South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

南アフリカ国立美術館

© Iziko Museums of Cape Town

南アフリカ国立美術館には、南アフリカだけでなくアフリカ全体、イギリス、フランス、オランダ、フランダースの美術品が所蔵されています。ビーズ細工とアパルトヘイト芸術の素晴らしいコレクションもあります。

ケープタウンのイジコ博物館機構の一部である南アフリカ国立美術館は、植民地時代から現代に渡る印象的なコレクションを所蔵しています。

定期的に内容を変えて展示される常設コレクションは、絵画、写真、彫刻、ビーズ細工、織物、紙細工など多岐に渡っており、この美術館の最も目覚ましい特色となっています。

植民地時代のコレクションには、17世紀から19世紀までのオランダ、フランス、イギリスの作品があり、リトグラフ、エッチング、絵画作品などがあります。常設コレクションは、しばしば国外からの招へい作品とともに展示されています。

現代作品のコレクションには、1980年代のアパルトヘイト芸術の広範なコレクションがあり、過去200年間に渡って南アフリカから持ち出され、その後返還された芸術作品も含まれています。1990年以降は、アフリカ大陸の様々な文化にスポットを当てて作品を購入しており、ビーズ細工と土着の彫刻作品の素晴らしいコレクションを所有しています。1999年には、国立美術館で南アフリカ・ビーズ協会が発足しました。

南アフリカ国立美術館の歴史は、1871年にイギリスの海洋芸術家トーマス・バターワース卿が個人コレクションの絵画45点を寄贈したことに始まります。現在、国立美術館はあらゆるジャンルの南アフリカ芸術の歴史的概観、そして現在の展望を知ることができる素晴らしい場所となっています。アクセスも良く、南アフリカ国立美術館は芸術愛好家に必見の見どころとなっています。

ご存知でしたか?

エイブ・ベイリー卿が遺産贈与した400点以上の絵画、印刷物、素描は、公立美術館によるイギリスのスポーツ芸術のコレクションとして世界最大のものです。

南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・南アフリカを象徴するランドマーク テーブルマウンテン ・躍動するケープタウンのロングストリート ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・海面へ恐ろしい顔を現わす!ホホジロザメの「エア・ジョーズ」
ヨハネスブルグ
・エンターテイメント&レジャーの宝庫 『ヨハネスブルグ』 ・プレトリアで楽しむグルメ体験 ・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう! ・南アフリカ最大のクラフトビール祭り『SA on Tap』
クルーガー 国立公園
・ウォーキングサファリで豊かな自然と戯れる ・サビサンド私営動物保護区 ・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ ・喧騒から遥か離れた自然を堪能 クルーガー国立公園のブッシュヴェルド・キャンプ
ムプラマンガ
・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓) ・ブライデ・リバー・キャニオン周辺のアドベンチャー体験を指南してくれるブライデ・キャニオン・アドベンチャー・センター
ダーバン
・南アフリカ最大級のコンテナ貨物港 ダーバン港へ行ってみよう ・地球上で最も壮大な海中スペクタクル!
イワシの大群「サーディンラン」
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ
南アフリカの WOW(ワォ!)
・クワズールー・ナタール州 ネルソン・マンデラ・キャプチャーサイト ・南アフリカ風インド料理 ・ネルソン・マンデラ生誕100周年
7月18日はネルソン・マンデラ国際デー
・南アフリカを代表する温泉リゾート リンポポ州のベラベラ ・ソウェトが放つ躍動的なタウンシップの魅力に迫る