South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

シャーク・ケージ・ダイビング

© Downhill Adventure

安全なシャーク・ケージでグレートホワイトシャーク(ホホジロザメ)の領土に侵入しましょう。自然環境の中で、この究極の捕食動物があなたを調べに近づいて来る様子が観察できます。シャーク・ケージ・ダイビングは全く安全なアクティビティーですが、臆病な方にはお勧めできません!

シャーク・ケージ・ダイビングはかなり前から人気のマリン・アクティビティーで、南アフリカでは、多くの自然生息地で多くのサメを観察できます。

南アフリカには、アザラシや鳥がコロニーを育む湾や小さな島々がたくさんあります。同様に、この最上位捕食者を多く引き寄せる魚も豊富にいます。サメ観察は人気が上昇しているため、これを催すツアー会社が増えており、お好みのツアーを見つけるのは難しくはないでしょう。

南アフリカの海では、非常に多くの生き物を見ることができますが、最大の魅力と言えるのは、間違いなくホホジロザメです。シャーク・ケージ・ダイビングのベストシーズンは4~10月です。11~3月は繁殖期です。とはいえ、南アフリカの海では、1年を通してホホジロザメに会うことができます。

南アフリカ沿岸部には、最高のケージダイビング・スポットが幾つかあります。中でも、ケープタウンには大変多くのツアー業者があり、ハウト湾やガンスバーイ、ダイアー島、クレインバーイ、シール島、モッセルベイ、サイモンズタウンなど、お好みの目的地でのケージ・ダイビングをコーディネートしてくれます。クワズール・ナタール州では、シャーク・ケージ・ダイビングを扱う会社はダーバン郊外のロッキー湾にあります。

ケージ・ダイビングでは、海に直接潜るわけではないので、ダイビングの資格は必要ありません。南アフリカのシャーク・ケージ・ダイビングには厳しい規則が定められており、ケージは安全性や耐久性が確保されている特注品です。

水中に入ることにあまり乗り気でない方も、ボートからケージの周りを回る姿や、有名な水面に頭を出した姿、あるいは餌を追って水面から飛び出すサメの姿を見ることができます。

ご存知でしたか?

ホホジロザメの大きさは最大で体長6m、体重は何と2,260kgという記録があります。

南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・南アフリカを象徴するランドマーク テーブルマウンテン ・躍動するケープタウンのロングストリート ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・海面へ恐ろしい顔を現わす!ホホジロザメの「エア・ジョーズ」
ヨハネスブルグ
・エンターテイメント&レジャーの宝庫 『ヨハネスブルグ』 ・プレトリアで楽しむグルメ体験 ・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう! ・南アフリカ最大のクラフトビール祭り『SA on Tap』
クルーガー 国立公園
・ウォーキングサファリで豊かな自然と戯れる ・サビサンド私営動物保護区 ・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ ・喧騒から遥か離れた自然を堪能 クルーガー国立公園のブッシュヴェルド・キャンプ
ムプラマンガ
・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓) ・ブライデ・リバー・キャニオン周辺のアドベンチャー体験を指南してくれるブライデ・キャニオン・アドベンチャー・センター
ダーバン
・南アフリカ最大級のコンテナ貨物港 ダーバン港へ行ってみよう ・地球上で最も壮大な海中スペクタクル!
イワシの大群「サーディンラン」
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ
南アフリカの WOW(ワォ!)
・東ケープ州 ホッグスバック 神聖な山脈の麓にある小さなおとぎの街 ・南アフリカのジャズ音楽 ・クワズールー・ナタール州 ネルソン・マンデラ・キャプチャーサイト ・南アフリカ風インド料理 ・ネルソン・マンデラ生誕100周年
7月18日はネルソン・マンデラ国際デー