South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

南アフリカのワインルート

南アフリカには、18の公式ワインルートと2つのブランデールートがあります。その99%が、ワインの首都である西ケープ州にあります。南アフリカのワイン業界の血統を示すワインルートは、ワイン造りの歴史だけでなく、まるで熟成が進む味の良いワインのように、濃厚で風味豊かな民主主義に向かって成熟する南アフリカの歴史も反映したものとなっています。

南アフリカのワインルートを体験する前に、いくつかの背景情報をお教えします。どんな旅にも始まりがあります。ケープの初代総督ヤン・ファン・リーベックは1655年、ブドウの木を植えるアイデアを思いつきました。1659年2月2日、ヤンは日記にこう記します。「神よ称え給え、今日、ケープのブドウから初めてのワインが作られた」。これが始まりでした。

南アフリカのワインルートはすべて、ワイン・オブ・オリジンスキームの後援を受けています。ワインの生産地は、公式に地域、区域、地区に分けられています。主な地域にはコースタル、ブリーデリバーバレー、リトルカルー、オリファンリバー、ボバーグの5つがあり、その中に21の区域と61の地区があります。スタイルとしては、南アフリカのワインはオールドワールドとニューワールドの間にあります。

ブドウの木は、南ケープのヘメル・エン・アーデバレー、西ケープ海岸のバンボエスベイ、北ケープのハーツウォーター、南西のフリーステート州のリートリビエにまたがる地域で栽培されています。正式な記録ではありませんが、南アフリカで最も北にあるブドウ園は、なんとハウテン州プレトリアの東にあるブロンクホーストプロイトにあります。

南アフリカのワインルートは、それぞれに個性があります。あなたが筋金入りのワインファンなら、複雑に入り組んだ土壌や原産地、ラベルについて深く知りたくなることでしょう。多くの人は、ワイン農家を2、3ヶ所訪ねて、賞に輝くゴージャスなワインを味わい、予定よりもたくさんワインを買い込み、暖かいケープ地方の日差しの中で、のんびりとランチを楽しんでさらに贅沢を尽くします。

最も人気のあるワインルートは、ステレンボッシュ、フランシュフック、パールにあるワインルートで、ロバートソンやダーバンビル地域も、新たな人気スポットとして注目を集めています。

あなたが「美味しいから飲む」シンプルなワイン愛好家であっても、オーク材の樽で熟成されるシャルドネの最初の一滴を口に含むだけでどこのブドウか言い当てられるほどの利き酒の天才であっても、南アフリカのワインルートなら必ず楽しめます。

ご存知でしたか?

南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・南アフリカを象徴するランドマーク テーブルマウンテン ・躍動するケープタウンのロングストリート ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・海面へ恐ろしい顔を現わす!ホホジロザメの「エア・ジョーズ」
ヨハネスブルグ
・エンターテイメント&レジャーの宝庫 『ヨハネスブルグ』 ・プレトリアで楽しむグルメ体験 ・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう! ・南アフリカ最大のクラフトビール祭り『SA on Tap』
クルーガー 国立公園
・ウォーキングサファリで豊かな自然と戯れる ・サビサンド私営動物保護区 ・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ ・喧騒から遥か離れた自然を堪能 クルーガー国立公園のブッシュヴェルド・キャンプ
ムプラマンガ
・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓) ・ブライデ・リバー・キャニオン周辺のアドベンチャー体験を指南してくれるブライデ・キャニオン・アドベンチャー・センター
ダーバン
・南アフリカ最大級のコンテナ貨物港 ダーバン港へ行ってみよう ・地球上で最も壮大な海中スペクタクル!
イワシの大群「サーディンラン」
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ
南アフリカの WOW(ワォ!)
・東ケープ州 ホッグスバック 神聖な山脈の麓にある小さなおとぎの街 ・南アフリカのジャズ音楽 ・クワズールー・ナタール州 ネルソン・マンデラ・キャプチャーサイト ・南アフリカ風インド料理 ・ネルソン・マンデラ生誕100周年
7月18日はネルソン・マンデラ国際デー