮が入ったラムカレーは絶品です。

ケープタウンは高級レストランでも有名です。豪華な料理を食べたい場合には、どこを選ぶか迷うという贅沢な思いができるでしょう。「ノヴァ」の分子料理法か、「ボナペティ」の伝統的フレンチ、どちらを選んでも間違いはありません。どこで食事をするかに迷ったら、ロング・ストリートかCBD、クルーフ・ストリート、ガーデンズ、キャンプス・ベイの海辺などをただ歩き回るだけでいいのです。

ご存知でしたか?

ほぼすべてのケープ・マレー料理店は、イスラム教の戒律を厳格に守っていますので、アルコール類を置いていないことが前提であることに気を付けなくてはなりません。

南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・テーブルマウンテンを眺めながらショッピングを満喫 V&Aウォーターフロント ・世界で最も美しい景観を走る! ツーオーシャンズ・マラソン ・色鮮やかなボカープ地区の歴史を学ぶ ボカープ博物館 ・お洒落な人気スポット オールド・ビスケット・ミル ・南アフリカを象徴するランドマーク テーブルマウンテン
ヨハネスブルグ
・ジャカランダが有名な美しい街“プレトリア”の魅力 ・エンターテイメント&レジャーの宝庫 『ヨハネスブルグ』 ・プレトリアで楽しむグルメ体験 ・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう!
クルーガー 国立公園
・世界一の動物保護区 『クルーガー国立公園』 ・ウォーキングサファリで豊かな自然と戯れる ・サビサンド私営動物保護区 ・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ
ムプラマンガ
・ムプマランガ州最大!何でも揃う リバーサイドモール ・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓)
ダーバン
・南アフリカ最大級のコンテナ貨物港 ダーバン港へ行ってみよう ・地球上で最も壮大な海中スペクタクル!
イワシの大群「サーディンラン」
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ
南アフリカの WOW(ワォ!)
・静寂に包まれた大自然の中で野生動物と出会う ・南アフリカが世界に誇る豪華列車の旅 ・世界的に有名なホエールウォッチングのメッカ 西ケープ州のケープ・ホエールルート ・壮大で最も美しい星空 北ケープ州サザーランド ・大自然の声に耳を澄ませば〜 リットフレイ自然保護区