South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウンのレストラン

©South African Tourism

ケープタウンでの食事は喜びです。やはりこの町は、世界で最も食事が素晴らしい都市として有名なのです。大海を眺めながら獲りたてのシーフードを味見し、タウンシップ(黒人居住区)名物とグルーブ感を楽しみ、ケープ・マレー料理に挑戦してください。帰る頃にはもうこれらの味が忘れられなくなっていることでしょう。

ケープタウンでの食事は簡単です。この町には大地と海の恵みが溢れ、文化的多様性と相まって、あらゆる嗜好、価格帯にぴったり合うメニューを提供できます。

ケープタウンのレストランや食堂は、ほかの土地では決して食べられない料理も含め、非常に様々な料理を提供しています。タウンシップの本家本元のチサ・ニャーマ(バーベキュー)を味わいたいなら、ググレスの「ムツォリズ・プレイス(Mzoli’s Place)」に行きましょう。昼も夜も常にここは大騒ぎです。食堂の肉屋エリアで肉を選び、屋外に設けられた直火コンロで焼きます。近くにあるシェべーン(地元の居酒屋)でビールも手に入れられます。そこには間違いなくサッカーファンがいて、サッカーの試合の一喜一憂に付き合わされるでしょう。

タウンシップの熱気が性に合わない場合には、最高のフュージョン料理はいかがでしょう? ケープ・マレー料理は、17世紀半ばに南アフリカに奴隷として連れてこられたマレー人やジャワ人、インドネシア人の子孫に代々受け継がれてきた料理です。現在に至るまでの間に、不思議な甘さと良い香りの、完全な南アフリカ料理のジャンルが誕生したのです。ケープ・マレー人は昔からボ・カープ地区に住んでおり、この地区には今も昔ながらの味を守るレストランが多く存在しています。ぜひ「ヌーン・ガン(Noon Gun)」に行ってみてください。この店で出される料理人のザイニエ・ミスバックの手による、クローブと柑橘類の皮が入ったラムカレーは絶品です。

ケープタウンは高級レストランでも有名です。豪華な料理を食べたい場合には、どこを選ぶか迷うという贅沢な思いができるでしょう。「ノヴァ」の分子料理法か、「ボナペティ」の伝統的フレンチ、どちらを選んでも間違いはありません。どこで食事をするかに迷ったら、ロング・ストリートかCBD、クルーフ・ストリート、ガーデンズ、キャンプス・ベイの海辺などをただ歩き回るだけでいいのです。

ご存知でしたか?

ほぼすべてのケープ・マレー料理店は、イスラム教の戒律を厳格に守っていますので、アルコール類を置いていないことが前提であることに気を付けなくてはなりません。

南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・躍動するケープタウンのロングストリート ・海面へ恐ろしい顔を現わす!ホホジロザメの「エア・ジョーズ」 ・日本からのツアー催行! ケープタウンサイクルツアー2017
ヨハネスブルグ
・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう! ・南アフリカ最大のクラフトビール祭り『SA on Tap』 ・ヨハネスブルグで大人気! カントリー・ショッピングが満喫できるオーガニック・マーケット ・四輪駆動車をレンタルして冒険旅行を楽しもう!
クルーガー 国立公園
・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ ・喧騒から遥か離れた自然を堪能 クルーガー国立公園のブッシュヴェルド・キャンプ ・ブッシュスパ ・双眼鏡なしで楽しめる リトルファイブ・サファリ
ムプラマンガ
・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓) ・ブライデ・リバー・キャニオン周辺のアドベンチャー体験を指南してくれるブライデ・キャニオン・アドベンチャー・センター
ダーバン
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ ・ラグビーと南アフリカ ・出発進行!南アフリカで体験できる蒸気機関車の旅
南アフリカの WOW(ワォ!)
・ワインの街、ステレンボッシュとフランシュフック ・ペンギンに出会えるボルダーズビーチ ・世界最高峰のサーフィンスポット ジェフリーズベイ ・息をのむ絶景・デイシーの花畑が圧巻「ナマクワ国立公園」 ・二つの国にまたがる唯一の砂漠のサファリ『ハラハーディ・トランスフロンティア・パーク』