South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープポイント自然保護区

© South African Tourism

ケープポイントは多くの人が信じているようなアフリカ最南端ではなく、最南西端ですが、アフリカ大陸で最も美しい地域の1つであることは間違いありません。ケープポイント自然保護区の探検の方法は、ハイキングコースからヘリコプターでの周遊まで幾つかあります。

ケープ半島の美しい岬、ケープポイントはそこから見える海の眺めや灯台、この地の様々な動植物で有名になりました。

ケープポイント自然保護区は、西はシュスター湾から東はスミッツウィンケル湾まで伸びた40kmの海岸線沿いに、豊かで多様な植物相が7,750ヘクタールにわたって広がっています。

ケープポイントの突端部は、喜望峰とマクリアー岬とケープポイントの3つの岬から成っています。ケープポイントの断崖は海抜200m以上あり、5月から11月の間に現れるクジラの最高の観賞ポイントとなっています。イルカは一年中見ることができます。

2004年以降、ケープポイント自然保護区は、ユネスコ世界遺産に登録されたケープ植物区系保護地域の一部となっています。またこの地はテーブルマウンテン国立公園の人気スポットでもあります。

この地域原産の植物相の多様性や密集度、固有性は世界最高水準にあると言えます。約1,100種類もの原産植物種が存在しており、その中には地球上の他地域には存在していないものも幾つかあります。

多くの人は直接灯台を目指しますが、それではあまりに多くのものを見逃すことになります。風光明媚なハイキングコースが大変多くあり、野鳥愛好家の人々はそこで約250種類の鳥を見ることができます。例えば、海鳥や鷲、ケープミツスイ、タイヨウチョウ、そして絶滅寸前のアフリカクロミヤコドリなどが見られます。

ケープポイント自然保護区で見られる哺乳類には、クリップスプリンガーやスタインボック、エランドなどのレイヨウや、ケープヤマシマウマ、ケープ半島固有のチャクマヒヒなどがいます。カラカルや細かい斑点模様のジェネットなどの臆病な肉食動物は険しい岩山をパトロールし、ツメナシカワウソは潮溜まりで泳いでいます。

爬虫類と両生類もたくさんいます。幸運なカエル専門家は、非常に珍しいテーブルマウンテンユウレイガエルまたはケープナキガエルの姿を目にできるかもしれません。

ご存知でしたか?

ケープポイント灯台は63kmの照射距離があり、3つのライトが光ります。ライト1個の光度は30秒ごとに1千万燭光です。

南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・躍動するケープタウンのロングストリート ・海面へ恐ろしい顔を現わす!ホホジロザメの「エア・ジョーズ」 ・日本からのツアー催行! ケープタウンサイクルツアー2017
ヨハネスブルグ
・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう! ・南アフリカ最大のクラフトビール祭り『SA on Tap』 ・ヨハネスブルグで大人気! カントリー・ショッピングが満喫できるオーガニック・マーケット ・四輪駆動車をレンタルして冒険旅行を楽しもう!
クルーガー 国立公園
・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ ・喧騒から遥か離れた自然を堪能 クルーガー国立公園のブッシュヴェルド・キャンプ ・ブッシュスパ ・双眼鏡なしで楽しめる リトルファイブ・サファリ
ムプラマンガ
・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓) ・ブライデ・リバー・キャニオン周辺のアドベンチャー体験を指南してくれるブライデ・キャニオン・アドベンチャー・センター
ダーバン
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ ・ラグビーと南アフリカ ・出発進行!南アフリカで体験できる蒸気機関車の旅
南アフリカの WOW(ワォ!)
・世界最高峰のサーフィンスポット ジェフリーズベイ ・息をのむ絶景・デイシーの花畑が圧巻「ナマクワ国立公園」 ・二つの国にまたがる唯一の砂漠のサファリ『ハラハーディ・トランスフロンティア・パーク』 ・古代史の中をハイキング、マハリスバーグ山脈 ・百聞は一見にしかずパノラマルート