South Africa

もっと知りたい南アフリカの魅力

ボルダーズビーチのペンギンたち

© South African Tourism

ボルダーズビーチのペンギンはこの上なく有名で、そのよちよち歩きがたまらない魅力として毎年、約6万人の観光客がサイモンズタウンを訪れボルダーズビーチのペンギンを写真に収めたり、観察したりしています。

ボルダービーチは今も世界で唯一、近くに接近してアフリカペンギンを見ることができる場所です。ケープタウンのペンギン観察は、海岸を横切って作られた遊歩道と、南アフリカ国立公園によって管理されている案内所が設置されていることで、より簡単に楽しめるようになりました。

アフリカペンギンはかつてその騒々しい鳴き声から、ジャッカス(雄ロバ)ペンギンと呼ばれていました。ナミビア南部からポートエリザベスにかけての地域にコロニーを作って繁殖します。しかし環境汚染、海鳥による卵捕食、彼らが好む繁殖地のグアノ(海鳥などの糞の堆積物)が削り取られてしまったために、アフリカペンギンは危機に陥っています。種全体としては多くの脅威に晒されており、この水辺に暮らす飛べない鳥は絶滅危惧種に指定されています。

ボルダーズビーチのアフリカペンギンは、都会近くにコロニーを形成する珍しい例の1つです。ケープタウンのペンギンコロニーが初めて知られたのは1983年、1組のつがいがボルダーズのフォクシービーチで発見された時のことです。ペンギンたちはダイアー島からフォルス湾にやって来たのです。当時のフォルス湾は商業的漁業が禁止されていました。そのため、餌が豊富で繁殖にも適した場所を見つけたペンギンたちは、ボルダーズビーチに定着し、その数を増やしていきました。

しかし約30年後、ボルダー海岸のペンギンたちは困難な状況に陥ります。車や人間の存在、繁殖地争いのために、ペンギンたちは危険な環境に巣を作ることになり、その巣は捕食生物や自然の脅威に晒されやすくなってしまいました。気候変動の影響で餌となる魚が減り、悪天候の頻度が増えたことも影響して、ペンギンの雛の数が激減しています。

そこで雛鳥の減少に歯止めをかけ、安全な繁殖環境を作り出そうと、ボルダーズビーチ公園の管理事務所は人口巣箱を設置しています。また、南アフリカ沿岸鳥保護財団(SANCCOB)とダイアー島保全トラスト、南アフリカ国立公園も貴重なサイモンズタウンのペンギンの保護活動に取り組んでいます。

ご存知でしたか?

世界に存在する17種のペンギンの中で、アフリカペンギンだけがアフリカで繁殖します。アフリカペンギンは2010年5月に絶滅危惧種に指定されました。

南アフリカの魅力 の一覧リストへ戻る

もっと知りたい南アフリカの魅力

ケープタウン
・躍動するケープタウンのロングストリート ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・英雄たちが過ごした歴史的遺産 ロベン島 ・海面へ恐ろしい顔を現わす!ホホジロザメの「エア・ジョーズ」 ・日本からのツアー催行! ケープタウンサイクルツアー2017
ヨハネスブルグ
・独自のライフスタイルが融合した新スポット、ヨハネスブルグのマボネン地区 ・活気溢れる南アフリカ最大のタウンシップ「ソウェト」に行ってみよう! ・南アフリカ最大のクラフトビール祭り『SA on Tap』 ・ヨハネスブルグで大人気! カントリー・ショッピングが満喫できるオーガニック・マーケット ・四輪駆動車をレンタルして冒険旅行を楽しもう!
クルーガー 国立公園
・世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 ・なかなか会えないからこそ会ってみたい! シャイファイブ ・喧騒から遥か離れた自然を堪能 クルーガー国立公園のブッシュヴェルド・キャンプ ・ブッシュスパ ・双眼鏡なしで楽しめる リトルファイブ・サファリ
ムプラマンガ
・南アフリカの空中飛行アドベンチャー ・アングロ・ボーア戦争の置きみやげ コスモスルート ・パノラマルート観光の拠点 グラスコップ ・パノラマルート観光のハイライト ゴッズ・ウィンドウ(神の窓) ・ブライデ・リバー・キャニオン周辺のアドベンチャー体験を指南してくれるブライデ・キャニオン・アドベンチャー・センター
ダーバン
・ダーバンの美しいビーチライン「ゴールデンマイル」に行ってみよう! ・ダーバンの魅力がいっぱいの通り、フロリダ・ロード ・岩壁に立つ大自然の中のラグジュアリーロッジ ・ラグビーと南アフリカ ・出発進行!南アフリカで体験できる蒸気機関車の旅
南アフリカの WOW(ワォ!)
・レセディ文化村&アフリカンロッジで 南アフリカの文化に触れてみよう ・ワインの街、ステレンボッシュとフランシュフック ・ペンギンに出会えるボルダーズビーチ ・世界最高峰のサーフィンスポット ジェフリーズベイ ・息をのむ絶景・デイシーの花畑が圧巻「ナマクワ国立公園」